Coolier - 新生・東方創想話

ユウゲンマガンたんかあいいよぉぁああ!!!!

2009/01/20 19:09:06
最終更新
サイズ
7.86KB
ページ数
1
閲覧数
462
評価数
25/49
POINT
3140
Rate
12.66

分類タグ


 ― あらすじ ―







 ユウゲンマガンが大流行しました。







 ~ はじまり ~




幻想郷にもムーブメントと言う物がある。
それはサッカーだったり、ゲーム機を蹴り合う遊びだったり、足しか使ってねえじゃねえか。
何より今でも続いている有名な流行と言えば勿論『弾幕ごっこ』だろう。

今より紡がれる歴史は、その流行の波に紛れ込んだ一つの『異変』の物語である……










「ユウゲンマガンたんカワユス」







慧音は言った。

教室に入ってきて早々いきなり何を言い出すかと思えば、それは異国の言葉だった。
混乱する生徒達を会話的な安置に置いてけぼりにし、慧音はおもむろに緑のチョークを手に取ると、黒板に何かを書き殴る。






   幽幻魔眼の充血したお目めに穴堀りしたい







「で、どうだろう。 当て嵌まる漢字が載っていなかったので当て字をしてみたんだが」





嗚呼、先生もお疲れなんだ……
しょうがないさ、あのお方は里を守る賢者様、我々にはその御心を知る由はない……

生徒達は労いの視線を我らが敬愛すべき半獣に向けると、優しく授業の続きを促した。



「とりあえず先生はユウゲンマガンたんを探しに行ってくる。
 今日は自習な。 帰っても良いぞ」



生徒達は髪を金色に染め眉を剃り落とした。




――




「……で、何がどうなってんの?」

「おや魔理沙。 イイダローコレ、イイダローコレ、イイダローコレコレー」

「確かに幻想入りしてそうねそれ」


久々に人里に訪れた魔梨沙が町中を歩いていると、いつかの歴史食いが自分に向かって妙な外国人の物真似を始める。
適当にあしらいながら、彼女の後ろに見える元・我が家の喧噪の原因を尋ねてみた。


「で、どうしてこんな騒ぎになってるの?」

「迷わず行けよ。 行けば分かるさ」

「分かったわ。 ちゃんと真ん中歩いて行くわね」


魔梨沙が懐かしの元・我が家を遠目に見てみると、そこには無数の人集りが出来ていた。
おかしいわ、とうとう閉店セールでも始めたのかしら? と思い、もう少し近寄ってみる事にした。




「きゃーやったー! 買えちゃったー!」
「うわ押すな馬鹿野郎!!」
「テメエこそ何処に目ぇ付けてやがる!」
「やったぞ!リグルきゅんのお尻触った!触ったよぉー!」
「きゃー!?」 ピチューン!!
「最後の一個ー!!」
「畜生……ちくしょおおおおおおおおお!!!!」




なんとお店は普通に繁盛しているようで、人妖交えて押すな押すなの大混乱。
どの位大混乱かと言うと、足の生えた妖怪大根がランするくらいの大混乱。

結局店主である霧雨の親父が「ユウゲンマガンたんグッズ本日完売でーす!」と夏や冬に元気な人達みたいに叫ぶと、
それを皮切りに買えた人、買えなかった人、何者かに蹴られ意識不明の重体一名、そして目の前で売り切れたドンマイさんと悲喜交々な様相を呈しながら、皆帰路に着く。



