Coolier - 新生・東方創想話

それは音無き雪の日

2008/10/26 16:15:23
最終更新
サイズ
19.07KB
ページ数
1
閲覧数
320
評価数
3/12
POINT
590
Rate
9.46
「あんたを作った人に会いたいかい?」



――――――――――――――――――――――――――――――――――



 今日は平和だ。いんや、間違えた。今日も平和だ。
 吹き抜けるような空を見て、そんな平和な幻想郷を体で感じる。
 もう秋もそろそろ終わりだな。
 紅葉もとっくに終わって、地面に落ちている葉っぱは枯れ始めている。

 これから寒い冬がやってくるのか。
 ふう、と息が白くなるような溜息をつく。
 まだ白くならないな、これからもっと寒くなるのか。
 あたいは嫌だな。寒いのは嫌いなんだ。
 
 さてと、今日はどこへ行こうか。
 今日も魂を運ぶ仕事をちょっと休憩して、幻想郷をぶらぶらしている。
 昼寝をする気分にはならないね。
 それに、昨日、昼寝の現場を四季様に見つかったしな。
 そうだな、今まで行っていなかったところに行ってみようか。
 面白いものがあったらもうけもんだ。

 枯れた木々の間を抜けていくと、やっぱりもう秋は終わるという実感がする。
 サボるっていうのはいいな。いつもと違う何かが見つかりそうだ。
 大丈夫、バレても何とかなるさ、 四季様に見つかっても、あたいは大丈夫。
 鎌をぶんぶん振りまわして、林を抜けていった。


 思えば遠くへ来たものだ。幻想郷を横断しているんじゃないかな。
 まあ、あたいの能力を使えばすぐに戻れるさ。

 さて、と。ここはどこだろう。
 なんだか、瘴気が漂っているような気がする。やばいんじゃないか。
 でも、ここで引き返しても仕事に戻るしかないし。
 ううん、面白そうだから、行ってみようか。


 うわあ、なんだこれ。
 目の前には白い、小さな花が咲き乱れていた。
 鈴蘭ばかりじゃないか。瘴気の正体はこれか。
 これはやばいな、毒が辺りに充満してる。
 鈴蘭が畑になるほど集まるなんて、あたいも初めて見たよ。
 ここに入ろうか、どうしよう。

 あまりの事態に、あたいは立ち止った。
 毒が充満しているところにわざわざ入るなんて、無謀だ。
 毒だけじゃない。ここには入っちゃいけない、そんな雰囲気もするし。

 でも、せっかくだから、あたいは入ることを選ぶな。
 誰かが怒ったら、すみませんでした、でいいんだ。
 そう決めて、畑に足を踏み入れていった。

 普通の人間なら入っちゃいけない場所なんだろう。
 それはあたいでもあんまり変わらない。
 でも、なんでだろう。
 奥に進むほど、すごく、ほっとするような、そんな気持ちもするんだ。




 遠くに何かの影を見た。生き物、人間、妖怪?
 どれをとっても、この毒の充満する場所にはいられないだろうな。
 ひょっとしたら、毒を操る妖怪とか。
 それしかないな。

 「おーい」
 声をかけてみた。お、影が動いた。
 少し待ってみたけど、返事が無い。でも、影がさらに動く雰囲気もない。
 こりゃ、あたいが行かなきゃダメみたいだね。


 近くに寄ってみたら、それが小さな人間だと気付いた。
 人間は私のことをじっと見ていた。
 ふうん、まさか人間がこんなところにいるとはねえ。
 白い顔をしているけど、元々みたいだし。
 それに、着ている服もずいぶんいい服みたいじゃないか。
 決めた。この子は嬢ちゃんと呼ぼう。
 それが一番ふさわしい呼び方だ、そう思う。顔つきもお嬢様だ。

