Coolier - 新生・東方創想話

『かみさま』(風神録ネタバレ)

2007/10/15 12:56:07
最終更新
サイズ
18.61KB
ページ数
1
閲覧数
685
評価数
10/48
POINT
2470
Rate
10.18

分類タグ


ご注意。
風神録のネタバレを含みます。












0


 部屋の窓に取り付けたままだった風鈴が小さく揺れる。澄んだ音色が部屋に満ちて、遠く聞こえて来る工場の機械音と混ざり合って消えていく。
 微かな音色が響き続ける昼下がり。差し込んでくる陽光はとても暖かで、頬を撫でる風はとても優しい。
 小さく、風鈴が揺れる。
 ふと、ある事を思い付いて布団から起き上がると、机の上に出したまま仕舞い忘れていたノートを手に取った。そして、軽く風鈴を扇ぐ。
 小さく、風鈴が揺れる。
 こんな簡単な事で風は生まれ、風鈴は揺れて、澄んだ透明な音色が響いていく。
 胸の奥が痛む。
「……馬鹿みたいだ」
 ノートを机の上へと放り投げて、再び布団の中へと潜る。
 小さく、風鈴が揺れる。
「……」
 自分の力に自信を持っていた。私は選ばれた人間なのだと思っていた。少なからずあの場所では、私は『かみさま』だった。
「……本当、馬鹿みたい」
 でも、違った。
 私は特別なんかじゃない。『かみさま』なんかじゃない。

 ただの、人間だったのだ。


1


 コップに注がれた酒を無理矢理飲まされて、数分もしない内に吐いた。
 周囲の者達は皆笑っていて、誰も心配などしてくれない。苦しい。気持ち悪い。助けを求めて視線を巡らせると、遥か遠くで楽しそうにしている神奈子の姿が見えて、私は開き掛けた口を閉じた。あんな楽しそうな表情をしている彼女を見たのは、山での宴会が開かれるようになってからだった。だからこそ、何も言えなくなってしまった。
 宴会の中心から離れた所で吐けた事だけは幸運だったかな、などと暗い気持ちで思いながら、服のすそが汚れるのも構わずに口を拭う。もうこの場所に居続ける気も、体力も無い。しつこく絡んでくる河童や天狗達へとどうにか笑みで言葉を返して、私は逃げるように神社へと戻った。
 静かな、何も変わっていない神社に戻ってきた途端、涙が出た。
 ここ最近、こんな状態が毎日のように続いていている。何が楽しい宴会だ。あんなのは苦痛なだけじゃないか。
「……」
 だけど、文句は言えない。あの宴会のお蔭で神奈子への信仰は復活してきているし、神奈子自身への信頼も増している。恐らく私も、以前のように疎まれたりはしていないだろう。この状況は、最も望むべきものだった。
 だから、何も言えない。幻想郷にまでやって来て、漸く事態が好転したのだ。私一人が感じている苦痛なんて黙って我慢していれば良いだけの事。それだけの事だ。
「……っ」
 止まりそうもない涙を拭い、しゃくり上げそうになるのを必死に耐えて歩き出す。離れの近くにある井戸で口を漱いで、冷たい水で何度も顔を洗ったら、少しだけ落ち着いた。
 自室へと戻って着替えを用意し、風呂場へ向かう。その道中、河童が再び使えるようにしてくれた給湯器が時たま異常な火力になる事を思い出し、落ち着いて風呂にすら入れないのかと思ったら、再び気分が沈み始めた。でも、だからって今更部屋に戻るのも惨め過ぎる。何もかも嫌になりながら歩いて行くと、風呂場の照明が灯っている事に気付いた。
「……誰か、居る?」
 私の立つ廊下と脱衣所を隔てるガラス戸。その曇り硝子の向こうに、何やら妙な存在感を発する物が見える気がする。しかし、薄暗い風呂場の明かりと、手に持った古びた懐中電灯の心許無い灯りではその違和感の正体を見定める事が出来ず、不安な気持ちが急激に高まっていく。ああもう、こんな事なら河童に照明を用意してもらえば良かった!
 最悪が二乗にも三乗にもなるのを感じながら、逃げ出したくなる気持ちを必死に抑え、震えそうになる足を無理矢理前に出して、ゆっくりと引き戸へ手を掛ける。震える指先に強く力を籠めて、勢い良くガラス戸を開いた。
 その先にあるモノが視界に飛び込んでくる前に、反射的に目を瞑り……しかし、何も起こらない。恐い。でも、確認しなければいけない。
 ゆっくりとゆっくりと、少しずつ目を開いて――見開かれた、巨大な二つの目玉と目が合った。
「ひッ!」
 予期せぬ存在に思わず悲鳴が漏れる。薄暗い中、二つの目玉は私をしっかりと見据え――
「……何やってるの?」
 不思議そうな声と共に風呂場の扉が開かれたと思うと、湯煙の中から洩矢・諏訪子が現れて、彼女愛用の帽子が棚からぽとりと落っこちた。



