Coolier - 新生・東方創想話

死ぬ方法みつけました

2009/04/01 13:40:12
最終更新
サイズ
1.75KB
ページ数
1
閲覧数
1121
評価数
18/52
POINT
3050
Rate
11.60

分類タグ


 とつぜん永琳の部屋に呼び出された輝夜と妹紅は、たいそう不機嫌そうだ。

「……殺し合いの途中なんだけど?」
「はやく言え」

 永琳は咳払いを一つつき、「私もまだ半信半疑なんだけど……」と続けた。しかし「いや……」といったん言葉を止め、言いなおす。あまりにも唐突すぎるからだ。

「一つ聞くわ。あなたたち、死にたがってたわよね。
 今でも、本当に死にたい? 気持ちは変わらない?」
「もちろんよ」
「愚問だね」

「じゃあ、私が死ぬ方法をみつけたと言えば、よろこぶかしら?」
「……何ですって?」
「そんな……お、教えて、ねえ教えてよ!」

 その答えを聞いた永琳は、複雑な表情をする。本当に言ってしまっていいのか、言わないべきか。さて、どうしよう。
 しかし興奮した二人に「ほら、ほら!」と近づかれてせかされて、正座のまま部屋のすみに追いやられてしまう。もう戻れないところまで来てしまったようだ。
 しかたなく永琳は、「じゃあ、続けます」と一言。

「あのね――」
「どうぞ」
「うん」

 三人はごくり、とつばを飲み込んだ。緊張の糸がぴん、とはりつめる。

「私自身、びっくりだわ。
 まだあなたたちが生きているから、私も生きていられるんだけどね……信じてるから」

 永琳としては少しぼやかしつつも答えを言っているつもりだ。しかし妹紅と輝夜の二人にはわからないようで、「何が言いたいの?」と同時に言った。
 オブラートに包もうとしたら、包みすぎて飲み込めなかったようだ。

「えっと、はっきり言います」

 もう一度二人はごくり、とつばを飲み、永琳の言葉にうなづいた。
 そして、永琳のくちびるが、はっきりと答えを――。

「蓬莱の薬……あの忌々しい薬。罪の結晶。
 それの原料の中の、一番大切なヤツ――入れるの忘れてたわ。つまり私たちは、すでに死んでいるはずなのよ」

 その言葉を本当に理解した瞬間、三人は一斉にばたりと倒れた。それっきり、静かになった。

 彼女たちは無限の命をもつ体から開放された――つまり死んだのだ。
 三人にとってお望みの結末が、ついに訪れたのかもしれない。
 今日はエイプリルフールだ。
 永琳の言ったこと。それはホントかうそか、だれにもわからない……。


 プチでやれ! と怒られるかもしれません。ですが、やはり多くの人にみてもらえるのはこっちじゃないかなーと思ったのです。
 二番せんじじゃありませんように……!

 関係ないですが、信じる力ってすごいですね。

 さて、お読みいただき、ありがとうございました。よければ一言二言よろしくおねがいします。
ほたるゆき
hotaru-@auone.jp
http://kusuri.iza-yoi.net/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1490簡易評価
1.80GUNモドキ削除
なんというプラシーボ効果。
医者もビックリの思いこみですねwww
2.100名前が無い程度の能力削除
知らない方がいいことも有る♪
4.90名前が無い程度の能力削除
どなたかお客様の中にザオリクを使える方はおりませんか!!
7.80名前が無い程度の能力削除
自己暗示という言葉を思い出した
「病は気から」なんだよね、ようは
8.90名前が無い程度の能力削除
星新一風な話ですね
9.90名前が無い程度の能力削除
残されたうどんとてゐの光景が目に浮かぶようだwww
13.90名前が無い程度の能力削除
プラシーボってレベルじゃねーぞ!
不老不死の薬を飲んだつもりとかw
23.100奇声を発する程度の能力削除
自分も自己暗示という言葉を思い出しました
30.100名前が無い程度の能力削除
思いの力は奇跡を起こすと言いますが・・・思い込みでも起きるんですね・・・
32.90名前が無い程度の能力削除
人間と宇宙人の精神力ってすげえ。
33.90名前が無い程度の能力削除
面白いけど一つだけ、
永琳はちょっと遅れて倒れないと不自然では?
35.70名前が無い程度の能力削除
輝夜と妹紅が死にたがっているという二次設定を上手く使った作品ですね
36.70名前が無い程度の能力削除
おもしろかったw
けど一番最初に事実に気づいたえーりんは一番最初に死んでるのでは…w
40.80名前が無い程度の能力削除
↑二人に言うまでは死ねない、と思っていたのではw
思い込みはすごいですねw
41.100名前が無い程度の能力削除
幻想郷では精神力で不死になれるようです
47.80euclid削除
これは3人とも凄い精神力だと褒め称えるべきなのか、それとも酷い鈍感さんだと笑えばいいのかww
48.90名前が無い程度の能力削除
月人に寿命の概念はありませんよ
それにしてもいい発想だった
49.無評価ほたるゆき削除
知ってるかい? 本気で、もうコメントが付くことなんてないと思ってたんだぜ……?
とかいいつつ作者です。
遅くなってごめんなさいね。

>>euclidさん
加えて、じつは仲良しさんだとじーんとしてあげてください。
その3つの味付けで、この作品はもっと美味しくなるのです、です?
ただし味付けはセルフサービスということで!
最後の味付けをほぼ4ヶ月遅れで運んでくる作者さんでしたー。

>>48さま
>寿命の概念なし
……あれ?
>いい発想
ありがとうございます。
褒められて、またあたらしい発想が飛び込んでくるかもしれません。
内容的にも時期的にも予想外のコメントだったので心臓へのダメージは大きいですが、また書けたらいいなーと思ってますー。


コメントありがとうございましたー。
51.無評価名前が無い程度の能力削除
美味しいけどキッツイのをいただいた後なので・・・
ビールのように軽く爽やかで、一気に戴けましたw
53.70楽郷 陸削除
その方法はいったいなんなんだ、と続きが気になり、一気に読めました。(といっても2KBしかないが・・・)