Coolier - 新生・東方創想話

レミリアとフランドール

2009/09/14 18:42:28
最終更新
サイズ
12.64KB
ページ数
1
閲覧数
1513
評価数
3/57
POINT
2760
Rate
9.60

分類タグ

 私の妹は気が触れている。
 簡単に言うと、ちょっとおかしい。

 でも私は、そんな妹を愛しているのだ。

 何故かって?

 そんなことは決まっている―――。












 
 

 重たく閉ざされた地下室の扉を開ける。
 薄闇に浮かぶ、二つの眼が赤く光る。

 それは私を捉えると、たちまちに敵意を剥き出しにした。

 うむ。
 今日も元気そうで何よりだ。

「……何しに来たの」

 唸るような声がする。
 私は不敵に素敵な笑みを作って、答える。

「愛しに」
「……誰を」
「貴女を」
「……ハッ!」

 瞬間、炎が視界の右端を埋めた。

 同時に、私の右腕が灰と化す。

「――まいにち毎日ィ。よぉくそんな戯言が言えますねぇ? お姉様――?」

 ゆらりと、黒い影が歩みを踏み出す。
 だがその足取りはおぼつかない。
 まるで、行くあてを求めて彷徨うゾンビのようだ。

 私は何事も無かったかのように右腕を再生し、影に言葉を返す。

「戯言は戯れに放つ言葉。本心からの言葉は、戯言とは言わないよ」
「……ハァ――? お姉さま、あんたが何言ってンのかァー、ちーっともわかりま」

 影が消えた。

 刹那、背後に殺気。

「せん」

 左胸に鈍い痛み。
 迷わず心臓を狙ってきたか。

「……ふん」

 私は自分の胸を貫いている腕を掴んだ。
 見た目にはとても華奢で、強く握ったら折れそうな細腕。
 でもこの腕が鋼よりも頑丈なことは、他ならぬ私が一番よく知っている。

「――放せッ!」

 ズボッと音を立てて、腕が勢いよく引き抜かれた。
 私は胸に開いた風穴を一息で埋めると、背後を振り返り、影に視線を向けた。

「今日もいい感じね。フランドール」
「――あァ?」

 狂気。

 そう呼ぶに相応しい笑顔で、フランドール―――私の愛する妹は口元を歪めた。

「くくっ。そういうお姉様こそぉ―、相変わらずですねぇ?」

 ふらふらと左右に身体を揺らしながら、いつものように私を挑発してくる。
 
「――そろそろ本当のこと、イッちゃってもいいんですよぉ?」
「何のことかしら」
「――本当は、私のことぉ―、ブッ殺シたくて、仕方ナイ、って――」

 言いながら、フランドールは再び私に炎を投げてきた。
 でも今度のはただの威嚇。
 炎は左肩を掠めただけ。
 肉の焦げた臭いが鼻につく。

「馬鹿。妹を殺したい姉が、何処に居るっていうの」
「――こ・こ・に」

 にやにやと笑いながら、私を指差すフランドール。

「……やれやれ。じゃあ仕方ないから、証明してあげるわ」
「……何を?」
「少なくともそんな姉は―――ここにはいないと」
「…………」

 また、フランドールの姿が視界から消えた。

 と思った瞬間、私の世界が回転した。

 激しい衝撃とともに、壁にぶつかる私の身体。

 上下が逆転した世界の中で、変な方向に曲がった首を元に戻すと、右足を高く掲げたままの妹の姿が目に入った。
 
「――いつまでェ―、イイコちゃんぶってるンですかァ――?」

 その虚ろな瞳はまだ私を見ていた。
 よかった。

 私はまだ、あの子の全てを受け止める存在として、認識されている。


 ――さて。

 私はゆっくりと立ち上がる。

 準備運動は、もうこのへんでいいだろう。

 首をゴキゴキと鳴らし、口の中の苦いものを吐き出す。

 そして、なるべく妹の逆鱗に触れるような口調で、言う。

「来な」
「……あ?」

 妹は両腕をだらりと垂らし、前傾姿勢を取っている。

「愛してやるよ。全力で」
「…………」

 妹の瞳孔が開く。
 
「かかって来な。―――マイシスター」
「……ッ!」

 妹が飛ぶ。
 今度は私も。


 空中で、骨と骨が軋み合う。


 妹の顔が狂気で笑う。

 私の顔は歓喜で笑う。



 
