「……びっくりするから、外に向けて帽子を脱がないで下さい……」
「いやねぇ、ちょっとしたお茶目じゃない」
「いえ、そのお茶目でこっちは心臓止まりそうになったんですから……」
 想像してみて欲しい。薄らぼんやりとした闇の中、蛙を模したあの帽子がこちらをじぃっと見つめてくる様を。正直、凄く恐かった。
 小さくぐちぐち言いながら体を洗い、一般家庭のそれよりかは少しぐらい広いだろう湯船の中に――つまるところ諏訪子の隣に、ゆっくりと体を沈める。先客だった諏訪子が調節してくれていたのか、お湯の温度は丁度良かった。
 日中はまだ暖かくても、朝晩は冷える。冷たくなった指先に走る甘い痺れを感じながら、私は顎の下までお湯に沈み、小さく息を吐いた。
 きもちいい。
 見上げるように視線を隣に移すと、気持ち良さそうな表情をしてお湯に浸かる諏訪子の姿。恐らく私も、彼女みたいに力の抜けた表情をしているに違いない。
 右も左も解らず、相手との種族すら違う事が多い今の状況で、見知った人が――子供の頃から一緒に暮らして来た人が傍に居てくれるのは安心する。こうやって一緒に湯浴みをするのは久しぶりだけれど、凄く落ち着けている自分が居る事に気付いた。
 電灯の変わりに蝋燭を灯した浴室の中は、当たり前のように電気を使えていた頃とは比べ物にならない程に暗い。でも、不思議と悪い気分じゃなかった。
「……漸く笑った」
「え?」
 突然の言葉に驚きながら、沈んでいた体を起こす。姿勢を直しながら諏訪子を見ると、彼女は心配そうな表情を浮かべていて、
「ここ暫く、早苗が自然に笑っていなかったように見えたから。でも、少し安心したわ」
 そう言って、呆ける私を抱き寄せた。
 先にお湯に浸かっていた分、私よりも暖まった肌に包まれる。どう言葉を返して良いか混乱しながらあわあわしていると、優しく髪を撫でられた。それはまるで母親が泣いている子供をあやすかのようで、ちょっとむずがゆく、それでいてとても心地よくて、少し苦しい。
 多分、全部見抜かれていたのだろう。この胸の中で疼く痛みの、全てを。
 だから、自然と口は開いて、
「……私、は、」
 小さく、言葉を紡ぎ出す。
 私は『かみさま』だった。外の世界の現人神。この力が神奈子の神徳によるものだとは解っていたけれど、実際に奇跡を起こせる者は数少ない。その中でも私は優秀で、早い内から巫女となり、『かみさま』になった。
 でも、世界はそんな存在を必要とはしていなかった。
 けど、私を取り巻く世界はそれを必要としていた。
 両親も、親戚も、信者の人達も、私が『かみさま』である事を望んだ。友達と遊ぶ事も、学校へ行く事も、まともにさせては貰えなかった。だって私は『かみさま』だから。奇跡を起こす者だから。
 だから私も自分が『かみさま』なのだと思ってしまった。それが絶え果てた存在だとしても、そうである事を誇りに思ってしまった。私は凄い。私は偉い。私は、私は……そんな風に、馬鹿みたいに。
 でも、それは仕方の無い事だった。私は『かみさま』である自分以外何も知らなかったから。誰も、教えてくれなかったから。