「嬢ちゃん、こんなところにいて大丈夫かい?」

 ちょっと遠くからもう一度、話しかけてみた。
 すると、嬢ちゃんは少し間を置いてから頷いた。

「うん、私は鈴蘭の毒も平気よ」

 へえ、これが毒だって知っているんだな。
 結構長いこと、ここにいるのかもしれないな。

「あの、お姉ちゃん、だれ?」
「うん?あたいかい?」

 嬢ちゃんはおずおずと私に尋ねてきた。不安、なのかね。
 そういや、あたいとの身長差はかなりある。
 ちょっと威圧しているかもしれない。


 自分の職業を簡単に名乗ってもいいものなのかね。ふと考えてみる。
 子供にゃ、ちょっとあたいの仕事が怖いと思うのかもしれない。
 まあ、いっか。子供だし、案外面白がってくれるかも。
 思考破棄。

「あたいは小野塚小町。死神さ」
「死神?」
「ほら、鎌持ってるだろ?」
「あ、本当だ」

 お、本当に怖がらない。意外だ。
 嬢ちゃんは初めて笑った。やっぱり不思議な譲ちゃんだ。

「嬢ちゃんはなんていうんだい?」
「私はね、メディスン・メランコリー。人形よ」

 ああ、人形。その線は考えてなかったね。
 なるほど、人形なら毒も効かない。

 あたい達は鈴蘭畑の少し外れのほうに腰をおろした。
 鈴蘭の毒は絶えないけど、それでも少しはマシだと思う。

「お姉ちゃん、どうしてここに来たの?」
「うん?」

 これは予想外の質問。この質問には答えるべきだね。
 あ、サボりとは言えないな。
 頭をかきながら質問に答える。

「今日は仕事がたまたま休みでね、散歩してたら面白そうだな、と思って来たのさ」

 9割9分本当の話だから、後ろめたくない。後ろめたくないね。
 嬢ちゃんはあたいに興味を持ったようだ。目をきらきら輝かせる。

「死神ってどんな仕事してるの?人の命をとるの?」
「まさか」

 ちょっと吹き出してしまったじゃないか。

「あたいは死んだ人の魂を、閻魔様にところに送るんだ。三途の川を舟で渡してあげるのさ」
「舟ってどんな舟?」
「そんなに大きくないよ。あたいが一人で漕ぐんだから」
「うわあ、結構大変そう」
「まあ、死神の仕事も楽じゃないさ。閻魔様には結構叱られるし」
「閻魔様のために働いているの?」
「そう言えばそうなるかね」

 嬢ちゃんはにこにこしながらあたいの話を聞いてくれている。
 ううん、こうしてみるとますますお嬢様っぽいね。
 それに、なんだかウブさが残っているみたいだし。


 ふと、初めて四季様と出会った時のことを思い出した。
 あの頃のあたいも、まだウブだったんだな。

「は、初めまして!小野塚小町と言います!
 死神としての仕事を、精一杯やっていきます!
 これから、よろしくお願いします!」
「私は四季映姫です。二人で一緒に頑張っていきましょう」
「は、はい!」

 四季様はクスッ、と少し笑った。

「そんなに固くならずに。あなたらしくやっていけばいいんですよ、小町さん」

 今は、きっと四季様の言葉通りにやっているんだ。
 あたいらしく、マイペースに、ね。


 さて、そろそろあたいからも質問するかな。

「嬢ちゃん、嬢ちゃんは人形だよな?」
「うん、そうよ」
「あたい、勝手に動いたりしゃべったりする人形を初めて見たんだ。
 どうしてそうなったか、自分で知っているのかい?」

