Coolier - 新生・東方創想話

東方偽鬼蒼夢

2009/08/15 17:21:00
最終更新
サイズ
1.45KB
ページ数
1
閲覧数
423
評価数
5/19
POINT
320
Rate
3.45

分類タグ

紅霧異変から数週間 まだまだ夏の日差しが強い日が続いている。

紅霧異変・・・ 紅魔館に住む双子の吸血鬼 レミリア・スカーレットが起こした異変である。
単純な説明だが幻想郷に紅い霧をはり太陽の日をさえぎったのである。
あの事件解決以来吸血鬼は博麗神社に頻繁に訪れている。巫女の妖怪に好かれる体質は相変わらずである

霊夢「あいっかわらずあついわねー・・・ あんな異変解決しなければよかったわ・・・」

魔理沙「それが仕事なんだからしかたないんだぜ なんなら太陽を壊してしまえばいいんだぜ!」

霊夢「(ほんっとなにも考えてないのね・・・) あら・・・誰か来たみたいね・・・」

チルノ「こんにちわー!霊夢さん 魔理沙さん! 」
 
霊夢「あんたいつもと感じが違うわね・・・今日は弾幕ごっこはいいのかしら?」

チルノ「お二人に勝てるわけないじゃないですか! 今日はなにかお手伝いはなにかと来ました!」

霊夢「あんた・・・頭でも打ったの? このお饅頭はわたさないわよ!」
 
魔理沙「馬鹿ったらなのはいつもと変わってないぜ」

チルノ「ひどいなー・・・ 馬鹿に馬鹿っていわれるのは結構こたえるんですよ!」

霊夢「やっぱりおかしい・・・夢でもみてるのかしら?」

魔理沙「こいつを叩き潰せばわかることだぜ」

チルノ「いい加減にしないとわたしでもおこりますよ・・・」


???「たしかにいつもの馬鹿妖精とは違う・・・ なにかがおかしい・・・」


そのとき神社入り口から大きな声が響いた 

⑨ 「あたいってばさいきょーね!!!!!」

ありえないはずなのだ ありえないはずの人物がそこにいる 
何かが起きている・・・ そう・・・なにかが・・・



第一部 序章 異変はいつも突然に
文というかなんというかぐちゃぐちゃでごめんなさい・・・ 
パスは9です チルノ大好き!
れーいむ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.170簡易評価
2.無評価名前が無い程度の能力削除
よくわからないけど、これはなにかオチがあって自分が理解してないだけなんだろうか。誰か説明して欲しい……
3.無評価名前が無い程度の能力削除
第一部の序章ということだから超長編のプロローグなのだと思います
でも本音をいうとなんだまたメモ.txtかという気分です
5.10名前が無い程度の能力削除
謝るな!そう思うならまず文章を直せ!
7.無評価名前が無い程度の能力削除
頭いい系のチルノに萌えてしまいました。すいません
9.10名前が無い程度の能力削除
ここまで設定知らない人も珍しい。
10.20名前が無い程度の能力削除
叩かれようと潰れることなかれ。まだ慣れてないだけなんだから大丈夫さ。
来たるべき第二部に期待。
11.無評価10削除
ああごめんなさい。第一部、本編かな。
17.無評価名前が無い程度の能力削除
どこからつっこめばいいんだ・・・
18.10名前が無い程度の能力削除
声を出して笑いました。頑張ってください
23.100名前が無い程度の能力削除
めっちゃワロタw
こういうVIP系不条理ギャグSSはもっと増えていいと思う。怒る人は居るんだろうけどさ。