Coolier - 新生・東方創想話

アイアム白楼剣

2009/09/12 06:56:59
最終更新
サイズ
3.13KB
ページ数
1
閲覧数
933
評価数
33/109
POINT
6810
Rate
12.43

分類タグ


 オッス! オラ白楼剣!



 今日は珍しくオフの日で、お嬢にゃ内緒で人里に一人で降りてきたんだ。
 おっと、勘違いされちゃ困るけど、別にドラ●ンボール探しに来たわけじゃねえぞ?
 ちなみに「お嬢」ってえのは白玉楼の庭師――つまりはオラの持ち主、魂魄妖夢のことだ。
 まだまだ青臭さが抜けないし瀟洒とは言い難えが、その分人一倍努力してる。
 若い身空で、オラたちを立派に使いこなしてるってんだから大したもんだ。

 っと、話が逸れたな。
 オラが人里に下りてきた理由、それは――








「白楼剣先生! どうかワシの迷いを解き放ってくだされえええええ!」
「慧音先生のおっぱいがけしからんくて授業に集中できんのです! この煩悩を斬って下されえ!」
「アリスとパチュリー、どっちに昼飯をたかったらいいんだぜえええああああ!」








 ――こんな迷える子羊たちの、迷いを断ち切るためなんだ。











「ワシは迷いから解き放たれ……解脱したのじゃ……ぐふう」

 オラに斬られた最初の男は、花屋のオヤジ。
 血がびゅーびゅー出てて倒れ臥したまま動かないんだけど、
 こいつ現世からも解脱しちまったんじゃねえのか?





「おお……慧音先生への劣情が消えてゆく……しかしあのプリンプリンの尻がまた堪ら(ry」

 よくわかんねーけど、一回斬っても駄目っぽかったから二回斬っちまった。
 まーおっぱいと尻の煩悩断ち切ったらもう大丈夫だろう……。





「よし決めたぜ! やっぱり霊夢のところにたかりにいくぜ!」

 どうやら別の者のところに昼飯たかりに行くらしいな。
 こんな知り合いがいたらさぞかし迷惑だろうなあ。





 一仕事終えたので、刀身についた血糊を布でぬぐう。
 疲れたけど、この仕事はいろんな人間に出会えてめっちゃおもしれえ。
 こないだのオフの日なんかは、恋愛相談持ちかけてきた人間もいるぐれえだ。
 こんなオラみたいな刀に相談するよりも、もっと相談する相手がいると思うんだけどなあ。
 友達いねえのかなあ。

 ま、そいつはさて置き、人間ってえのは大抵がみんな、何かしら迷いを抱えているもんだ。
 それは些細なものだったり、人生を大きく左右するようなものだったり、千差万別だ。
 でも、その迷いを持ったままでは先に進めないことが、人生では多々ある。
 オラの役目は、そういう迷いに直面した人間を助けることだ。
 それはオラにしかできないことだし、このことに誇りも持ってる。

 オラの嫁の楼観剣は、
 「また面倒なことに首突っ込んで! 少しは自分の身の心配をしなさいよ!」
 とか言って、ウサ晴らしに幽霊十匹をいっぺんに斬ってやがる。
 そっちの方が絶対面倒ごと作ってると思うけどなあ。

 また話が逸れたな。
 兎に角、人の迷いを断ち切ることがオラの使命だと思ってる。
 おや、こんな一人語りをしてたら客が来たみてえだ。
 次の人間はどんな奴かねえ……って、誰か来たの!?

