Coolier - 新生・東方創想話

天子のお礼参り

2009/12/13 18:40:24
最終更新
サイズ
5.92KB
ページ数
1
閲覧数
3222
評価数
44/174
POINT
10130
Rate
11.61

分類タグ


.


「油断したわ……」

冬も間近な幻想郷、寒空を見上げて紫はぽつりと呟いた。

「こほっこほっ」

口元を覆うのは扇子ではなくマスク、
身を包むのはあったかそうなちゃんちゃんこ、
どこからどう見ても死にかけた金髪のおばあさんである。

「外の風にあたってみたけど駄目ね、タミフルでも飲んで寝ましょう……こほっ」

インフルエンザに震える体を抱えながら、自室に戻ろうとする紫、
しかしその時、玄関からノックの音が聞こえる。

「来客なんて本当に珍しいわね、何かいいことでもあるのかしら?」

どこにあるかもわからない八雲邸に来訪者、紫はふらつく体を必死に支えながら、
ノックの音に急かされるように玄関の戸をガラリと開けた。

「八雲紫! 借りを返しに来てやったわよ!」
「(最悪だわ)」

戸の向こうでは天子がない胸を精一杯張りながら仁王立ちしていた。

「まったく、ここを見つけるのに七日七晩かかったわよ、責任取りなさいよね」
「(クリーニング代でも払えばいいのかしら?)」

天子の衣服はところどころ破け、泥にまみれている部分すらある、
本当に七日七晩かけて見つけ出したのだろうか、
しかし頭に霞がかかっている紫にそれを考える余裕はない。

「それで、何の用?」
「借りを返しに来たっていったでしょ」
「だから、何の用なの?」

紫は力を振り絞り、平静を装いながら尋ねる、
すると天子は少し顔を逸らし、懐に手を入れた。

「(スペルカード!)」

その行動を見て紫は戦闘だと判断すると、後ろ手に自らもスペルカードを発現させる。

「ほ、ほら、お詫びの品よ!」
「えっ?」

しかし天子が取り出したのはお饅頭であった、
ゆっくり堂のゆっくり饅頭である。

「って、なんかあんたの後ろに大きな隙間が……」
「隙間? 隙間饅頭? はじめて聞――」

白線の外側に出ないようご注意ください。

「な……なんで謝りに来て轢かれなきゃいけないのよ……」
「ごめんなさい、クリーニング隙間だけでいいかしら……?」
「ちょっとあんた、さっきから会話が噛み合ってないんだけど」
「あばばばばばばばば」
「なんか凄い脈打ってるーっ!!」

地面にうつ伏せになりながら高速でビタンビタンと脈打つ紫、
明らかに異常どころか、生命の危機すら感じさせる。

「大丈夫!? しっかりしなさい!」
「おぼぼぼぼ」
「わぁ、白目で泡吹いてる……」
「はっ! 駄目よ私! こんなところで倒れたら誰が幻想郷を維持するの!」
「復活した!?」
「蘇生薬! 蘇生薬!」
「それ饅頭だから! 薬じゃないから!」
「タミフルゥ!!」
「落ち着けぇ!!」

そして紫はピクリとも動かなくなった。

「えい、えい」

天子は紫の頬をつねったり、突っついたりするが反応はない。

「一体どうしたのよ」

色々と体を探ってるうちに、ふと天子の手が額に当たる。

「……凄い熱ね」

ようやく天子は紫の状態を理解する、
容態はましになったとはいえ、呼吸は荒く、顔も赤い。

「しょうがないわねー」

天子はやれやれといった表情を浮かべると、
紫を背中に背負い、八雲邸へと入っていった。


 ―――――


「どういうつもり?」
「何がよ」
「この状況のことよ」
「何かおかしいとこでもある?」

丁寧に敷かれた布団の中に、丁寧に寝かされている八雲紫、
その枕元には天子が座り、何度も何度も紫の額にのせたタオルを取り替えている。

「万年床放り出して新しい布団出してそこに寝かせてタオルのせてるだけじゃない」
「チャンスなのよ?」
「チャンス?」
「借りを返すって言ってたじゃない、今なら何でもできるわよ?」
「……そうね、じゃあ……異変起こしたり、神社弄ったりしてごめんなさい」

天子は一息整えると、丁寧に頭を下げた、
その光景を見て紫は言葉を失う。

「さっき謝りそこねたから、これでいいわね」
「…………」
「って、何惚けてるのよ」
「変なものでも食べたの?」
「食べてないわよ、悪いことをしたなら謝るのは当然でしょ」
「えぇー……?」