 結構きつい質問だと思う。
 だけど、嬢ちゃんは笑顔を絶やさないままに答えた。

「うん、ここのスーさん達がね、私に力をくれたの」
「スーさん?ああ、鈴蘭のことか」
「そう。気が付いたら、スーさん達の中で寝転がっていたのよ」

 ふうん。そんなことがあるもんなのかね。
 まあ、ここは幻想郷だし、深いことは気にしないでおこう。



 さて、そろそろ帰ろうか。
 いつの間にか太陽が地平線に落ち始めている。
 さすがに帰らないと四季様にばれるだろうな。

 「よっ」、と鎌を持って立ち上がると、嬢ちゃんがふいに訊いてきた。

「帰るの?」

 嬢ちゃんが少し寂しそうに私を見つめる。
 ううん、ますます子供っぽい。

「そうだね。暗くなる前に帰らないと、道に迷うかもしれないし」
「そっか、そうだよね」

 嬢ちゃんはちょっと俯いてしまった。
 そんな寂しそうにしないでくれよ。困るじゃないか。
 仕方ないね。

「大丈夫さ。また来るよ」

 それを聞いた嬢ちゃんの顔が、ぱあっと輝く。
 ううん、純粋っていうか、わかりやすいっていうか。
 本当にお嬢様だね。


 嬢ちゃんはあたいの姿が見えなくなるまで手を振っていた。
 そこまでは、なんとなく、能力を使いたくなかった。


 幸い、四季様にはバレていないらしいな。
 さて、ちょっとだけ仕事して、今日は寝るとしよう。


 そのうち、また鈴蘭畑に行こうか。




 それからあたいは時々嬢ちゃんの所へ行くようになった。
 話すのは他愛もないこと。天気の話だとか、あたいの仕事のこととか。
 時々愚痴をこぼしたりしているけど、嬢ちゃんはいつもにこにこして聞いてくれる。

 秋が終わっていくけど、あたいは寂しくなかった。
 鈴蘭はずっと、そこに咲いているから。





 今日はひどく冷える日だ。
 あたいにとっちゃあ、寒い日なんてどれも変わらないけどね。
 でも今日はなんだか一段と冷える。


 だけど、どうしてだろうね。
 この鈴蘭畑に来るとなんだか、あったかい場所にいる気になるんだ。
 毒のせいじゃないと思うけど、なんかあるんだろう。

「だから今日もお仕事が休みなの?」
「そうさ。寒いから閻魔様も働きたくないんだ、きっと」

 嬢ちゃんは、ふふふ、と笑った。
 さすがにあたいがサボっていることはわかってきたみたいだ。

 こうやって嬢ちゃんと隣り合って座っていると、この嬢ちゃんはやっぱり子供だと思うね。
 喜怒哀楽の表現がわかりやすい。
 この前もちょっと背が小さいことをからかったら、頬を膨らませて怒ってた。

「いくら寒いからって、五日に二日休んだりする?」
「それはさすがにないね」

 いい加減、サボりだと認めようか。

「閻魔様はねえ、まじめな性格だから、結構頑張っちゃうんだね。
 まあ、それはいいんだけど、困るのは部下のあたいなんだよ。
 上司に振り回される部下っていうのも楽じゃないもんさ」
「お姉ちゃんがマイペースすぎるんじゃない?」
「嬢ちゃん、あたいもやるときはやるよ」
「いつもやってくれてると、閻魔様も助かると思うわ」
「いいのさ。閻魔様もあんまりたくさんの魂が来ると困るからな」
「そうやって言い訳するー」

