Coolier - 新生・東方創想話

すれ違う姿、繋がりあう音

2008/07/21 22:40:19
最終更新
サイズ
0.45KB
ページ数
1
閲覧数
308
評価数
5/17
POINT
250
Rate
3.06
私は寂しくない、いつもお姉様たちの演奏が聞こえるから。

私はお姉様達と一緒に奏でる、この琴を。

けして目立てる音ではないけれど、お姉様達に届けばいい。

それが私の幸せ。



私達には聞こえる、琴の音が。

私達の騒がしい演奏があっても、それは聞こえる。

はっきりと。

その音は懐かしく、儚い音。

私達は生まれたときから楽器とともにあった。

生まれたときからこの屋敷にいた。

姿は見えないけれど、いつも感じていた。

懐かしく温かい音を。
すごく短い・・・
はじめは早苗とレイラを描いていたけれど挫折
そのうちがんばろう
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.140簡易評価
1.50名前が無い程度の能力削除
そのうちじゃ書き上げることなんて出来ません・・・。
頑張ってください、待ってみたりしている人がいます。
2.20名前が無い程度の能力削除
うーん…いくらなんでもこれだけの文量では色々と苦しいかと…^^;
短い文量だからダメというのではなくそれに見合うだけの重厚濃密な内容があればそれはそれで評価できるのですが…。
4.10名前が無い程度の能力削除
完結していない内容に評価もなにもない。

点数は、思いつきならチラシの裏にかけという意味で。
6.10名前が無い程度の能力削除
>そのうちがんばろう
つまりこの作品は頑張って無いんですね。よくそんなのを人に見せようと思いましたね。
7.20名前が無い程度の能力削除
ポエムだとおっしゃるなら、まぁそれなりに評価も出来ますが…
やはり後書き部分がいただけません。
熱いうちのインスピレーションも大切ですが、一旦冷まして温めなおす工夫も大切ですよ。

厳しいようですが、今回はこの点数で。
10.無評価名前が無い程度の能力削除
短い話というより
話を途中で打ち切ったみたいなんですが・・・