紫は心の中で頭を捻る、超がつくほどの我が侭娘からでた謝罪の言葉である、
これだけでインフルエンザが治ってもおかしくない。

「あ、そうだ、台所借りるわよ、お米ぐらいあるんでしょ?」
「何をする気なの?」
「そんなの決まってるじゃない、いいからゆっくり休んでなさい」

張り切って部屋を出て行く天子を見送って、紫は天井をぼんやりと見つめる、
彼女は我が侭である、やりたい事は自分も他人もかえりみずにやろうとする、
ただそのやりたい事が悪い事だけとは限らないようだ、と考えつつ。

「おかゆできたわよー」
「……ありがと」

しばらくの後、天子は満面の笑みで帰ってきた、
その手には要石から作られたであろう石鍋が素手で握られている、
彼女は紫を起こし、その横に座ると、レンゲを掴んで手渡したりはしなかった。

「はい、あーん」
「えっ?」

そして天子が取った行動があーんである、
紫は不意を突かれたのか固まって動けない。

「あっ、ごめんなさい、今冷ますわね」

さらに続けざまに取った行動がふぅふぅである、
冷めたおかゆを差し出すが、紫はさらに固まって動けない。

「どうしたの? 食べないと体が持たないわよ?」
「そうじゃなくて……」
「あっ! そういえば電車に轢かれて大丈夫なわけないわよね、任せて」
「えっ……えっ……ちょっと……」

天子は何か閃くと、すぐさまレンゲのおかゆを自らの口に放り込んだ、
途端、紫は嫌な予感がして隙間に逃げこもうとしたが、
それよりも早く天子の両の手が紫の頭をつかむ。

「んー」
「んーっ!!」

口移しである、天子の唇が離れたのは、
紫がおかゆを飲み込んだ音が聞こえてからのことであった。

「っぷは、これで食べれるでしょ」
「んう……」
「さ、まだまだおかゆはたーんとあるわよ」
「あっ! も、もうお腹いっぱいだから!」
「何言ってるのよ、天人みたいに丈夫じゃないんだから、しっかり食べないと治らないわよ」
「いや! もうやめ――んうっ」

天子は我が侭である、そんな我が侭な看病光景が終わるのには、
およそ四半刻もの時間を費やした。

「どう? 美味しかった?」
「(もうお嫁にいけない……ぐすっ)」
「良かったわ、久々に作ったからちょっと心配だったのよ」

天子は満面の笑みを浮かべながら紫の頭を撫でる、
天人特有の上から攻撃である、大妖怪であっても問題はない。

「じゃ、あとはあったかくして寝るだけね」

そして天子は上着を脱いだ。

「……なんで脱ぐの?」
「えっ」

紫の目が点になる、天子は声をあげながらもスカートを脱いで折りたたむ。

「温まるって言ったら人肌に決まってるじゃない」
「えっ」
「知り合いの天女だって皆こうするわよ?」
「知らない、私そんなの知らない……!」
「安心しなさい、しっかり温めてあげるから」
「や、やめてー!」