 そうして勘違いの塊となって自信過剰にもなっていた私は、やってきた幻想郷であっさりと負けてしまった。それも、私と同い年位の、私の知らない生き方をしている二人の少女に。
「あんなにもあっさりと、私は……」
 私は、自分が特別な存在なのだと思っていた。だって『かみさま』だから。現人神だから。……でも、そんな子供の我が儘みたいな言い訳は通用しない。幻想郷では空を自在に舞う事も、風や雨を生み出す奇跡すらも、身近な力として存在している。借り物である私の力なんて普通以下なのだろう。私は、自分が特別でも何でもない、ただの人間だという事を思い知らされた。
 だから本当は、神奈子の為に――神様と遊ぶ為に開かれている宴会には同席しない方が良いと、そう思っているのだ。私はただの人間で、妖怪と酒を飲むなんて有り得ない事だろうから。
 それでも、「巫女さんも一緒に」と誘われてしまう以上、断る訳にもいかない。一応これでも、私は神奈子の巫女だ。例え妖怪達との関係が改善されたとしても、神奈子に悪いイメージを持たれてしまうような事は出来ない。
 けど、それももう限界だった。どうやっても、宴会を楽しむ事が出来ないのだ。
「でも……」
 ……と、まだまだ胸の中で疼く苦痛や不満を呟き続ける。子供みたいで嫌になってくるけれど、自分ではもうどうにも出来ない。その間諏訪子はずっと抱き締め続けてくれて、本当はちょっとのぼせそうだったけれど、それを解こうとは思わなかった。
 そしてあらかた愚痴り終えた後、半分泣いている自分に気が付いた。すんすん鼻を鳴らして、溜まった涙を散らすようにぎゅっと目を閉じて、私は諏訪子に抱き付いた。
 そのまま諏訪子に甘えていると、彼女は沈んだ声で、
「……ごめんね、気付いてあげられなくて」
「そんな、話を聞いてもらえただけでも、十分です」
 顔を上げて、不安げな表情を浮かべる諏訪子へと言葉を返す。心配を掛けて、更にはこんな一方的な心情を愚痴り続けたのだ。本当、十分過ぎる。
 それでも諏訪子は心配そうな表情なまま、
「でもね、無理はしないで。早苗が辛いのを我慢してまで神奈子に付き合う必要は無いわ。アイツはそんな事を望んではいないし、私もして欲しくない。それに……早苗が自然に笑えないでいる方が、宴会に出席しないより、よっぽど悪いイメージを持たれてしまうと思わない?」
 宴会の場で辛そうな顔をしている自分と、自然な笑みを浮かべる自分。どちらが好印象かは考えなくても解る。小さく頷くと、諏訪子は私の頭を撫でながら、
「それと、卑屈になりすぎるのは止めなさい」
 咎めるのではなく、優しく言い聞かせるように、諏訪子の声が風呂場に響いていく。
「確かに、この世界では早苗は特別ではなかったかもしれない。でもそれは、他の皆も特別では無いという事でしょ? 巫女も、魔法使いも、天狗も、河童も……それに神奈子や私だって、この幻想郷では特別ではないのよ」
 それを如実に表しているのが、弾幕ごっこという御遊びで出来る勝負事なのだろう。この枠組みにさえ乗っ取っていれば、相手が人間だろうと、妖怪だろうと、神様だろうと――種族の垣根など、一切関係無くなってしまうのだから。 
「でもね、私は早苗を特別な存在だと思ってるわ」
「……どうして、ですか?」
 見上げた先には、優しい微笑み。

