Coolier - 新生・東方創想話

紫苑と山吹

2009/09/20 13:36:09
最終更新
サイズ
3.04KB
ページ数
1
閲覧数
393
評価数
1/17
POINT
650
Rate
7.50

分類タグ

「――拙は、誰しも救われるに価すると思うて居ります」

 白蓮の呟くような声が金堂に染み入るように響いた。
 周囲を取り巻く、人。
 一重ではない。
 僧が。
 侍が。
 百姓が。
 商人が。
 果ては非人に至るまで。
 その輪は金堂をみっしりと埋め尽くし、白蓮を取り囲んでいた。
 金堂の外には、さらに人。

 人。
 人。
 人。

 それら全てが、己の滅びを願う意志の塊であると言うことに、白蓮は深い吐息を洩らした。
 かわりにひとつ息を吸う。
 悪意と敵意で、肉体を内側から融かされて行く感触さえ覚える。

「拙は、夜をば敬もうて居ります」

 それでも、言葉を吐かぬわけにはいかない。
 ゆるく瞳を伏せ、金堂の床を凝と見詰める。
 覗けば己の面が映るほどに磨かれた、曇りの無い木目の床。
 「彼ら」は、昨日も飽くことなくこの床を清めてくれていた。

「然れば、そなたは夜の住人なるか。そなたが匿うた、化生ばらの類なるか」

 正面に立った禿頭の僧が、重々しい口ぶりで告げる。
 白蓮の声とは正反対、金堂の壁を天井を跳ね回って残響する、威に満ちた声音。
 白蓮は揺れない。
 静かな姿勢を毫も崩さず、ゆるく伏せた瞳をそのままに唇だけが動いた。

「然に非ず。拙は昼をも敬もうて居ります」

「然れば、そなたは昼の住人なるか。そなたが謀うた、我ら人道の類なるか」

「然に非ず」

 語気が強まった。
 威は無い。
 金堂に染み入るような深々とした声音は変わらない。
 ただ、周囲を取り巻く人の群れを押し下げるような、凛とした圧力が仄暗い場を制した。
 群衆のざわめきが、その声に圧されて水を打ったように静まり返る。
 声は続いた。

「夜は昼なり。昼は夜なり」

「夜に在りて昼を敬い」

「昼に在りて夜を拝する」

「これ朝夕の日に似たり」

 風が吹いた。
 金堂は閉め切られている。

 風が吹いた。
 白蓮の髪が揺れる。
 夜闇の黒でなく。
 陽光の白でなく。
 朝ぼらけの紫苑に染む、夕焼けの山吹。

 風が吹いた。
 
 茫洋とした燈火が揺れ、白蓮の影を波立たせる。
 その影を抱く、白蓮の背に毘沙門天。
 その左手に宝棒。
 その右手に宝塔。
 揺らめく明りが厳しい面を照らし、陰陽を際立たせる。
 怒っているのか。
 悲しんでいるのか。
 何も感じていないのか。

「言うたな」

 威に満ちた声。

「人に非ず、化生に非ず」

「六道輪廻の理を捨て」

「人を救い、化生を救い」

「夜と昼との狭間に住まうか」

 白蓮が、

 面を上げた。

「人にては化生を救うこと能わず」

「化生にては人を救うこと能わざれば」

 息を吸う。

 敵意と悪意に染まった大気。

 目前の僧を屹と見据え、ゆっくりと、決然と、吐く。


「南無三宝」


 しばし、沈黙が場を埋めた。


「聖白蓮」

 僧の呼ぶ声。
 返す声は無い。

「もはや問答無用」

「人妖の狭間にて戯れなば」

「その魂魄、冥府魔道の虜なるべし」

 判決の言葉。
 他意を差し挟む余地のない、厳然とした断言。
 白蓮の唇から、次ぐ言葉はなかった。

「明日」

「儀を執り行う」

「ゆめ、逃ぐることなかれ」

 僧が背を向けた。
 端然として揺らがぬ歩みに、取り巻く人の輪が静かに割れる。
 その姿が音もなく金堂を去って消え、それを追うようにして。
 開かれた扉から、人々の姿が吸い込まれて消えていった。

 外はまだ午の刻。
 明るい日差しが金堂を染めた。

 それは白蓮には届かない。
 白蓮はなお、薄暗がりに座していた。
 彼らが去ってからもなお。
 座していた。


「――南無三宝」


 風が吹いた。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.600簡易評価
12.50名前が無い程度の能力削除
うーん。コメントしづらいなぁ。
面白いとは思います。けどこれは風景として面白いのであって、物語としては断片でしか無いんですよね。
この前後もきっちり書かれてれば、もっとはっきり評価できたと思います。