Coolier - 新生・東方創想話

れれれれ霊夢の酒が飲めないのかこの禿マリ!

2020/05/08 23:14:59
最終更新
サイズ
4.61KB
ページ数
1
閲覧数
504
評価数
4/4
POINT
400
Rate
17.00

分類タグ

ミスティアマッチョ
ミスティアマッチョ
(。・∀・)ノ゙♪ミスティアマッチョ
(。・∀・)ノ゙♪ミスティアマッチョマムシ




『ミスティア・ローレアイをとことんまでいじっているのぉ。酔っ払いのぉぉっぉ霊夢』


 まんとい、彼女の名前はミスティア・ローレライミスティア・ローレライミスティア・ローレライミスティア・ローレライが正しい発音だったのだ。


 かわいい。カワ(・∀・)イイ!!マッチョ

 かわいい。カワ(・∀・)イイ!!スティチョ

 可愛い!

 ミスティアは可愛い!


 っつぜ! 見てらんないぜ。こんなの!男女差別だ! by,魔理沙  『あーい、でもミスティアマッチョはカワ(・∀・)イイ!!!!!!!』bおy,IS 魔理沙 コンデッショナ


「だから! この禿、魔理沙! 禿! 激しく同位体の禿マリア!」

 しかし、魔理沙はその場に居ない。きっと、想像した以上にすごいいうぃいいぃぃところで活躍中だ。

紫「霊夢、それよりも、もっと呑んで忘れましょう」

おばさん「霊夢、紫の言う通りだよ。呑んで飲んで飲んで」

「うるさし、このこのはげぇ共、お前らはマリアンヌかぁ! このへいげもの好事家死ね!」

 霊夢のストレスは最大値だったことをこの3人は知ってたから、焼酎の原液を水という溶媒で薄めず呑む霊夢を止められいむなかった。

 いったい何が、あったの?

 巫女的な、事が有って敵も味方も大混戦ファイアーバードがファイアーバードを討伐せし。

 その混沌の中で霊夢は、油が粘つく焼夷弾を投げつける敵を薙ぎ払う業務のせいでShow病だ。

 敵の戦艦を側面から攻撃するために左舷に家事をする。

 ところが左舷で家事をしているとお腹を空かせた萃香やレミリアが両肩にまとわりついてくる。

 両手に花だなって魔理沙にからかわれて、ちょっと怒ってまんざらでも無かったあの日の残滓が今ではただではストレスだった。

  

 という位な事が有ったのでしょう。そう、心にしまっておけばいいでしょう。

 楽して、こおけ、でしょう。

「ちょ、霊夢さん。その人たちはパトロンさんですよ。大丈夫なんですか?」

「なんだと!! 糞マリア! くっそ、魔理沙!! ……マリアごめん まりさ」

 霊夢は別に魔理沙の事嫌いじゃないし。むしろ、好感を持っているのだけれども。

 今日はなんだか、居ないし攻撃対象だ。逐一攻撃対象だ。

 でもやっぱり好感を持っている爆破
紫「いいの、ミスティアマット。これは仕方ない事だから」

おばさん「それより、私達にも焼酎出すんだよ! ありったけ、ミスティアンティーナ」

「は、はい」

おばさん「紫! 今日は、どっちが幻想郷一の酒豪バトルだよ」

紫「オリキャラの癖におばさん。やってやるわよ! マジ幻想郷!」

 お金の事は心配いらない。ゴールドバーバの金塊100グラムが既にミスティアの懐の中で光ってる。とぴうことで、アンチョビー出せ!このやろー!

「ミスティアちゃん、ミスティアちゃん」

「なんですか、霊夢さん?」

 霊夢は何も考えて無く女将さんの服の袖を引っ張り始めた。よくある事だ。優秀な人に限ってそういうことは多い。エラーであるでぃジャイアント。

「このハゲ! その鶏手羽禿! ミスティアちゃんに魔理沙の何がわかるってんだアンチョビれぇ! 糞まりさんにゃ」

「ははは、すみませんねぇ。アンチョビぇえです」

 何の落ち度もなく、ミスティアは罵られているでしょう。でも、おバカな妖怪だから罵られるってのがわかってないのでしょう。

 笑顔で、酒のツマミで注文されたしアンチョビを差し出した。深く深く刻まれた笑顔は可愛かったが、何処か何かを悟っていたのかもしれない。

「アンチ、アンチ、ちょびえっとれんぽい?」

 霊夢は、キョロキョロしている。

紫「あ、もしかしてお箸?」

紫は間違い探しのように霊夢に今無いもの見て察してグレイブ

おばさんも、それに乗じて今日6本目になる割り箸を容器から取り出して霊夢に渡したティ

「東てぃーもーる!!(激しくありがとうの意) あ、これ美味しい! 魔理沙も美味しいと思う?」

 アンチョビのを東ティモールしたと思ったらおばさんが呑んでた杯をさっとかすめ取り霊夢は無駄に早い動きで一気にあおる。カストリサッケさん17歳は霊夢に一騎突入したんだねぇ。

 だが、ここに魔理沙は居ねぇ。呼べば絶対付き合ってくれてたろうけど、今日に限ってよんでなかった。



 あ……霊夢の様子が変だ。まるで魔理沙を見つけられ無かった仔霊夢のように眼を潤ませて口を押させてる。

「っぷ。バカマリ! 馬鹿!」

紫「大丈夫? ちょっと、吐きそうなの? それなら、ちょっとそこに行けば野原だから」

おばさん「水を飲むかい?」

霊夢「いらない! いらない! バカ、マリ。魔理沙なんで私が苦しんでいるのに居ないの?」

 それは、今日呼んでないからだっぺ。

 ピグミーマーモセットの如く素早い動きを一瞬したかと思った。霊夢は鳥目じゃないから、雉打ちに野原に走った。

 雉を捕まえて、魔理沙にぷれぜんとしに行ったと推定してあげようと思う。


ミスティア「だいじょうぶなんですか?」

おばさん「少ししたら、探しに行くよ」

紫「……あれだけ魔理沙魔理沙と、さっさと、告白しちゃえばいいのに」

 呑みの時間は続く。




 尚、霊夢が雉を討ちに行った先に、この話とは関係なく普通にミスティアの屋台に呑み来た魔理沙と遭遇した。

 魔理沙はそれから急に理由も無く右のホッペをビンタされその後、左のホッペもビンタされた。

 未だに、なぜビンタされたのか魔理沙にはわからない。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.簡易評価なし
1.100名前が無い程度の能力削除
好きな子の事いじめちゃう発想
めちゃめちゃな文章でも面白い
2.100終身削除
肝心なところで流れがぶったぎられ続けていくのが最高に卑怯でした ミスティアがなんか闇が深そうでヤバそうでした おばさんと紫が戦ったらどっちが勝ってもおばさんだなぁと思うのです
3.100名前が無い程度の能力削除
マッチョ
4.100名前が無い程度の能力削除
面白い