 

「……レミリア。いつまでこんなことを続ける気だ」

 今から百年ほど前。

 私はある日、父から唐突にこう言われた。

「こんなこと、とは?」
「……フランドールのことだ」
「ああ」

 私が至極あっさりとした返事を返すと、父は額に手をやった。

「ああ、じゃないだろう。いいか。こんなことを繰り返していたら、いつかそのうち――」
「……私があの子に殺されてしまうんじゃないか、って?」
「…………」

 父は無言で頷いた。

「……いいか。レミリア」
 
 そして、諭すような口調で続ける。
 
「お前は私の亡き後、このスカーレット家の当主の座を継ぐ者なんだ」
「…………」
「そのお前が、あんな、無意味な殺し合い―――ましてや実の妹との―――で、命を落とすようなことがあっては……」
「……スカーレット家の歴史に泥を塗ることになる、ですか」
「!…………」

 父が目を見開いて私を見る。
 だがすぐに、いつもの口調で続けた。

「……ああ、そうだ」
「…………」
「こう言っちゃなんだが、あの子は……フランドールは、出来そこないだ」
「…………」
「力ばかりが余りあって、感情がそれに追いついていない」
「…………」
「あの子は我が家に害悪をもたらすことはあっても、利潤をもたらすことはありえぬ」
「…………」
「だからレミリアよ。もうあの子に関るのはやめて……」
「お父様」

 私は静かな声で、父の言葉を遮った。
 そして、強い口調で問う。

「……私があの子に関らなくなったら……誰が、あの子を愛してやるのですか。誰が、あの子の愛を受け止めてやるのですか」
「……何?」
「お父様は先ほど、私とフランドールのやりとりを、殺し合い、と形容された」
「…………」
「でもそれは違います。私とフランドールは殺し合っているのではない。愛しあっているのです」
「……何をばかな」
「貴方にとってはばかでも、私もあの子も、まじめにそうしているのです」
「……理解の外だ」
 
 父は大袈裟に肩をすくめてみせる。
 しかし構わず、私は続ける。

「あの子は愛し方を、愛され方をしらない。だから、ああするしかないのです」
「……じゃあ何か。あの子の破壊衝動が、愛情の表現だとでも言う気か」
「ええ。言う気です」
「…………」
「あの子の破壊衝動は、愛したいという気持ちと、愛されたいという気持ちの現われ」
「…………」
「だから、あの子の気持ちを満たしてやるには、あの子の愛を全力で受け止めて、そして同じくらいの愛を全力でぶつけ返してやるしか、ないのです」
「…………」
「私があの子に関らなくなったら、あの子の愛を受け止める者も、あの子に愛をぶつけ返す者も、いなくなってしまう」
「…………」
「そうなれば、今度こそ……あの子はただの破壊者に成り果ててしまうでしょう。たった一人の世界で、永遠に―――得られるはずのない愛を求め、受け止めてもらえるはずのない愛をぶつけ続ける、悲しき破壊者に」
「……そうなるのを防ぐために、お前は毎日、あの子と殺し合いをしているというのか」
「愛しあい、ですわ」
「…………」

 父は額に手を当てたまま、無言で首を横に振った。
 そして溜め息混じりに、私に語り掛ける。

「……レミリア」
「はい」
「……それは全部……お前の思い込みではないのか」
「…………」
「あの子の破壊衝動にそんな意味があるとは、私には到底思えぬ」
「…………」
「私には、お前が―――妹が無意味に破壊を繰り返している、という事実を認めたくないがために―――無理にでも、そう思い込もうとしているようにしか見えない」
「……そんなことはありません」

 私はきっぱりと答えた。

「あの子に、直に向き合っていれば分かります」
「…………」
「あの子の声が、叫びが、聞えるのです」
「…………」
「もっと愛したい。もっと愛されたい。―――そんな、心の叫びが」
「…………」
「…………」