 嬢ちゃんは軽く私の腕を叩いた。
 うわあ、と大げさに言って、仰向けに倒れこむ。

 空が見える。

 ふいに嬢ちゃんが呟いた。

「お姉ちゃん、嬉しそうね」
「そりゃそうさ。こういう時間だって大切なんだ」
「ううん、そうじゃなくて」

 嬢ちゃんの顔が見えない。
 それでも起き上がる気にはならないね、不思議と。

「いつも、閻魔様の愚痴をこぼしてるけど、その時のお姉ちゃんの顔、笑ってるよ」
「そうかい、そりゃ全然気づかなかったな」

 そんな嬉しそうにしてたっけな、あたい。

「お姉ちゃん、その閻魔様が好きなのよ、きっと」
「そう見えるかい?」
「うん、絶対そう思う」

 やれやれ、嬢ちゃんに見抜かれるようじゃあ、あたいもまだまだだね。

「そうさ。あたいの上司の閻魔様はね、最高の閻魔様だとあたいは思ってる。
 他の人がなんと言おうとね」
「そうなんだ」

 嬢ちゃんがあたいの顔を覗き込む。あたいの目と合う。
 嬢ちゃん、あたいは嘘なんかついちゃいない。

 確かに四季様は真面目すぎると思う。
 だけど、そこがあたいは大好きなんだ。


 嬢ちゃんはあたいの顔を覗き込むのをやめた。

「閻魔様が、好きなのね」

 何となく、違和感を覚える独り言だな。

「私、雪の日にここに捨てられたのよ」

 初めて聞く話だ。

「私を作った人が、ここに捨てて、それでいなくなったの。
 すごく昔の話だって、スーさんたちが言ってた」

 ふうん、なんだかありそうで、ありそうな話だね。
 ちょっと、雪の中に捨てられた一体の人形を想像してみる。

 すごく、悲しい絵が浮かんできて、急いでそれを打ち消した。
 何考えてるんだ。嬢ちゃんは今、こうして楽しく暮らしてるじゃないか。
 むう、と、頭を振ってみる。

「どうしたのお姉ちゃん」
「ん、なんでもないさ」

 仰向けに寝てるから、嬢ちゃんの後姿は見えても顔は見えない。
 見えなくてもいいか。

 ふう、と息を吐いてみる。真っ白に染まって、流れていった。
 これを訊くべきかどうか、迷う。
 でも、いつかは訊かなきゃいけないんじゃないか、とも思う。
 それが今でも先でも、あんまり変わらないんじゃないかな。
 だったら、今訊いてしまってもいいね。

 決めた。

「嬢ちゃん」

 嬢ちゃんは振り向かない。
 そっちのほうがやりやすいか。

「あんたを作った人に会いたいかい?」

 少し間があいた。鈴蘭の花の匂いが鼻をつく。
 それからちょっとして、嬢ちゃんは答えた。

「・・・わからないや」

 そう言って、嬢ちゃんは振り返る。
 いつもの可愛い笑顔じゃなくて、ちょっと寂しい微笑み、だと思う。

 あたいはそれ以上訊くことができなくなった。
 その代わり、嬢ちゃんの顔に背を向けてごろんと寝がえりをうった。




 とうとう幻想郷にも雪が降り始めた。
 寒いのは嫌だけど、雪は好きだ。
 なんていうのかね、こう、ゆっくりと優しく降りてきて、柔らかく積もっていく。
 それを見てるだけで、体は冷たいけど、心は温かくなるじゃないか。
 あたいの船に乗る魂たちと雪の話はよくするんだ。

 今年初めての雪の日は、一日中仕事だった。
 なんだかんだ言って、あたい、結構やるんだよ、死神なんだから。

 だけど、疲れた。明日は鈴蘭畑へ行こう。



 今日も雪が降っている。
 ううん、雪が降るのはいいんだけど、この寒さは何とかできないかね。
 まあ、寒くなきゃ雪は降らないからな。
 林の木の葉っぱも完全に落ちてしまった。なんだか、寂しい光景だな。

 やっぱり、鈴蘭畑のほうも雪が積もってるみたいだね。
 鈴蘭は多年草みたいだけど、さすがに毒が少し薄くなってる。
 鈴蘭がほとんど見えなくて、あたり一面雪だらけ。
 白銀の世界ってこういうことを言うんだな。

 あたいは鈴蘭畑に足を踏み入れようとして、遠くに見える影に気がついた。
 嬢ちゃん、だよな?

