Coolier - 新生・東方創想話

『魔理沙さん、ロリなEXに懐かれる』

2011/02/16 18:27:13
最終更新
サイズ
6.68KB
ページ数
1
閲覧数
1185
評価数
7/37
POINT
1120
Rate
6.03

分類タグ


注:地の分が無いのは仕様。



『魔理沙さん、ロリなEXに懐かれる』





「新婚さんごっこ?」

「うん」

「う~ん。でも流石にままごとを楽しむ歳でもないぜ?」

「まあ、そうなんだけど私、そういうのやったこと無いし、一度やってみたかったんだよね」


「……なるほど。まあ偶には童心に帰るのも悪くはないかね」


「それじゃあ、私はお嫁さん役がいいな――ふ、深い意味はないよ?」

「ふむ……フランがお嫁さん役となると……じゃあ夫の叔父さん役にするか」

「第三者来たーーーーー!?」

「どうしたんだ、フラン?いきなり叫んだりして」

「そりゃ叫ぶよ!何処の世界に御嫁さんごっこをするのに親戚の叔父さんの役を真っ先に選ぶ人がいるの!」

「フラン……ここは幻想郷。ここまで言えば――解るな?」

「何一つわからないよ!」

「それじゃあ私はその妻役で!」

「誰!?しかもなにちゃっかりと一番おいしいポジション持っていこうとしてるの!?」


「ん?なんだ、こいしじゃないか」


「あらら、どうやら無意識で目に入った魔理沙の後を付けてきちゃったみたいだね……無意識にね。他意は無いよ?訳あって目は合わせられないけど本当だよ?」

「100%狙い澄ましたよね!?明らかにストーキングだよね!?」

「無意識だよ!よしんば百歩譲ったとしても、恋敵の邪魔をする事以外は意識してないよ!」

「そこが一番重要だぁぁぁぁぁぁ!!!!」





「まあ、そんなこんなで古明地こいしだ。無意識を操る……まあ、真・明鏡○水だよな」

「私の杯に波紋は「危険なネタは止めようか」





「とにかく、魔理沙は夫役!決定!」

「流石は吸血鬼。横暴だぜ」

「魔理沙の発想が吸血鬼以上に自由過ぎるだけだよ!」

「それじゃあ「いや、こいしさんは帰ってよ」まあ、いいじゃない。私も夫の浮気相手役で演技するからさ」

「いやいやいやいやいや!!普通に却下に決まってるでしょ!!」

「因みに妻と夫の間は冷めきっていて、妻は夫の地位にしか興味が無く、夫は浮気相手の女性と徐々に心を通わせていくという設定」

「なんて非道い妻なんだ」

「何、その前代未聞なお嫁さんごっこ!?そして魔理沙はそのセリフと共に私を見ないでよ!」

「落ち着こうよ、フランダースさん。さっきからずっとセリフの後に感嘆符が着きっぱなしだよ?」

「誰のせいだぁぁぁぁぁ!!そして堂々と言い間違えるなぁぁぁぁ!!」



「フフフ……」

「「「!?」」」

「話は聞かせてもらった!」

「よし、私はもうつっこまない」

「荒ぶるケロのポーズ!」

すわっ!

「つっこまないよ!」

「光魔法かっこいいポーズ!」

ぴかっ!

「いや、こいしも対抗するなよ」

「……この屋敷の警備、どうなってるの?」

「門の所で咲夜と会ったけど、私を見たらいきなりハアハアしだして、そのまま通してくれた」

「よし!予想の斜め上!」

「もう……駄目かもしれんね、あいつ。私にハイニーソ絶対領域メイド服着せてハアハアしてたし」

「うん。後でシメる。絶対にだ」




「という訳で守矢諏訪子。神様だ」

「そうだー神様だぞーあがめよー」

「え?やだ」

「滅茶苦茶素の表情で拒否された!うわーん!魔理沙ーー!」

ぎゅむっ!