「……なにこれ」

「おや、あんた霧雨の。 なあ嬢ちゃん、ユウゲンマガンたんマグカップ欲しいんだけど何とか手に入んないかなー? 頼むよー」

「……なにそれ」

「へ!? あんたら幻想郷の住民なのに、あのMr.Terch……じゃなかった、ユウゲンマガンたんを知らないのか? それともネタ?」

「あんたらって私は一人よ。頭がおめでたいわね」

「彼のこと勉強してから出直して来い! と言いたいが、流石に新参乙、じゃ可哀想だからな。
 教えてやろうじゃないか。 ユウゲンマガンたんって言うのはな……?」

「あ、良いわ。 あの馬鹿から直接聞くから」



そう言い残し、魔梨沙は霧雨道具店へと入っていく。
暫しの沈黙の後、赤い服へと着替えた何か鉄臭い魔梨沙が清々しい顔をして店から出てきた。



「……慧音の所行かなきゃ」

「おや嬢ちゃん、きりさめじいさん倒した後にちびまりさんの術でも使ったかい?」

「4×4=16べぇー」



魔梨沙は向かう。 一路寺子屋へ。
この異変を巻き起こした、全ての元凶の元へ。





――



「おや魔理沙、どうしたんだ?」

「いえね、なんだか異変が起こってるから、ズバッと解決しにきたの」

「異変だと? 何処で起こってるんだ?」

「アンタの頭の中」

「……ああ、いいだろ? ユウゲンマガンたんグッズ」

「私と会話してよ」



慧音の私室に溢れていた物は、キモ可愛く、いやキモキモくデフォルメされた充血目玉の数々だった。

彼女が手に持つユウゲンマガンたんカップに夢に出そうなユウゲンマガンたんTシャツ。
ユウゲン(略)たん写真集にユウ(略)たんうちわ、ユ(略)たん灰皿もこたん印の竹細工。

なんか一個だけ彼女のジャスティスを感じた魔梨沙はそれを見なかった事にし、彼女のスカートを捲ってみる。


「あら懐かしい」

「崩してもいいのよ」

「アンタ頭湧いてんじゃないの?」


何か丁度良い位置に穴の空いたy(略)たんキャップを頭に被った慧音のスカートの中は、そりゃあもう見事な(略)たんパンティーだ。
彼女の腰回りに敷き詰められたブロックは、触ればちゃんと崩れるようになっている。 なんと芸の細かい事か。
いっそここまで清々しいとイカロが手招きを始めている。



「くぱぁ」

「やん♪」

「自重しなさいよ」

「何もやってないくせに」

「つんつん」

「らめえ」



慧音は興奮していた。

一枚、また一枚とブロックが崩れ、露になっていく肌色の羞恥に、もはや慧音は抗おうとは微塵も思わない。
ただ執拗に責め立てる魔梨沙の人差し指に身を任せるのみだった……



「はい終わり」

「おや? もう?」

「マエリベリー」

「はぁん♪」



最後に一枚だけ崩してみた。 これ以上はほんと勘弁して下さい。
とりあえず魔梨沙も七色さん程ではないが手先は器用な方である。
見事なまでのマエリベリーだけを残した慧音を後ろ手に縛り上げると、今回の異変の原因を聞く事にした。



「で、なんでこんなんなってるのかしら?」

「いや、ユウゲンマガンたんが……」

「それはもういいから」

「うぐぅ……実はな……?」



事情を聞いて驚いた。
なんとこの馬鹿、ユウゲンマガンが可愛いからと満月の夜に無理矢理ユウゲンマガン萌えの歴史を作り出したらしい。
それならば村人達の熱狂振りも納得がいく。 いくか馬鹿。

とりあえず慧音の頭を冷やす為に妹紅を呼び出し、魔梨沙はこの事件のもう一人の首謀者の元へと向かう事にした。




――



「霖之助さ~ん」

「おや、霊夢か。 いらっしゃ……い?」


















目が。














二億四千万の瞳が霖之助をギョロッと見下ろしていた。

堪らずに、先程声をかけてきた巫女と思しき人物の姿を探し回る。



「霊夢、霊夢! これはどういうことなんだい?」

「はろ~、香霖」

「おや、魔理沙だったのか。 声真似上手いね」

「そろそろ気付いて貰いたいんだけどね」

「何言ってんだい?」

「いや、こっちの話。 で、これなんなの?」



これなんなの、と言われても。
霖之助は返答に困る。 ただ単に霧雨の親父さんから話を持ちかけられ、面白そうだから乗っただけだからだ。
それがなんでこうなるんだろう? 思い悩むも、答えは出ない。

よし、分からなかったら人に聞く!