 駆け寄ろうと思ったその時、信じられないものを聞いた。

 赤ん坊の泣き声。

 違う。赤ん坊の泣き声なんかじゃない。
 嬢ちゃんが泣いてるんだ。


 少しだけ、近くに行ってみると、
 雪が降る中で譲ちゃんが一人佇んで、泣き声をあげていた。
 ずっと、ずっと。

 あたいはそれ以上近寄れない。
 近づいちゃいけない気がするんだ。

 あたいと嬢ちゃんの距離はすごく、遠く感じる。
 あたいは距離を操れるのにな。おかしな話だね。

 情けない。
 そこで泣いてる嬢ちゃんがいて、ただ見ているあたいがいる。
 だけど、あたいには何もできないんだろうな。


 あたいは嬢ちゃんに気付かれないように、そっと鈴蘭畑を離れた。
 早く雪が止めばいいんだ。初めてそう思ったな。




 やっぱり四季様にはサボっているのがばれた。
 早く戻りすぎたみたいだな。
 今、四季様の大好きなお説教をありがたく聞いているところさ。

「大体、あなたは休みすぎです。
 あなたらしく、とは言いましたけれど、それでも五日中二日は多すぎます。
 もうちょっと真面目にやってほしいものです。
 魂を長い時間待たせるのは、失礼というものでしょう」

 ううん、長い。
 聞いているうちにこっくりこっくりしていたら、あの棒で叩かれた。

「きゃん!」
「ちゃんと話を聞いていなさい。全く、小町は優秀な死神なのに、もったいない」
「すみませんー」

 四季様は諦めたらしい。

「もういいわ、早く仕事に戻りなさい。サボった分まできっちりと働くのよ」
「へいへいー」

 四季様は自分の仕事に戻っていった。
 自分の仕事を中断してまであたいにお説教するのが、いかにも四季様らしいね。
 あたいも適当な返事をしているけど、まあ、やってやろうじゃないの。


 雪は止まない。魂を舟に乗せていく。これがあたいの仕事。

 だけど、どうしてだろうな。今日は鎌が重く感じられる。
 いつも持っているのにね。あたいも、もう歳かな?それに、三途の川も広くなったかな?
 なんて余計なことを考えている場合じゃない。
 あたいは舟を漕ぎだした。


 今日の仕事は終わり。あたいも結構頑張ったね。
 冬だから日が暮れるのも早い。もう夜だ。
 現世側に魂がいないことを確認して、四季様のところに戻る。
 四季様も、三途の川の岸で嬉しそうな顔であたいを迎えてくれた。
 その笑顔は反則ですよ、四季様。

「今日もよく頑張ってくれましたね、小町」
「まあ、お説教の効果ですかねー」
「それが毎日続けばいいのだけど」

 また小言ですか。
 舟から降りて、四季様と一緒に戻る。

 歩いていたら、四季様の帽子に雪の粒が降りてきた。
 結局、今日は一日中雪が止むことはなかったな。


 それで思い出した。

「四季様、頑張った代わりに一つ、訊いてもいいですか?」
「・・・?ええ、いいわ」

 四季様は不思議そうな顔であたいを見る。
 頑張った代わり、と言ったのはちゃんと理由があるんだ。

 雪の中で一人、泣き続ける嬢ちゃんの姿が目に浮かぶ。

「自分がどうして生を受けたか、わからないまま死んだ人がいたとしたら、
 四季様はどういう判断をします?」
「それは、私の仕事として、ということ?」
「そうです」

 答えを聞くのが少し、怖い。

「・・・もちろん、黒です」

 四季様はもうあたいの顔を見ていなかった。

 やっぱりそうなんだな。
 だけど。
 この時だけは、四季様の能力の高さを少し、恨んだ。




 また今日も雪が降っている。今日は真面目に仕事をやろうか。
 あたいは雪が降らない日に嬢ちゃんのところに行った。
 幻想郷では雪が降らない日のほうが少ない。
 そうだな、五日中三日は雪が降る。