「妖夢~入るわよぉ~」

 ガラッと襖が開き、幽々子様が部屋に入ってきた。

「……? 妖夢、部屋の中で白楼剣なんか握っちゃってどうしたの?」

 い、いやいや幽々子様、刀の手入れをしてただけですよ。

「なんか妖夢がぶつぶつ言ってるのが聞こえたから気になって来てみたのだけど……。
 気のせいだったのかしらね」

 はい、それはゆゆ様の気のせいです。

「そうかしら」

 そうなのです。

「ふぅん、まぁいいわ」

 ゆっくりと部屋を出て行く幽々子様に安堵する私。
 すると、幽々子様がゆっくり振り返って、にんまりと笑った。






















「ひとりあそびも、ほどほどにね♪」



 ウワァァァァァァ! 私は恥ずかしすぎて爆発した。
                        」`ヽ,__,r'「>-─- 、.,_
                       く:::::\:::::::!7´       `' 、
                      /く\:::::ヽ:>''"´ ̄`"''ー 、.,`ヽ.
                     '/ `>'´   ;  /  ,   ,   `ヽ.`'ーァ
                   /  ,.'     ./'!._;'_  ,!   /!  ,   ヽく
        ,,/ ̄''l        .,' /  ,'   i_」__`/|  /.| /!  !  ':,
       (,  ,--(       .! .,'  .,'    !    `ヽヽ' レ'-!、 ,' .i  ',
       ヾ-( r'''''\      i !____!    |  ̄ ∠__\ .\ソ /  ! _」
         \;;;;  \    i i   !    !    l_"t。ミ\ノ,,r-!__ハ/   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           \;;;;  \   |  :  .iヽ,._」" ''''''"" ̄'''""(エア/ヽ   /
            \;;  \  i  i  ! ! (tv   /|  , r_>'|i ヽ,ゝ < これは夢だ
             \;;;  \'"ヽ/ヘ',   .| ,i,r-", /  r'''-, .jr‐´   \
               \;;;  \ / `ヽ!ィ二"''' r-|   二'" /  __    \______
                \;;r'""彡_l:::::::::::::::::::::: /./_   " / ̄ ̄"===-,
                  )''//rl_--::::::::::::::::/:/ヽ"'=--":


 ※現実です
Taku
http://3ehorloge.web.fc2.com/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.3600簡易評価
1.100謳魚削除
楼ちゃんが白さんの嫁なのはデフォ!

と思ったら夢でしたちくしょう。
2.100名前が無い程度の能力削除
わかいって いいことだ
7.100名前が無い程度の能力削除
一行目のインパクトが反則過ぎるw
そこからのテンポいい展開がまたたまらないというか
9.100名前が無い程度の能力削除
うわあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!
なに颯爽と人のトラウマ抉ってんだあんた!
畜生、あるある過ぎて噴いたよこの畜生!
13.100名前が無い程度の能力削除
これはうまいwww
14.100名前が無い程度の能力削除
笑いすぎて腹痛いwwwwwww
15.100名前が無い程度の能力削除
妖夢残念でしたwwwww
16.100名前が無い程度の能力削除
あwとwがwきw
18.100削除
オッス! オラ悟空
21.100名前が無い程度の能力削除
これはプチ?うーむ、微妙なラインだ
テンポが良過ぎるのも短く感じる原因かな?



んな事どうでもいいやwww最高だwww
22.100名前が無い程度の能力削除
なんだこれぇ……。
と思ってたら、この破壊力だよw
そうか夢だ、これは夢だな。
23.100名前が無い程度の能力削除
あとがき吹いたwwww
25.100名前が無い程度の能力削除
ダメだwwwwwwww
28.100名前が無い程度の能力削除
妖夢は自画自賛してたんかwww
出だしから大爆笑www
32.100名前が無い程度の能力削除
あとがきで俺の腹筋も爆発しましたwwwww
33.90沙月削除
お嬢様が鏡の前で変顔してたら視界の隅でにやついている従者が居ました。
つまりそんなお話です。
34.100名前が無い程度の能力削除
やるじゃん
38.100名前が無い程度の能力削除
見事な爆発オチwww
39.100名前が無い程度の能力削除
なにこのようむかわいい
42.80名前が無い程度の能力削除
テンポいいなぁ
45.100名前が無い程度の能力削除
妖夢www
53.100名前が無い程度の能力削除
畜生笑っちまった
55.100名前が無い程度の能力削除
このオチは反則www
60.100名前が無い程度の能力削除
夜中に爆笑させんなwwwwww
62.100名前が無い程度の能力削除
MYOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOON!!!!!!!!
63.100名前が無い程度の能力削除
妖夢内黒歴史化決定ww
68.100名前が無い程度の能力削除
悟空で爆笑して
オチで大爆笑でした!!
70.100名前が無い程度の能力削除
後書きの威力がすごいなwwww
79.90ネコ輔削除
白楼剣先生! 美鈴と星EXボス、どっちのSSを書けばいいかめちゃ迷っています!
どうか先生の御力を、御指導の程をお願いしますッ! ずばんとやっちゃってください!
80.100名前が無い程度の能力削除
うー…みょんみょん!
86.100奇声を発する程度の能力削除
爆笑wwwwww
93.70名前が無い程度の能力削除
みょんが変な子……
99.80名前が無い程度の能力削除
これは酷いwww
乳、尻ときたら次はふとももでしょう