 会話が途切れ、場は沈黙に包まれる。
 やがて父が、それを破るようにぽつりと呟いた。

「……お前の」
「?」
「お前の能力で、どうにかできないのか」
「……と、言いますと」
「あの子の運命を操って……自発的にこの館から出て行くように、仕向けるとか」
「…………」
「あるいはいっそのこと、あの子の寿命を――……」
「…………」
「なあ、レミリア。出来るんじゃないか。お前の能力なら、そのくらい――」
「……そうですね」

 そのとき私は、自分の右手の掌を、父の方に差し向けていた。
 
「……何を、している?」
「いえ。少々――ああ、大丈夫。お時間は取らせませんわ」





 
 ……その日、父は私にスカーレット家の当主の座を譲ると宣言し、そのまま何処かへ隠居した。


 





















「―――あぁッ!!」

 妹の咆哮が轟く。

 同時に、巨大な炎剣が私を襲う。

 その剣は酷く歪な形をしていて、それは妹の感情をそのまま表しているように思えた。

「―――神槍」

 私も瞬時にそれと同サイズの槍を放ち、空中で相殺させる。

 閃光。

 半瞬遅れて、爆風が部屋全体を揺らす。 

「ぐッ……」

 両足で踏ん張って、全身をびりびりと襲う衝撃に耐える。

「!」

 息つく暇も無く、砂煙を突き破って影が飛び出してきた。
 掴んだものをあまねく壊す、悪魔の手。
 
「がぁ!」

 私はその手を、真っ向から受け止めた。

 右手と左手。
 左手と右手。

 みしみしと、腕の節々が嫌な音を立てる。
 やがて血管が切れ、噴き出た私の血が妹の顔を紅に染めた。

 それをぺろりと舐めて、妹は笑った。

「……楽しい……楽しいよ……お姉様……」
「……私もよ。フランドール」

 私には、分かる。
 フランドールの狂気が、徐々に薄らいでいることに。

「……私、ずっとこうしていたい。お姉様と、ずっとこうして」
「……私もよ。フランドール」

 私の言葉に、フランドールは一瞬、邪気の無い笑顔を浮かべる。


 ――しかし、次の瞬間。


「―――ぅあ」

 再び、その表情は狂気に染まった。

「ッ!?」

 同時に、私の腹に妹の右足がめり込む。

「がっ……は」

 身体が浮き上がる。
 しかし両手は妹に掴まれているため、空中で私の体は一旦静止し、振り子のように揺れて、再び妹の方へと近付く。

「……やってくれる」

 私は首をやや後ろにそらし、その反動を利用して――、

「オラぁ!」
「!?」

 その勢いのまま、妹に頭突きをかました。
 ドゴン、と鈍い音がした。

「………ぐっ」

 視界が白くなり、一瞬、意識も遠くなる。
 
「う……あ」

 流石の妹もこれには堪えたらしく、掴んでいた私の手を放した。

 支えを失った私は、そのまま床に落ちる。

「……い……いった……」

 両手で頭を押さえ、うずくまる。
 ちょっと無茶をし過ぎたか。

 今妹に襲われたら、私はほぼ確実に死ぬ。
 運命を視るまでもない。
 

 ……しかし、妹は来なかった。

 朦朧とする意識の中、彼女の方を見ると、私と同じように頭を押さえて、ふらふらと揺れていた。

「う……ぐ……」

 妹が呻いているのは、どうやら、私の頭突きのせいだけではないようだった。
 
 そう。

 妹が戦っているのは、私だけではない。
 彼女は、自分の中の狂気とも、必死に戦っているのだ。
 永遠に勝敗の着くことのない相手と、彼女は毎日―――戦っているのだ。


 愛したい。
 愛されたい。

 その強い衝動は狂気を生み。

 彼女を破壊へと駆り立てる。

 彼女はそれを抑える術を知らず。
 ただただ、狂気の赴くままに暴れるのみ。

 正気と狂気の狭間で。
 妹は毎日、自分を必死に保とうとしている。

 ならば私にできることは、ただ一つ。

 その衝動を。
 その狂気を。

 全て―――受け止めてやることだけだ。


 私の全力の、愛を以って。


「……くぁ」

 やがて妹は頭から両手を放し、そのまま大の字に倒れた。