 初めて雪が降ってから、もう大体1ヶ月くらい経つかな。
 今日は少し曇っているけど、雪が降るほどじゃないかね。

 嬢ちゃんのところに行こうか。

 鈴蘭畑に足を踏み入れる。雪が解けないで残っている。
 最近、温かいけど、ずっとここにいちゃいけない、そんな気もする。
 それは毒のせいだけじゃない、きっと。

 嬢ちゃんはいつものように畑の少し外れのほうに座っていた。
 あたいが来るときは、いっつも嬉しそうに笑っているんだ。
 そう言えば、嬢ちゃんの服も、全然変わっていない。

「もう一月ね」
「そうだな、本格的な冬ってやつだ」
「でも、あとふた月我慢すれば春よ」
「そうだな、春が早くやってくれば暖かくて、あたいも助かるんだけどね」

「外の春ってどんな感じなのかしら?」
「うん?嬢ちゃん、外に行ったことがないのかい?」
「あまりないわ。私、ほとんどこの鈴蘭畑にいるから」

 わかるような気がするね。いや、同情じゃない。

「そうだな、外の春はきれいだね。
 桜が咲き乱れて、暖かい風が吹いて、桜が散って。
 それで夏草が生え始めて、段々と暑い夏になっていくんだ」

 何度も見た光景だから、嫌でも思い出せる。

「嬢ちゃん、外に行きたいと思うかい?」
「ちょっとはね」

 ううん、曖昧な答えだな。

「なんか夢でもあるのかい?」

 そう訊くと、嬢ちゃんは恥ずかしそうに、ふふ、と笑った。
 手を口に当てる仕草も、子供っぽくてお嬢ちゃんっぽいな。

「私、ほら、人形でしょ?」

 ああ、そうだった。嬢ちゃんは人形なんだっけ。
 頭をかく。

「でも、私は捨てられた。
 もう、そんな悲しい人形がないようにね、人形解放することが夢、かしら」


 どうしようもない、な。
 その時、あたいはそう感じた。

 どうしようもなく、嬢ちゃんとあたいの距離は遠い。
 そういう気がする、じゃない。遠い。

 だからあの雪の日、嬢ちゃんに話しかけられなかったんだ。




「ほら、舟に乗りな。

 ん?お金がそんなに無いって?
 いいって。どうせあたいは今日、これで終わりなんだ。
 運が良かったじゃないか、ちゃんと向こうまで連れてくよ。

 あんた、昔は何してたんだい?
 へえ、雑貨屋か。それも自分で作ってたのかい。
 器用な人なんだな、羨ましいよ。

 ん、どうしたんだい、黙っちゃって。
 いいって、あたいが聞くよ、遠慮しなくていいって。

 ふうん、後悔していることがあるのか。

 女の子の人形を作ってたんだ。本当に器用だねえ。

 捨てたのかい。

 鈴蘭畑に。

 雪の日・・・?


 え、ううん、いや、なんでもない。あたいは大丈夫さ。

 そうか、それは赤ん坊の代わりだったんだね。
 それから、本当の赤ん坊が生まれたのかい?
 うん、それは良かった。本当に良かったなあ。

 でも、その赤ん坊が人形を嫌がったのか。
 だから、捨てるしかなかったのかい。

 そりゃ・・・仕方ないね・・・」




 もう三月だ。今日は雪が降ってないけど、空は曇っている。まだまだ寒い。

「小町、今日は休みよ」
「そうでしたっけ」

 舟を漕ぎだそうとするあたいに四季様があわてて駆け寄ってきた。
 そうか、今日は休みだっけな。

 あたいは舟を岸につけてから降りた。
 四季様がいつもより小さく見えるね。

「こんなに寒くなかったら、あなたとどこかに出かけられたのに」
「はは、そうですね。春になったらピクニックでも行きましょうか」
「そうね、暖かくなったら一緒に行こうかしら」