「これがどうかしたのかい?」

「なんでこんなんなったの?」

「いや、里からとある半獣が……」

「それは聞いた」

「じゃあどうして?」

「慧音とウチの馬鹿がおかしくなったから、異変解決して回ってるの」



霖之助は悟った。
ヤバい。 今の魔理沙はなんかヤバい。 特に口調がヤバい。
懐かしい口調に思わず誰てめえ、と叫びたい。 だけど叫んだら最後、こんてぃにゅーはできなさそうだ。
だから霖之助はこう言った。




「……ああ、君もユウゲンマガンたんグッズ欲しいのかい?」




馬鹿野郎。

空気読めと。 何故今このタイミングでその話になる。
お前の目の前に積まれた今にもロリコン共に説教しそうな目玉の山はなんなんだと。
私が洗脳された村人達の目を醒まさせてきたんだと。

ほら見てみろお前。 これなんか手足生やしちゃって、もうちょっとで確実に訴えられるぞ。
ゲゲゲ様ナメんなこの野郎。



「とりあえずなんか色々と不味いから回収してきたのよ」

「色々って?」

「幻想郷の神主様とか、あと色々。
 だからアンタ降板されたのよきっと」

「あれは出版社側の都合だって」

「BLは文化の極みよね」

「もう一度慧音の所に行っておいで」

「はぁ~い……あ、その前に」

「?」




――



「魅魔様に買っちゃった♪ うふ、うふ、うふふふふふふふ♪」



夕日に紅く照らされた魔梨沙は霖之助の言葉を無視し博麗神社へと飛んでいた。
その手にユウゲンマガンたん着ぐるみを大事そうに持って。



「はろ~」

「あら魔梨沙。 お茶でも飲んでく?」

「アンタは気付いてくれたのね」

「なんのこと?」

「こっちのこと。 はいコレ」

「なにコレ?」

「魅魔様にお土産よ~♪」

「魅魔? そういや最近見ないわね」

「もうっ、靈夢のイケズぅ」

「清水のおかっぱ少女みたいなこと言わないの。
 で、これがどうしたの?」



魔梨沙は此処に至るまでの経緯を事細かに説明した。
最終的な売り上げまで、本当に包み隠さず。




















――後日靈夢はユウゲンマガンを探しに行った。

  後の新作である。
       (<、,,>":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   し  た 幽
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、   て  ん 幻
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)  よ  に 魔
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  ね 投 眼
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! 票
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

支援。なんも解決してねぇや。
慧音が壊れた理由? えんぴつねずみが流行った理由と同じです。 ムーブメント。
置いてけぼりにしてすいません。 ユウゲンマガン愛してる。

※大して変わってないですが、色々修正しました。
毛玉おにぎり
gunashi.onigiri@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.950簡易評価
2.60名前が無い程度の能力削除
魔梨沙と魔理沙、霊夢と靈夢が混ざってたのはワザとですか?
でしたらすみません。

しかし、 ユウゲンマガンとはマニアックなキャラを出しましたね。
ちょっとグダってた感はありましけど。
珍しいものが読めました。
3.40名前が無い程度の能力削除
えっと・・・・・何が言いたいのか解りません。
魔理沙の喋りが何か違うけど、魔理沙という名前が「魔梨沙」になってるし。
申し訳ないけど自分には何が面白いのかちょっと理解できませんでした。
7.100名前が無い程度の能力削除
あなたの読者置いて行きップリに惚れましたw
今時の若い子とかもうわかりようがないじゃんこのネタッ!
そら魔理沙も思わず魔梨沙になるってもんだ。靈夢だって陰陽玉の真の力を解放してしまうかもしれない。
登場キャラのみならず話もすっごいカオス。その内きっと地球も割れる。なんなのよ~。

