Coolier - 新生・東方創想話

ヤギは悪魔の象徴

2019/11/10 18:27:11
最終更新
サイズ
1.55KB
ページ数
1
閲覧数
184
評価数
5/7
POINT
580
Rate
15.13

分類タグ

「幽々子様、私には分からないことがあります。ぜひご教授してもらえませんか?」
「妖夢。分からないことがあるのね。言って見なさい」
「どうして、ヤギは紙を食べるんですか?」
「ヤギがかみを食べる?」
「はい、どうしてですか?」
幽々子は脳内でヤギという単語を検索してみる。
実は、幽々子は産まれてから亡霊の現在に至るまで、動物のヤギというものを知らなかった。しまった。
食べるというのだから、生き物だろうというのは推理できる。
ヤギっていうからには八木さん?なのだろうか?それとも、かみをたべるくらいだからヤギという何か苦行を行って居る仙人にの類なのか?
無限の大海原にその思考は広がっていく。
しかし、妖夢の質問に答えられないとなんだか主人としてどうなんだろうと思ってしまう。
「……ヤギはね。禰宜の下位で、将来禰宜になりたいから髪を食べることによって霊的な力を得ようとしているのよ」
「な、なるほど! 何かしらの力を得て、将来は禰宜になるんですね。あの、ところで、そのメェーメェーってなくなのはなんですか?」
「な、なく?」
「はい、ヤギはメェーってなくんです」
幽々子はもう先ほど出鱈目言ってしまったからもう後戻りはできない。
「それはね。冥、冥、って言っているのよ」
「冥? 冥?」
「実はヤギって言うのは、ヤギになる前悪い事をして居たのね。まるで悪魔のような所業よ。だから、それを悔いて冥府、冥府という意味で言っているの」
「なるほど、悪魔だったんですね」
 妖夢は、また一つ賢くなった気がした。
「ヤギについて、わかった?」
「はい」
「でも、妖夢」
「はい?」
「ヤギについてはあまり語っては駄目よ」
「なんでですか?」
「……宗教がらみだから。人によって考え方が違うでしょ?」
「なるほど、そういう事ですね。承知しました」
 奇しくも、ヤギはこの白玉楼でも悪の象徴になった。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.100簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
やり取りが面白かったです
2.100モブ削除
滑稽さと、関心のバランスがすごいなあと感じました。面白かったです。
3.100名前が無い程度の能力削除
シュルレアリスムだよ
4.100ヘンプ削除
幽々子様の引き下がれない感がとても好きでした。
5.90名前が無い程度の能力削除
面白かったです