「だって貴女は、私の――私と神奈子の巫女なんだから」


2


 次の日。
 この日も宴会が開かれていて、しかしそこに東風谷・早苗の姿は無かった。河童から注がれた酒を呑みながら、八坂・神奈子は神社を出る前に早苗から言われた一言を思い出す。
『私は宴会には行きません。今日は休ませて頂きます』
 妙にさっぱりした顔で言われてしまったから、何も言えずに外へと出てしまった。何があったのだろう。何かしてしまっただろうか。そう思って記憶を辿り――ぴたりと、酒を呑む動きが止まった。
 ……そういえば、最後に早苗と会話をしたのはいつだったかしら。
 ここ数日、山の妖怪達と宴会ばかりしていた。信仰が集ってくるという事もあって、拒絶する理由も無いから、延々と宴会の席に着いていた。その間は妖怪とばかり話をしていたし、帰る頃には夜半過ぎで、いつも先に戻っている早苗は夢の中。日中は神社にやって来る天狗達の相手をする都合もあり、早苗の事は諏訪子に任せてしまっていた。
 そして今日も神社にやってきた妖怪に誘われるまま、和気藹々と会話をしながら外へ出た。当然のように早苗は付いてくるものだと思い込んでいたから、出掛けに彼女から話し掛けて来るまで言葉を交わしていなかった。
 同じ神社で住居を共にして早十年以上。生まれる前から早苗の事を見守ってきたと言うのに、何をやっているんだろう……と思いつつもう一口酒を呑む。悪いという思いはありつつも、しかし上機嫌な気持ちを抑えきる事は出来なかった。
 元居た世界では失われつつあった信仰を、賭け同然に飛び込んだ幻想郷で再び得る事が出来たのだ。これ程喜ばしい事は無い。山の妖怪達との関係も良好だし、この状況が続いていけば、神奈子への信仰は途絶える事無く続いていく事になるだろう。
 思わず顔に笑みが浮かぶ。酒が廻っているからか、舞い上がる気持ちを抑えられない。肴をつまみ、酒を呑む。繰り返される宴会が楽しくて仕方が無い。
 嗚呼、宴会最高。
 と、麓の神社に居座る鬼が大きく頷きそうな事を神奈子が思った時、気難しい顔をした河童がやって来た。酒の席に似つかわしくないその表情に神奈子は疑問を持ちながらも、どうしたんだと問い掛ける。すると河童は、何かを捜し求めるように辺りを窺い、
「八坂様。貴女の所の巫女さんは、今日は来ていないのですかね?」
「早苗の事? あの子なら来て無いわ」
「そうですかい……」
 そう言って河童は腕を組み、何やら考え込んでしまった。一体何のだろうと思いながら杯に残った酒を飲み、元から赤い顔を更に赤くした大天狗から酒を注いでもらい、それを半分程一気に飲み干す。口の中に残る甘さと仄かな辛さに小さく息を吐き、誰かが言った下らない冗談で一笑いした所で、何やら考え続けている河童へと告げる。
「一体何を悩んでいるのよ。早苗に伝えたい事があるなら私から伝えておくから、言ってしまいなさい」
「いや、ですがねぇ……。こればっかりは、直接巫女さんへ謝罪させねぇとなんです」
「謝罪?」
「えぇ、そうです。俺のいねぇ間に、あの馬鹿が、巫女さんに無理をさせちまったんですよ」
 あの馬鹿、という言葉と共に河童が背後を振り返った。その先には、ぽつんと一人、酒も飲まずに正座した若い河童の姿。それを一睨みした後、河童は怒りを抑えられぬ様子で、
「全く、あの馬鹿野郎ときたら……」
 正座させられている若い河童は酒癖が悪かった。それなのに宴会の場では誰よりも多く酒を飲み、笑い、暴れ、誰某構わず絡み、そして最後には記憶を無くしてしまう。それでもまだ笑えるレベルでの暴れ方ではあった為か、周囲の河童達も『またやってる』程度の認識しかしていなかった。まぁ、酒の席には良くある話である。
