Coolier - 新生・東方創想話

いや、私はそーいうの好きだけどね

2009/12/12 14:50:14
最終更新
サイズ
1.39KB
ページ数
1
閲覧数
1159
評価数
19/69
POINT
4020
Rate
11.56

分類タグ


「あー癒されるわー」
「交代、交代だからね!」

永遠亭の縁側にて
二匹のうさぎが毛づくろいをしている。

「でもてゐの耳はいいわねー、ふかふかで」

目の前に座る兎の耳を丁寧に手入れしているのが鈴仙・優曇華院・イナバ。

「れーせんちゃんの耳はへたれだからねえ」

足をぶらぶらさせながら快楽に浸っているのが因幡てゐ。

「う、やっぱり耳がへたれてるのって、こっちじゃ良くないの?」
「うーん、最近の流行は太くてまっすぐでもこもこ、かなあ」
「月にいたころは結構自慢の耳だったんだけどなあ」

さすさすと自分の耳をさする鈴仙。
彼女の耳は中ほどから折れたへにょり耳である。

「ちなみにどんな自慢?」
「一番良く聞こえて一番ノイズを低減できて……」
「ああ、そーいう意味ね。最近じゃあ流行んないよねえ。
 こんな平和なご時勢が続いたから、こっちじゃみんな耳は飾り物だよ」

鈴仙の手の中の耳をふるふると震わせててゐが言う。

「昔はみんな誰が一番遠くまで聞こえるか競ったものだけどね。
 いまじゃあでかい耳ぶら下げてりゃ一番えらいみたいな」

時代遅れといわれて少し沈んでしまってしまった鈴仙。
それに気づいたてゐはぐいと彼女の耳を引っ張った。

「痛っ、何するのよ!」
「交代交代。時代遅れでもいーじゃない。
 こーいう無骨でがさつで真ん中から折れてるようなへそ曲がりの耳でも」

するっと鈴仙の後ろに回って鈴仙の耳を手に取る。

「私みたいなすーぱーでびゅーちーな兎に手入れしてもらえば少しはましになるってもんでしょ」

























そういっててゐは鈴仙の耳をぱくりとくわえた。
「で、どうだった?」
「縁側で毛づくろいしてましたよ。
 うどんげがカチコチになってましたけど」
「なんでまた」
「てゐに耳ちゅっちゅされてましたから」
「ああ、古式ゆかしいことね。……ねえ、てゐってさあ、絶対イナバのこと好きだよねえ」
「さあ、どうですかねえ」

輝夜の髪を梳かしながらとぼける永琳であった。
アステルパーム
asuterusosowa@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2350簡易評価
8.70名前が無い程度の能力削除
マリアリに比べると切れ味が劣るところは否めんなぁ。
そこそこに良いというのが正直な感想です。
13.無評価名前が無い程度の能力削除
タイトルとかぶりますが、私はそーいうの好きだけどね
14.100名前が無い程度の能力削除
↑点数つけ忘れ、失礼
21.100名前が無い程度の能力削除
うん、私もそーいうの好きだけどね。
24.90名前が無い程度の能力削除
ああ、私もそーいうの好きd(ry
27.80名前が無い程度の能力削除
いいですね、これ
28.100名前が無い程度の能力削除
うんうん、私もそーいうn(ry
36.100名前が無い程度の能力削除
私もそー(ry
38.90名前が無い程度の能力削除
私(ry
41.80名前が無い程度の能力削除
わた(ry
44.70名前が無い程度の能力削除
わ(ry
46.100名前が無い程度の能力削除
(ry
47.80名前が無い程度の能力削除
ry
49.70名前が無い程度の能力削除
r
53.80玖爾削除
         
56.100名前が無い程度の能力削除
↑グゥレイトォ!!
58.100名前が無い程度の能力削除
コメ欄にワラタww

こーいうの好きですw
63.80名前が無い程度の能力削除
66.80名無し程度の能力削除
↑ww

わ(ry)だけどもっと長く読みたいな
68.100名前が無い程度の能力削除
うんうん、私もこーいうの大好きですけどね
というわけでぜひ続きを。どうか続きを。