Coolier - 新生・東方創想話

壁に宇佐ミミ、障子にメリー

2009/04/22 16:06:02
最終更新
サイズ
3.75KB
ページ数
1
閲覧数
767
評価数
10/42
POINT
2300
Rate
10.81

分類タグ

「柿の種にはチーズだと思う」
 そんなことを言い出したのは私かメリーか。どちらかもわからないぐらいお酒に自分が溶け出していた。
 まるで自棄酒。自棄になる意味もない自棄酒は、本来ならばなんというべきなのか。
 思考が回る。頭の中の冷静な部分が水を飲め、吐き出せと言い、だらしなく開いた口はつまみを咥えこむ。
「蓮子、それはつまみじゃないわよ」
 おつまみはメリーの指。汗の様な塩味のついたメリーソーセージ。
「指、離しなさい。怒るわよ」
 関節がコリコリと音を鳴らす。爪がスベスベして気持ちがいい。
「蓮子、やめなさい。お腹がすいたのなら何か用意するから」
「んー……。これでじゅぅぶん」
 指を舐めながら返事をする。おかしいな。いつもなら私よりメリーが酔っ払って大変なことになってるのに。
「はぁ……。ていっ」
 そんな風にかわいらしくメリーが言って、かわいらしくない音が頭からなった。ゴスリ。
「いひゃい」
「なら離しなさいよ、もう」
 自分から抜けばいいのに。まあ、私から抜くけど。
「メリー」
「何よ」
「すきー」
 頭がぽやぽやして、おなかがちゃぷちゃぷする。
 テーブルの上には大量の缶とビン。
 アーシウムの赤としまむらさきとファジーネーブルとブラッディメリーの海に泳いでる感じ。
 あらら、メリーじゃない。メアリーだった。
「これ、ブラッディメリーって名前だったら、メリーを私が飲んじゃってるんだよね、きっと」
「……少し酔い過ぎよ?それに、私って何を飲むのよ、私の何を」
「唾液?もしくは血とか、涙とか。血も涙もないって涙の元は血なんだから、血がなかったら涙もないよね」
「たまに蓮子が酔っ払ってるのかどうかがわからなくなるんだけど。言ってることは目茶苦茶なのに、意味は通るし呂律もそれなりだし」
 酔っ払ってるよしっかり。うん。にぱー。
「子供じゃないんだから。いやまあ」
 むにゅむにゅ。途中から突っ伏したから、最後の方は聞えなかった。
 ああ、メリーがおいしい。
「蓮子、そろそろ寝ないと」
「眠りながら起きるっ!あー、揺れる、頭」
「水持ってくるから飲みなさい、ね」
 ああ、いいお嫁さんを持った。お嫁さんじゃないけど。でも、本当に嫁にしたいかもしれない。しれない。
 可能性の綱渡り。隣にいるのがメリーじゃなかったかもしれないし、今の様な関係ではなかったかもしれない。しれない。しれない。
「難しいこと考えると、あたまぁ回るぅ」
 やっぱり酔ってる。冷静な思考と泥酔した自分が綱渡り。
「ニマニマしてて気持ち悪いわね、なんだか」
 上から声がした。見上げるとメリー。コップに半分ほどの水を持って、短めのスカートからショーツが見える。白で透けていた。
「ほら、お水」
「ありがとー」
 お礼を口に出して水を受け取る。
「メリーはいいお嫁さんになるね。私の」
「蓮子のお嫁さんなんかになったら、毎日が大変ですぐに離婚ね、家庭内で」
「常に私が隣にいるから、別居はない、はず」
「他の人と口を聞いただけで嫉妬されそうね、それだと」
 私蓮子さん、今メリーと一緒にいるの。メリーと私で夢のなか。
「メリー」
「なに?」
「新婚旅行は蝦夷にしよう」
「今は江戸時代じゃないわよ」
 そっか、時代が違うのか。
「新婚旅行はアイヌの地にしよう」
「まず結婚出来るかを考えなさい」
「指輪はないけど結婚しよう、メリー」
「素面で言いなさい、そういうことは」
 欠伸をひとつ。ふたつ。最初がメリーで、次が私。
「寝よっか」
「そうね。早く寝て、早く起きましょうか」
「今日はメリー、そんなに飲まなかったね」
「口内炎出来てて、おいしくないから」
 痛いよね、口内炎は。
「ねえ、メリー。おやすみのキスは?」
「はいはい。おやすみなさい」
 おでこにちょんっと唇が乗っかった。
「ん、おやすみメリー」
 まだ布団にくるまるどころか立ち上がってすらいないのに、こんなところで挨拶する。
 まあ、いいじゃない。
 眠いし。
「よし。メリーをお姫様だっこだ」
 立ち上がり、足を引っ掛けて転ばせて、腕で支える。そのままブライダルお姫様だっこに移行して、一歩、二歩、床に前のめりに転ぶ。これが本当のマエノメリー・ハーン。
「きゃ、ぐぅっ!」
 あ、すごい音がした。メリーが私の下でのたうってる。
 かわいいなぁ、メリー。
 ああ、眠い。
「先に行ってるから、遊び終わったら来てね」
「れ、れん、こぉ。おぼえて、なさいよ……」
 私は今度は転ばない様に、ゆっくりと温かな布団へと向かっていった。
 流石に、布団と毛布を使うのは、もう暑いか。
お酒を飲むと、冷静なはずなのに日本語がおかしくなる気がする木。

http://coolier.sytes.net:8080/th_up3/file/th3_9183.txt
http://coolier.sytes.net:8080/th_up3/file/th3_9221.txt
蓮メリはいいものです。
◆ilkT4kpmRM
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1420簡易評価
3.80GUNモドキ削除
お酒飲みながらSS描くと良いのが出来る・・・かも知れませんね。
まあ、実際やってみたらあんなの出来てしまったんですが(汗)
7.60たこ焼き削除
一線を越えてしまった二人の話ですね^^
友達でいてほしいと思うのは私だけ・・・?
16.100名前が無い程度の能力削除
この二人は大好きです
ごちそうさまでした
18.80名前が無い程度の能力削除
今朝、口内炎発見
今夜、酒飲む予定
どうしよう
というか、朝飯がきつい私の蓮子はどこかしら
21.90名前が無い程度の能力削除
言葉使いが軽妙で素晴らしい。
酔っ払うと論理のタガがおかしくなって、飛躍した思考/行動を取りやすくなるから、それだけで立派な芸術だと言う気もする。
二人の関係が心地よい一品でした。
24.100名前が無い程度の能力削除
蓮メリは俺のジャスティス!
ごちそうさまでした。
32.100名前が無い程度の能力削除
にやにやが止まらない
35.90名前が無い程度の能力削除
よろしい、ならば蓮メリだ。
私は一向に構わん!

テンポよくサクサク読めたので後味すっきり!面白かった!
38.80過剰削除
マエノメリーわろた
42.100名前が無い程度の能力削除
酒と蓮メリはなんでこんなに合うんだろう