 そしてここ最近、若い河童のテンションは上がっていた。どうやら早苗の事を気に入ったらしく、神奈子達との宴会が決まった時には誰よりも大はしゃぎし、彼は積極的に早苗へと絡んだ。そして、自分が美味いと思っている度の強い酒を、早苗の意見も聞かずに無理矢理飲ませていたらしい。酒を飲めない早苗はすぐに戻してしまい――しかし次の日には、若い河童はそれを忘れてしまっていた。いや、自分に都合の悪い事だから、忘れた振りをしていただけだったのかもしれない。そうしてここ数日、若い河童は早苗に絡み続けていたのだ。しかもこの宴会は、仕事終わりの天狗や河童が入れ替わり立ち替わりに訪れる大宴会。早苗が絡まれていても、それが連日続いているものだと気付ける者は居なかった。
 そして今日になり、初めて早苗が宴会を欠席した。その時になって漸く、彼女が苦しんでいた事が話題に上ったのである。若い河童の兄貴分である彼は激怒した。
「宴会ってのはみんなが楽しむ場だ。そこに人間も妖怪もねぇんです」
 種族の垣根すら越えて、日常を忘れて一緒に楽しむ宴会――それは神奈子が望んだ信仰の形でもあった。
「でも、だからこそ、無礼は詫びなきゃなんねぇ。例えそうじゃなくとも、俺達河童と人間は盟友でしてね。このまま許しておく訳にはいかねぇんですよ。でも、巫女さんが居ねぇとなると……って、八坂様、聞いてらっしゃいますかい?」
「……」 
 ――それは、神奈子が全く感知していない出来事だった。
 これは楽しい宴会だ。誰も彼も楽しんでいて、自分も楽しんでいて、当然早苗も楽しんでいるものだと思っていた。酒が飲めないと言っていたけれど、そんなものは羞恥から来る謙遜だと勝手に解釈して取り合わなかった。でも実際には違っていて、そんな彼女にも気付かず、神奈子は浮かれ続けていたのだ。
 どうしてそんな事が出来たのか。それは、早苗が文句を言ってこなかったから――
「……違う」
 神奈子が何も聞こうとしなかったからだ。
 自分と同じ感情を、幼い少女が同じように感じているものだとすっかり勘違いしていた。さっきもそうだ。早苗が辛い思いをしていたなんて全く思っていなかったら、宴会の方に気を取られてしまった。
 宴会は――信仰は大切なものだ。それが無ければ神徳が失われ、神奈子は死を迎える。けれど、だからといって蔑ろに出来る程、早苗の存在は軽くない。
「私は馬鹿だ」
 頭から冷や水を浴びせられたかのように、一瞬で酔いが覚めた。
 今こうやって酒を呑み交わす事が出来るのは、神である神奈子が神社を幻想郷へと移動させたからだ。しかし、その神社そのものを維持してきたのは、人間である東風谷の一族に他ならない。所詮神は人を導き、時に力を与えるだけの存在。神社を直接建てたり、管理・維持したりする事は出来ないのだ。
 そして、今日という日まで神奈子が神で在る事が出来たのは、東風谷の一族の信仰と、彼等による布教があったからこそ。世界から信仰がどれだけ失われようとも、彼等は神奈子を信仰し続けてくれていたのだ。
 だというのに、浮かれきった神様はそれを蔑ろにしてしまった。
 普通の人間として得られた筈の幸せを捨ててまで付いて来てくれた早苗に、酷い事をしてしまった。
「……帰ろう」
 小さな呟きと共に立ち上がると、戸惑った表情を浮かべる河童へ「後で話を付ける」と告げて、神奈子は神社への帰路を急いだ。


