Coolier - 新生・東方創想話

小鳥

2010/01/19 20:42:53
最終更新
サイズ
1.88KB
ページ数
1
閲覧数
223
評価数
1/16
POINT
520
Rate
6.41
美しい小鳥を見つけた

鳥籠の中を自由気ままに囀っている

飼い主候補は今のところ不特定多数

だから、私は早々に飼い主へと名乗りを上げた

そしたら皆、黙って譲ってくれた

小鳥がストレスで死んでしまわないように、まずは私になれさせる事にした

毎日鳥籠の小鳥に話しかけた

だけど小鳥は懐いてくれなかった

小鳥は我儘をよく言った

可愛いからと私も甘やかして、我儘を受け入れる

そうしたらもっと我儘を言う

それでも可愛いから躾を忘れ、甘やかしてしまう

我儘は限度を超えて、ついに禁忌へと向かった

私は後悔した

だけど後悔する私を嘲笑うかのように、皆が小鳥を取り上げた

小鳥は私の手の届かない場所へと放たれた

それから毎日私は嘆き続けた

そんな私を哀れに思ったのか、皆が小鳥をまた飼う事を許してくれた

今後は皆が用意した鳥籠に入れ、決して出さない事を条件に

それでもと構わないと、小鳥を捕まえに行った

小鳥の放たれた地で見たものは、今まで見る事の出来なかった光景

囀るだけだった小鳥が、美しく空を舞っている

生まれた時から籠の鳥

翼を広げる事も叶わない狭い籠の中では、見る事のないもの

囀るだけだった小鳥は、歌っている

楽しそうに

小鳥には新たな飼い主が居た

なのにその飼い主は、小鳥を鳥籠に入れなかった

だから小鳥はあんなにも懐くのか

小鳥の飼い主に返してもらうように話をした

飼い主は小鳥が望むならと言った

だから迎えに来たと言ったら小鳥は怯えてしまった

退屈な籠の鳥には戻りたくないと

小鳥を無理に連れ戻すのは容易かった

その代わり、小鳥は一生私に懐いてくれない

私は小鳥が欲しかった

美しい姿が欲しかったのも確かだが、その心が何より欲しかった

私の周りを自由気ままに歌い舞って欲しかった

私は小鳥の我儘を再び聞き入れた

そして私はもう一度小鳥の飼い主となった

鳥籠はもうない

閉じ込めてしまいたいけれど、美しく舞う姿が愛おしいから

それでも私の下から逃げられないようにやっぱり檻に閉じ込めた

だけど小鳥は閉じ込められた事に気付かない

鳥籠よりずっと広く、果てしない檻










檻の名は箱庭













箱庭の名は幻想郷
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.440簡易評価
13.80名前が無い程度の能力削除
師匠ののろけですね、わかります

小鳥は気付かない、とありますが今までの秘月さんの輝夜を見ていると、本当は気付いているような気もします。



久しぶりに投稿しているのを見付けて、嬉しくなって書き込んでしまいました。
氏の永琳と輝夜が好きでした!
自信家えーりんと我儘娘(でも本質は外さない)な輝夜の掛け合いがまた見たいなー
なんて嬉しいついでに書いてしまいました。