 ううん、仕事の時じゃない四季様は可愛いね。

「そうですね。じゃ、今日はあたい、ゆっくり寝るとします」
「わかったわ。じゃあ、また明日」

 四季様は手を振りながら帰っていく。
 あたいも、四季様の姿が見えなくなるまで手を振る。

 すみません、四季様。あたい、今日はゆっくり寝ないんです。




 鈴蘭畑に向かう。
 少しずつ、枯れた木に緑色の小さなふくらみが見える。
 そのうち、葉っぱが生えてくるんだろう。
 こうして木だって、生まれているのに、な。

 ふう、なんでこんなに感傷的なんだろう。

 ちらほらと雪が降ってきた。だけど、今更帰れない。
 なんだか、お天道様が今日は意地悪だね。


 鈴蘭畑に雪は積もっていなかった。
 向こうに影が見える。あたいは腰をおろした。
 ここで座ったら嬢ちゃんからも見えないだろうな。
 あたいも嬢ちゃんに背を向けている。


 泣き声が聞こえてきた。
 嬢ちゃんの泣き声だ。あの日と同じで。

 たった一人の泣き声。
 傷つきやすい、赤ん坊の泣き声だ。



 本当は、最初から知っていたんだ。
 あたいと嬢ちゃんが出会った日から、ずっと知っていた。

 嬢ちゃんの寿命が見えないから。
 人間でも妖怪でも、あたいにはその寿命が見えるんだ。


 嬢ちゃん。

 もともと、嬢ちゃんは生まれるはずのなかった子供なんだ。
 でも、あんたは自分のことを人形だと思ってる。

 違う。

 嬢ちゃんは赤ん坊さ。



 雪の粒があたいの目の前を通り過ぎていった。
 あたいは、それを掌で受け止める。

 知ってるかい?
 小さな、白い粒。

 あたいも、嬢ちゃんも、この小さい粒なんだ。

 ゆっくりと、雪が溶けていく。
 溶けて、どこかへ消えてしまった。


 ずっと、いままで、嬢ちゃんは雪が降る日、一人で泣いていたんだろうな。
 そして、これからも、一人で泣くんだろうな。

 あたいはただ、ここで聞くだけさ。










 それは音無き雪の日。

 儚い雪の粒を掴むは白い手。
最初の小町のセリフが全てです。
感動ものでも、ギャグものでも、ほのぼのものでもないものを目指しました。
なので、盛り上がりも(意図的に)欠けています。

その中で、何か感じてくれるものがあれば、幸いです。


冬の終わりは春の始まり。少女がそこに見たのは一瞬で永遠の時。
次で、とりあえず「春夏秋冬」はラストです。


10/30 追記
感想ありがとうございます。作者冥利に尽きると思います、ほんと。

で、現在、春夏秋冬シリーズラストを書いているのですが。
詰まっています。いえ、形にはなりましたが、本当に駄作。
色々とスランプのようです。
しばしお待ちを。ここに投稿できるレベルにまでは何とか引き上げます。
コメッド
http://bantenmaru.at.webry.info/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.340簡易評価
2.70煉獄削除
最初はほのぼのとした雰囲気でしたが
後々になるとちょっと悲しくなるような話でしたね。
良い話だったと思います。

誤字?の報告
>譲ちゃん
と、ありますが……正確には嬢ちゃんではないのでしょうか?
3.無評価コメッド削除
>2
はい、嬢ちゃんでした。ほぼすべて間違ってました。
申し訳ありません。
5.90名前が無い程度の能力削除
メディの話は常々読みたいと思っておりましたよ
自分でも書こうと思ってたんですが、どうにもイメージが湧かなくて・・・

でも、これはかなりしっくりきました
考えてみると、メディはなんだかかなり物悲しいイメージを持ってますね
8.90名前が無い程度の能力削除