3


 昨日一晩ですっかり機嫌が戻った私は、諏訪子と一緒にお茶の時間と洒落込んでいた。
 ただの人間だった私は、それでも誰かの特別だった。この手が起こす奇跡は借り物だけれど、巫女である私が神様からお借りしている素晴らしい力なのだ。魔法とか、そういったものとは比べ物にならない。だから憂鬱になる必要は無くて、寧ろ胸を張って生きていかなければいけない――と、風呂から出た後も諏訪子に励まして貰って、私は漸く自信を取り戻し、胸のつっかえも取り除く事が出来ていた。当然全てが綺麗に無くなった訳ではないけれど、もう鬱々と悩む事は無いだろう。
 少しだけ開いた窓の向こうから風が流れて、金木犀の良い香りが漂ってくる。暖かなお茶で体が暖まっている為か、少し眠くなってきた。
 小さく欠伸をして、浮かんだ涙を拭っていると、何故か酷く急いだ様子で神奈子が帰って来た。おかえりなさいと告げる前に腕を引かれ、部屋の外へと引っ張り出される。その必死さに、無自覚に何かやってしまったのかと思い、私は思わず謝ろうとして――口から出掛かっていた謝罪の言葉が、先に神奈子の口から発せられた。
「ごめんね。本当に、ごめん」
「え、ぁ……その、突然どうしたんですか?」
 まさか先に謝罪されると思っていなかったので面食らってしまう。それでも何とか問い掛けると、神奈子は心の底からすまなそうな顔を私に向け、
「私、浮かれていたみたいだわ。だから早苗が苦しんでいる事に気が付けなかった」
「……」
 諏訪子と同じように、神奈子も私の痛みを見抜いていたのだろうか。少々ドキドキしながら続く言葉を聞いてくと、紡がれる言葉は私の予想とは少し違っていた。
 それは宴会の場で受けた苦痛と、それに怒る者達の話。  
 ……いわれて見れば、確かに神奈子と殆ど会話をしていなかった。とはいえ、私自身辛くてそれ所ではなかったから、それは仕方なかったのかもしれない。そんな事を思って、不意に諏訪子の言葉を思い出す。諏訪子は私の事を「私と神奈子の巫女」と言っていた。それは、神奈子も私の事を大切にしてくれているという事を知っていたからなのだろう。
 私は優しい神様に見守られていて幸せだ。そう思い、自然と顔に笑みが浮かぶの感じながら、
「そんなに心配なされなくても大丈夫ですよ。私はこの通り元気ですから」
「でも……」
「漸く信仰を集め出す事が出来たのですから、私の事よりもそちらを優先なさって下さい。それに、数日話をしなかったぐらいでどうにかなってしまうような関係でもありませんよ?」
 生まれる前から一緒にいて、今ではもう家族みたいなものなのだ。相手が忙しいのならコミュニケーションも自重するし、見守れる。
「だから、大丈夫です」
 自信過剰で、自分は凄いと勘違いをし続けていた『かみさま』の私はもう居ないのだから。
 私の言葉に一応の安堵をしたのか、「解ったわ……」と神奈子は漸く表情を和らげた。しかしすぐに思案顔になると、少し何かを考えてから、
「でも、これからは少しずつ宴会の数を減らしていくわ。浮かれたままじゃ意味が無いものね」
 神様として信仰を集めるのも大事だけれど、神徳を与えるのもまた大事な事だ。巫女として、それは良く解っている。
 諏訪子から聞いた話では、麓にある博麗神社の巫女がこの守矢の神社の分社を作ったらしく、今後は山以外の場所でも信仰を集めていく事が出来るようになるとの事だった。忙しくなるのはこれからなのだ。
 けれど……何故神奈子ではなく諏訪子が分社の事を知っていたのだろうか。というか、そもそもどうしてこの神社には、二人も神様が居るのだろうか。巫女の癖に、私はまだまだ知らない事が多いのかもしれない。今度暇を見て聞いてみよう。
 そんな事を思いつつ、私は神奈子と一緒に部屋に戻った。