そして下着だけの姿になった天子は、紫の抵抗も何のそのに布団に潜り込む。

「ほらあなたも上着を脱いで、ああもう抵抗しないの! 風邪治らないわよ!」
「駄目ぇぇぇー……」



八雲紫のインフルエンザは天人の精魂込めた看病によって、
たったの一日で影も形も残さず綺麗に治ったそうな。


.
      ○、
     ノ i  ヽ、    ○、
    (ノ /  L_ヽ─、ノi__>ヽ、
     iノi、__、   ⌒   ノ ヽ
     />__、>_, _,、__,、 ヽノ .i、
     (/ゝ、ノ__,---~、ノ_、_ゝ、i
     |   i/,<_ゝi ⌒ ,、ゝ`、ゝ  眼福眼福(はぁと
     i イヽ( i.,_.ノ) iノレ_,,-iノ ノ
     ヽiヽ ,> ""   (_/)イ/i/
    __イ/ヽゝ, ┌ -,  "ノノイ    ,__,
    i、-_ `L`-.、_,,. イルノ グッ   (
   / _、ヽ、」ヽ/,_ゝレ´ , -- 、   (
  /´-_,(  ),,__i ゝ、ヽ」ゝ、 i,_(  i   (
  (( ( (  ̄ 、_ノ))  Y_・i iiゝ i(   i  ⌒
幻想と空想の混ぜ人
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.5980簡易評価
2.90名前が無い程度の能力削除
これはいい眼福
3.100名前が無い程度の能力削除
そしてインフルエンザがうつった天子を紫が看病するんですね、わかります
6.100名前が無い程度の能力削除
どんなオチが来るか恐々としていたが…
眼福
7.100名前が無い程度の能力削除
えっなにこの天子カワイイ。
8.100名前が無い程度の能力削除
藍さん…、アンタって狐(ひと)は…
9.100奇声を発する程度の能力削除
眼福眼福w
10.100名前が無い程度の能力削除
てんゆかなんて初めて見ましたよw
いやあ眼副眼副
11.100名前が無い程度の能力削除
今、はじめて天子に好感を持てた気がする
14.80名前が無い程度の能力削除
ウイルスの見せた幻覚オチへの心の準備をしていたら逆にやられた。
天子根は優しい子説に死角はなかった。
18.100名前が無い程度の能力削除
藍さまがてんこに式打ったのかと思ったw
19.80冬。削除
良いSSでした。
天子と紫、かぁ。新しい道をありがとうです。
21.80名前が無い程度の能力削除
これは素晴らしいてんゆか!
くっ、携帯だからAAが分からないぜ……!
27.90名前が無い程度の能力削除
バキューン☆
31.80名前が無い程度の能力削除
冒頭
>口元を多う→口元を覆う、かしら?
35.100名前が無い程度の能力削除
あとがきwww
38.100名前が無い程度の能力削除
眼福眼福。
天子は根は良い子です
39.100名前が無い程度の能力削除
こんな天子もいいな
44.100名前が無い程度の能力削除
てんゆかにやにやにやw
46.90名前が無い程度の能力削除
親に散々甘やかされてきた女子高生が、自分のことを本気で怒ってくれた先生に惚れるようなそんな心理なのか……?
こんな天ゆかもいいですね。
しかし、タグを見てから読み始めたのですが、藍さまが天子に化けて紫様の反応を楽しんでいるものとすっかり勘違いしながら読みましたw
52.100名前が無い程度の能力削除
ストレート天子
こらははやる
53.90名前が無い程度の能力削除
46とおんなじ考えだったから、あとがきに思わず「やられた!」と思った
55.100名前が無い程度の能力削除
ちょっとインフルエンザかかってくる
57.100名前が無い程度の能力削除
俺は天子もインフルに脳をやられてたのかと思ったwww

あと一個だけツッコミ。

>白線の内側に入らないようご注意ください。
「白線の内側にお下がりください」が適当かと。
内側に入らない様にしたら、線路側に出ちゃいますぜwww
59.100名前が無い程度の能力削除
紫さまが可愛く見えたのは初めてかもしれない
61.80名前が無い程度の能力削除
てんゆか…ありだな!
63.70名前が無い程度の能力削除
起承転だけで結の無い文章のように感じられた
しかし、今俺は言葉にし難い幸福感に包まれている。これはいったい……?
67.100名前が無い程度の能力削除
てんこあいしてる
73.100名前が無い程度の能力削除
オレの中の常識をぶっ壊しやがったwww
74.100名前が無い程度の能力削除
名前変えたのか
79.100名前が無い程度の能力削除
タグに良い意味で裏切られた。
天子を見る目が変わったかもしれない。
81.100名前が無い程度の能力削除
藍さまマジ外道w
82.80名前が無い程度の能力削除
で、藍はその姿を橙に見られてて、大暴落っと
91.80名前が無い程度の能力削除
天子が風邪かタミフルで正気を失ってるってオチかと思った(笑)
93.90名前が無い程度の能力削除
藍が紫に化けでもしてるのかなと思った。
101.100名前が無い程度の能力削除
インフルエンザが治ったあと、紫様の天子に対する態度がどう変わるか想像すると、ニヤついてしまいますw
善意に基づいた我侭…すばらしき愛の押し付けでした
102.100名前が無い程度の能力削除
ゆかてんは好きだ。てんゆかも好きになった。
眼福眼福。
112.100名前が無い程度の能力削除
てんちゃんかわいー
117.100図書屋he-suke削除
まさかのてんゆかに目覚めた
どうしてくれる
122.90名前が無い程度の能力削除
イイハナシダナー(;∀;)
天子ちゃんマジええ子や
123.100名前が無い程度の能力削除
藍www
127.100名前が無い程度の能力削除
藍さまマジ策士。
129.100名前が無い程度の能力削除
天子が可愛すぎて健康でいることが辛い
138.100名前が無い程度の能力削除
眼福眼福www
140.80名前が無い程度の能力削除
これはいいものだ。