「――信仰が望みなんだよね?もう、お姉さまとか無理矢理改宗させちゃうよ?」

「フッ」

「くそっ!どや顔がムカつく!」

「ふふーん。しかも別に離れないもんねー離れるなんていってないもんねー」

「甘ーい!私も抱きつけば関係は――ごふぅ!?」

「……One's First Loveという歌が有ってだね?」

「さあ、話せばわかる」

「そうだよ!あなたはそんな事するキャラ……だった気もする!!」

「コンテニューナドサセルモノカ」

「「アッーーーーー」」




「まあ、いいや。というわけで遊びに来たよ、魔理沙」

「復活早いな」

「ちなみに、ここ私の家だからね?魔理沙主体じゃないからね?」




「兎にも角にも、そんな話ならお嫁さん役は譲れないよ!」

「と、いうか私と魔理沙でやる予定だったのに、なんで私がそこまで言われなきゃならないの?」

「うん?同じ妹ポジとしてふらんちゃんよんひゃくきゅうじゅうごさいの分際でカマトトぶったのが腹立ったから」

「ツッコミと見せかけた下心丸出しのムッツリに殺意が湧いたから」

「……キレちまったよ、久々に」

「「ごめんなさい」」

「……さっきキレたばっかりだぜ?」





「とにかく、最初に魔理沙を誘った私がお嫁さん役なの!!」




「じゃあ、私は鈴木さん役だ」

「だから誰なの、それ!?」

「知らないのか、鈴木さん。あの伝説の魔法少女伊藤さん(じゅうきゅうさい)が使役したと言われる伝説の聖獣じゃないか」

「うんうん。カンボジア出身の筈の彼女が、日本まで進出してきた時は、流石に私と加奈子も震えが止まらなかったね」

「カンボジア!?カンボジア出身なの!?」

「そうそう。一説にはアルパカともいわれてるけど」

「更に謎が深まった!」

「駄目だぜ、フラン。仮にも魔法少女を名乗るなら、絶対に知ってなけりゃいけない名前だ」

「寧ろこの情報を知らなければよかったと切に願うよ!そして頼むから普通の配役にしてよ!」

「普通とな?じゃあ、私は夫の妹役ね」

「血の繋がって無い設定で夫役に迫るのは無しね」

「なん……だと?」

(ふっ……そんな策じゃあ直ぐに読まれる。それは必定。もっと変化球で攻めなければ。よって私は――さあ、刮目せよ!そして森羅万象を司る凶ツ神の神謀を知れぇ!)

「私はペットのカエル役を所望する!」

「ちなみに擬人化ネタとか使ったら、レヴァンテインの錆にする」

「なん……だと?」

「不倫も、擬人化も、禁断の関係も、12人の妹も、空から降ってくるのも、曲がり角でぶつかるのも、ある日突然異世界の女の子に召喚されるのも、押しかけメイドも、女子高に女装して転校も、未来から来た同い年の娘も、前世からの愛も、曲がったタイを直すのも全部禁止!!」

「「ぶーぶー」」

「普通は態々釘さす事じゃない――つーかそろそろ帰れ!!!!」

「横暴だーー!!」

「寧ろ、不法侵入者に対して寛大だよ!」

「狂気って絶対嘘だー!思い切りツッコミポジでキャラ立てしてるじゃん!」

「誰のせいよ!」

「主に、この義妹ポジションの私ですが?そのおかげで貴女のキャラ付けも出来てるんじゃないかな?」

「嬉しくないわぁ!!そして誰が義妹ポジション!?」

「因みに私はお姉さんポジション!」

「ハイハイ、何ですか、お姉さん(笑)」

「おww姉wwさんwwあっちにいってましょうねww」

「さ、早苗ぇぇぇぇぇ!!」

「……まあ、あれだよな。収拾つかなくなってきたし、無理矢理話をまとめるとするが……お前ら仲良くしよう。ラブ&ピースだ」

「「「絶対無理だぁぁぁぁぁ!!!」」」









「ふう。今日は頓に騒がしい一日だったな。重畳重畳」

「今日は悪かったわね、魔理沙」

「うん?まあ、いいのさ。私も中々に楽しめたからな、こいしも珍しく私や旧地獄の面子以外と楽しそうにしてたしな」

「でも、妹様に友達を紹介してほしい、とは言ったけれどその友達が初っ端から悪友というのも如何とは思うわよ?」

「おいおい、この幻想郷でそんな純粋な友人関係の奴らが居るのか?そもそも私とお前からして、悪友を通り越した腐れ縁だろうが」

「……御尤もで」

「ま、クライアント殿がそこまで御不満と有らば、次は我が愛しき幼馴染にでも御出陣願いましょうかね」

「……幼馴、染?愛しき?霊夢の事?」

「んにゃ、実は人里に他に――HEY咲夜さん?何故にそんなに怖い顔?ああ、クッキーを食べるのにナイフなんて、ちょ、おまえヤンデレ属性は無いだろ?今更新しいキャラづくりか?つか、いつの間にフラグが――アッ――――!?」


END


「因みに諏訪子は純然たるイレギュラーだったんだ。ただのタイトル合わせなんだ」


次回「魔理沙さんと幼馴染と幼馴染(笑)と義妹(予定)」に続くかも知れんね、これは
うん。会話文オンリーの話を書いてみたかったんだ。え?作者だって途中から誰が喋ってるかなんて把握してないよ?
だいたいわからない
http://
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.830簡易評価
2.無評価名前が無い程度の能力削除
>注:地の分が無いのは仕様。

のっけから誤字だが大丈夫か?
4.50名前が無い程度の能力削除
大丈夫じゃない、問題だ。
9.無評価名前が無い程度の能力削除
なんだ作者も誰が誰だか分からないのか。
じゃあ、私が分からないのも仕方ないな笑。
で、終わる話じゃありません。
不特定多数の方が読む物ですから、最低限のルールは守るべきですよね。
会話文のみ、は試みとして許せますよ。認められるには相当の技量が必要ですけど。
しかし、誤字がいくつか見受けられました。しかも、キャラの名前です。
とりあえず、そこは直しましょう。
守矢→洩矢
加奈子→神奈子

では、作者様の今後に期待しています。
10.10名前が無い程度の能力削除
もう駄目だコレ
16.50名前が無い程度の能力削除
某東方M-1のノリで読みました。誰が喋ってるか分らなかったのであくまでノリだけでしたが。
会話だけで成立させるのってたぶん相当難しいんでしょうね~。そこにあえて挑戦したガッツはすごい。
17.50名前が無い程度の能力削除
ネタとかノリは好き
やっぱり地の文はあった方が良いな~
23.10名前が無い程度の能力削除
最近、どうもレベルの低い作品が多く投稿されている気がする…。
昔は良作、秀作が多かったのに…。
29.60名前が無い程度の能力削除
ノリは好きです、はい
3、4人もキャラがいて会話文オンリーなら最低限口調が被らないようにする必要はあるでしょうね
あと23みたいなコメントは不愉快なんでやめてほしいですね、はい
39.60古明地こじたん削除
面白いけど、誰が喋ってるか解んないです(´・ω・`)