4


 数日後。
 肌寒さが増し、防寒の為に締め切った部屋の中、揺れる事を忘れた風鈴へと向けて風を送る。
 小さく、風鈴が揺れる。
 澄んだ透明な音色が部屋の中へ響き、消えていく。
 これは私の力。風雨を操る奇跡の力。大切な大切な、神様から借り受けた力。これからも受け繋いでいく、東風谷の秘術。
 もう私達の一族は『かみさま』じゃない。でも、過去から受け継がれてきたこの奇跡だけは護り伝えていく。神様の巫女である事――それは何よりも特別な事なのだから。
「さて」
 今日は来客があるとの事なので少し早起きだ。確か河童が数人やって来ると神奈子が言っていた。何やら怒っていたけれど、その理由は聞いていなかった。まぁ、出迎えれば解るだろう。
 寝巻きから巫女服に着替えて、その上に少し厚手の上着を着込んで部屋を出る。今度麓の巫女に逢ったら、冬場の寒さ対策を教えてもらおう。他にも色々と聞きたい事、知りたい事は沢山有る。


 私の幻想郷生活は、まだ始まったばかりなのだから。




    







end


  
 ……最後に一つ。
 洩矢・諏訪子にとって東風谷・早苗が特別である本当の理由。私がそれを知るのはもう少し先の事になる。
 その時改めて、彼女に隠し事は出来ないなぁ、と私は思うのである。

 どっとはらい。


 
宵闇むつき
http://redchain.ninja-web.net/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1660簡易評価
11.100名前が無い程度の能力削除
これは良いかみさまたち
13.70リコーダー削除
やっぱりこの空気が好き。
なお私の場合、宴会中にみんなが水と烏龍茶ばっかり薦めてくるんですね。何ででしょう。そんなに飲めねえよ。
18.70削除
なんて健気な……早苗に幸あれ(TmT)
酒は『飲ませる』ものではなく楽しく飲むものですね。
人の振り見て…・・・自分も気をつけたいと思います。

>顔を上げて、不安げな表情を浮かべる神奈子へと言葉を返す。
ここは諏訪子ではないですか?
19.80deso削除
宴会は下戸にとっちゃツライもんですからね。
諏訪子様に甘える早苗さんが良いですのぅ。
21.80名前が無い程度の能力削除
しっとりとした雰囲気、素敵です。感動しちゃいました。
早苗さん可愛いよ早苗さん
24.無評価名前が無い程度の能力削除
>巫女さん本人に謝罪させねぇとなんです
何か、巫女さんに謝罪させようとしているような気がします。けど、これはこれであってるのかなあ?
日本語って難しい

下戸というより、酒(アルコール)の味が苦手な私はどうしたら・・・
28.無評価宵闇むつき削除
誤字や表現を修正致しました。
ご指摘、ご感想、有難う御座います。

>宴会とか酒とか
さぁ、皆様好きな飲み物を。
宴会をみんなで楽しむ為に、相手に無理をさせず、自分にも無理をさせずにいきましょう。
……なんて事を、下戸な私は思います。
33.80常時ハイテンション削除
・・・いくら酒(アルコール)を飲んでもテンションが変わらない私はどうしたら・・・・・
38.80削除
下戸が宴会で身を護るには、飲ませ上手になればいいのです。……いややめて、マジ勘弁、お酒が好きったってそう次から次へ、あうっ

それはさておき。実にいい早苗でした。
39.80名前が無い程度の能力削除
これは良い漏矢一家
43.80名前が無い程度の能力削除
空気がたまらなく好きです。
44.90名前が無い程度の能力削除
うん、良い話だ。
けなげな早苗が良かったです。