Coolier - 新生・東方創想話

前門のショップ

2020/02/20 20:49:11
最終更新
サイズ
1.43KB
ページ数
1
閲覧数
387
評価数
5/9
POINT
490
Rate
10.30

分類タグ

香霖堂の前に、リサイクルショップが堂々のオープン!

新規開店祝いに、ジャンジャンバリバリ出しています!!!

その店は、やたらと派手だった。

営業二日目にしてその場を制圧したかのようだ。

「く、リサイクルショップじゃなかったのか!」

その派手さに気おされて、店の前に置いてあるタヌキの像にピキッと音を立ててヒビが入ってしまった。

「ハイ、香霖さん! 麻雀どうですか? 可愛い子いますよ!」

唖然とその繁盛を店外に出てきて見つめる霖之助さん。

そして、客引きのオリキャラはイケメンでこのままでは、霊夢とか魔理沙が取られてしまうんじゃないかって程だ。

「わい? え?」

「香霖さん、香霖さん、向かいのよしみですっごいサービスありますよ! な、 なななななんと! 大根が一本50円だ」

客引きのオリキャラは、大根を見せびらかし霖之助のマウント?を取ろうと?挑発して来た。

「え? 安い」

「リサイクルショップですから大量仕入れに大量飼育!」

動物園の如く、象とかライオンがいるらしくサファリな空気が流れ込んでくる。

「ぼ、僕は、こんなことで負けたりなんか」

「へ、へへへ、霖さんそうこなくっちゃ!!」

否定の言葉とは裏腹に、大根を彼は掴んでいたのだった。

タヌキの像のヒビが広がった気がした。もう彼を止めることは出来なかった。

きっと、明日は晴れるよ。



・・・・荒廃した、香霖堂。

吹き付ける淋しい風が吹き抜ける。

霊夢は帰って来ることの無い店主をしばらくの間待って居た。


でも、彼は帰って来なかった。

目の前に、霖之助だった何かは転がって居るけど。

彼は幻想郷に行ってしまって居る。


もう長くはないだろう。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.140簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
勢いが良かったです
4.60大豆まめ削除
勢いは好きでした
6.50ルミ海苔削除
笑う
7.50名前が無い程度の能力削除
照れが見える
9.100終身削除
何というか近隣にジャ●コができて緩やかに閉じたままのシャッターが増えていき寂れていく商店街の衰退をふと通りがかった時ふと感じるような、なんとも言えないもの悲しい無常感がありました 取られてしまうと思っていた霊夢が看取って?くれた分店は守れなかったけれど何が大切なものは守られたような気がする