 一時的に満たされた狂気は、彼女に暫しの休息を与える。
 それは彼女の精神を薄皮一枚で保持させるための、神の気まぐれなのかもしれない。

 ……妹はまもなく、すぅすぅと寝息を立て始めた。

 そんな妹の様子を見届け、私は安堵の溜め息を吐く。

「……やれやれ」

 兎にも角にも、今日も死なずに済んだらしい。
 私は自分の強運に感謝し、妹と同じ体勢で寝転がった。


 ―――意識が、薄れる。


 夢と現のさかいめで、ふいに、いつか父に言われた言葉が蘇る。

 もしこれが、全部―――私の思い込みだったとしたら。
 妹は、愛したいとも愛されたいとも思っておらず、ただただ、無意味に破壊を繰り返しているだけだとしたら。
 その事実を認めることが怖くて、私が勝手に、妹の行動に意味付けをしているだけだとしたら。


 そうだとしたら―――狂っているのは、実は私のほうなのかもしれない。


 狂った妹を無条件に愛し続ける、狂った姉。

 ……ふん。

 仮にそうだとして、何の問題があるというのか。

 妹のためなら、私はいくらだって狂ってやる。
 何を引換えにしようが、喜んで狂気を買い取ってやる。

 だってそうだろ?

 姉が妹を愛するのに、何の条件が要る。何の理由が要る。

 本当のところがどうであろうと、私は妹を愛することをやめないし、信じることもやめない。

 ……何故かって?

 そんなことは決まっている―――。


 














「うぅ……」

 
 ―――まどろみの中、小さな呻きが聞えた気がした。


 どうやら、妹が目を覚ましたらしい。 

 やれやれ。

 それなら私も、起きないわけにはいくまい。


 ……目を開くと、先程とほとんど変わらない光景が、私の視界に飛び込んできた。

「……っち……」

 瓦礫と硝煙の中で、半身を起こしたフランドールが顔を歪めている。

 その顔は煤と埃でまみれているものの、どこか生気に満ちているように見えた。

「……うぅ……ん」

 そのすぐ傍で、私も、悲鳴を上げる全身に鞭を打ち、ゆっくりと上体を起こす。
 そして、溜め息混じりに呟いた。

「……あ~あ。またお洋服が台無しになっちゃったわ。せっかくお気に入りだったのに」

 壊れた肉体は再生できても、破れた服は元に戻せない。
 吸血鬼も結構不便だ。

「……はは。いい気味」

 愚痴をこぼす私を見て、フランドールは無邪気に笑う。
 そこにはもう、先ほどまでの狂気の色は無い。
 無垢で純粋な双眸が、きらきらと輝いている。

「……あんたこそ。随分いい顔になってるわよ」
「……ふん」

 私がからかうように言うと、フランドールは照れたようにそっぽを向いた。

「…………」
「…………」

 暫しの沈黙。

 やがてそれを破ったのは、フランドールだった。

「……お姉様」
「ん?」
「……また、明日も来てくれる?」

 少し不安げな面持ちで、フランドールは私に尋ねる。
 そんな彼女に、私はそっと微笑み掛ける。

「……もちろん。だって貴女は――」

 

 
 


 私の妹は気が触れている。
 簡単に言うと、ちょっとおかしい。

 でも私は、そんな妹を愛しているのだ。

 何故かって?

 そんなことは決まっている―――。








「―――私の、たった一人の妹ですもの」



 そう言って私は、歓喜に笑った。
 それを見て妹も、歓喜に笑った。






無条件に相手を愛せるのは、家族だけ―――そんな言葉を、どこかで聞いたような気がします。
無条件の愛に、幸あれ。



それでは、最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
まりまりさ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2460簡易評価
21.100Zeke削除
気の触れた妹様は俺の中でジャスティス。
42.100名前が無い程度の能力削除
何か好きだな。
53.100名前が無い程度の能力削除
こいつはいい殺し愛