……でもゴメンナサイ。YuugenMaganに投票はしないのです……。
8.100謳魚削除
ごめん……投票完了した後にこのSS拝見したんだ……。
代わりと言っちゃなんだけれど人形劇で使うよ。絶対。
取り敢えず悠玄真眼たんへの想いだけは把握しました。
10.無評価名前が無い程度の能力削除
うふふ魔梨沙ktkr!
旧作ネタが通じない人がいるって悲しいですね。
12.90名前が無い程度の能力削除
なんだこの酷いSSは(ほめ言葉)。とりあえずおっさん向けのパロディおいしいです。
13.80名前が無い程度の能力削除
なんてこった!とっくに投票しちまったぜ!!
旧作やったことないけど、スクショで見たYuugenMaganは可愛いと思ったのは秘密

うん、そんな新参だけどうふふ魔梨沙は結構有名だと思ってた
15.無評価名前が無い程度の能力削除
1コメの者ですが・・・、
ちくしょう、作者様の思い入れに気づけませんでした。
今からでもプラス点を入れなおしたいけど、
ルール的に駄目だと思っているので気持ちだけですがどうぞ。

つ+40点
16.80名前が無い程度の能力削除
このネタで勝負しようと思った貴方の愛は本物ですw
だが私はコンガラ様を愛して居るんだ、すまない!
地霊伝では魅魔様と共に復活しないかと思ったのですがね。
今日から祈祷に幽幻魔眼様の名前も入れておこう。
さて…三人復活の祈りを捧げてくるよ。
17.90名前が無い程度の能力削除
これは良い。
しかし自分はキクリ派なんだ……
19.80名前が無い程度の能力削除
シンギョクばかやろうな、もとい心底ばかやろうな作品をありがとう(誉め言葉
21.100名前が無い程度の能力削除
ごめんね、ごめんね
おいら明羅派なんだ……
でも作品からはすごく愛を感じたので投票の代わりに100点置いていきますね
23.70名前が無い程度の能力削除
(無)UGENでしか知らないの。ごめんね。
24.100名前が無い程度の能力削除
す、すまない。
サリエル様派なんだ…
代わりに100点を送るよ。
25.100名前が無い程度の能力削除
すまぬ、すまぬ、神綺様派なんだ……
27.無評価名前が無い程度の能力削除
すまぬ…
幽香様派なんだ…
28.70名前が無い程度の能力削除
オチツ・ケーネ
30.100名前が無い程度の能力削除
おおっと点数入れてなかった
32.100名前が無い程度の能力削除
マジつまんねえな
ちょっとユウゲンマガンに投票してくる
34.100名前が無い程度の能力削除
これはまたずいぶんと特殊な派閥だなw
名前の使い方もうまいし、いい具合にカオスだ。
ああ、旧作キャラで投票したのは幽香だけどな!
36.無評価毛玉おにぎり削除
予想外の派閥にビックリしました。 特にキクリ派の益荒男さん。


2. & 15. 名前が無い程度の能力さん
あ、お読み下さりありがとうございます。
ええ、その通りです。 折角ユウゲンマガンたんを出すんで、折角だと思って。
魔梨沙の名前を呼んでいるキャラをよぉ~く見てみると……?

3. 名前が無い程度の能力さん
嗚呼、やっぱり……もうやるならとことん突っ切って行こうと思って色んなネタ混ぜました。
折角ですし、幾つか分かり辛いネタの解説でも。


「イイダローコレ(ry」
EDWINのCMより

「迷わず行けよ。 行けば分かるさ」
一休さんの名台詞(?)より

「へ!? あんたら幻想郷の住民なのに、あのMr.Terchを(ry」
AV機器板のヘッドホンスレで今も語り継がれる偉大なお方。

「きりさめじいさん&ちびまりさんの術」
がんばれゴエモン3の裏技より。 ヤドカリ~♪
ラスボスの名前は獅子重禄兵衛(ししじゅうろくべえ)

「ズバッと解決しにきたの」
色んな奴を日本では二番目にしてきたお方。 ≒V3

「腰回りに敷き詰められたブロック」
靈異伝より。

「イカロ」
知らないままでいて下さい。

「二億四千万の瞳」
ひろみでGO!

「出版社側の都合」
発刊された本を借りて読んでみたら砂糖吐きそうでしたがなんてことなかったぜです。

「魅魔様に買っちゃった♪(ry」
夢時空の迷台詞より。

「清水のおかっぱ少女」
ヒント:ちび○子ちゃん

「恋ノチカラ」
えんぴつねずみ。 キラキラ☆


……うん、はっちゃけすぎましたね。 次回からちゃんと通常営業します。


7. 名前が無い程度の能力
……無理強いはしません。
着いてきてくれて本当にお疲れ様でした。

8. 謳魚さん
是非ユウゲンマたんを育ててあげて下さい。 Lv100まで。

10. 名前が無い程度の能力さん
覚悟完了していた自分に隙はなかった。

12. 名前が無い程度の能力さん
おそまつさまでした^q^

13. 名前が無い程度の能力さん
ですよねー。
血走ってるっぽいけどあれが一生懸命動いてると思うと堪らないですよね。

16. 名前が無い程度の能力さん
ぶっちゃけ賭けでした。
コンガラ様、同じく地霊殿で出るかなーと思いましたが……まぁ、儚い夢でした。
コンガラ様はヒトガタな上、設定の無い状態なんでSSにするのもキツそうですよねぇ……
っと、このままだと長くなるんでこの辺で。 ありがとうございました。

17. 名前が無い程度の能力さん
その発想は無かった。

19. 名前が無い程度の能力さん
山田さん、博麗アミュレット一枚あげて。

21.名前が無い程度の能力さん
あ、ありがとうございます。
昔読んだ、明羅と妖夢の妖怪ハンターみたいなお話は面白かったです。
あれ作品集のどこだったっけ……?

23. 名前が無い程度の能力さん
デススター様とユウゲンマガンたんって似てますよね。

24. 名前が無い程度の能力さん
それならしょうがない。

25. 名前が無い程度の能力さん
それもしょうがないな。

27. & 30.(?) 名前が無い程度の能力さん
寝間着姿の方ですね。 わかります。

28. 名前が無い程度の能力さん
オツ・ケーネ

32. 名前が無い程度の能力さん
あ、ありがとうございます。 1位は無理でもせめて旧作中1~2位くらいだったら嬉しいです。

34. 名前が無い程度の能力さん
世界は広かった。
サリエル、コンガラ様派はともかく、キクリ派は初めて聞きました。


ちょっとコンガラ様派と派閥組んできます。
38.80名前が無い程度の能力削除
念の為にいっておくと、魔梨沙の梨は神主の誤植の可能性大ということで
ギャグだし、それすらもネタとして使ったんだろうし問題はないっすけどね
旧作オンリーSSはやったが靈異伝は手付かずじゃった、先越されたよこんちくしょう
40.100名前が無い程度の能力削除
      (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   い  幽 た
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、   い  幻 ま
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)  よ  魔 に
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  ね 眼 は
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! も
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


でもごめん……俺、小兎姫派なんだ……
41.無評価毛玉おにぎり削除
38. 名前が無い程度の能力さん
あー……え~っと……今度アルカノイドやろう。

40. 名前が無い程度の能力
小兎姫と輝夜の絡みとか、どうでしょう?
45.90名前が無い程度の能力削除
イビルアイ∑たんとの絡みが見たいです
47.無評価毛玉おにぎり削除
45.名前が無い程度の能力さん
ああ、分かります。 なんかお似合いの二人(人?)ですよね。
是非幸せになって頂きたいです。
48.90名前が無い程度の能力削除
なるほど・・・これが混沌か。
ちなみに神綺さま派ですww
49.無評価毛玉おにぎり削除
48.名前が無い程度の能力さん
宜しい、ならば同盟だ。
51.100名前が無い程度の能力削除
旧作が愛されていることがよく分かりますね。
エリーかわいいよ、エリー。
52.90名前が無い程度の能力削除
初っぱなから飛ばしすぎww腹痛いww
だけどごめんな、俺ユキ&マイ派なんだ……

あ、でも香霖堂はちゃんと発売するそうですよ! やったね霖ちゃん!
53.100名前が無い程度の能力削除
未だにオンリーワンというところが素晴らしい……
54.80名前が無い程度の能力削除
このタイトルの吸引力である。