Coolier - 新生・東方創想話

からかい

2019/07/27 09:20:22
最終更新
サイズ
1.37KB
ページ数
1
閲覧数
376
評価数
5/8
POINT
570
Rate
13.22

分類タグ

「やあ、パルスィ、今日もかわいいな。ほんとにお前さんが来るとお日様が昇ってくるような感じがして嬉しいね」
 最近、星熊勇儀が水橋パルスィに合うと常にこういう歯の浮くような言葉を吐く。
「ちょっと、冗談じゃないわよ。なんでそんなこといきなり言い出すの?」
 パルスィは言われると毎回顔を真赤にして怒るのだ。
「すまんすまん。いや、謝るのもおかしいか。だってお前に嫉妬心を操られてつい妬ましくなって褒め言葉を口走っちゃうんだから」
「操ってないわよ!」
「そう?」

 翌日もまた地底のどこかでパルスィの姿を見かけると勇儀がわざわざ駆け寄ってくる。
「やあ、パルスィ。髪切った? 今日も一段ときれいだ。まるで神様が嫉妬して地の底に押し込めてしまったみたいだな。だけど、そのおかげで私達はお前さんの姿を拝めて感謝しないといけないって思うんだ」
「だーかーらー! 何、なんなの酔ってるの? ああ酔ってるか!」
 勇儀は確かに酔っているがパルスィは酔ってない。

 最初はどうにか聞き流していたが、あまりにも毎日続くので、さすがに彼女も怒ってしまった。
「いい加減にしてよね。私のことからかって、馬鹿にしてるんでしょ。もう、あなたとは顔を合わせたくもない」と少し涙ぐんですらいた。
 勇儀は慌てて弁解した。
「ごめんな、パルスィ。ふざけすぎた、もうやめるよ」
「ほんとに、もうしない?」
「もうしない。悪かった。あまりにもお前がかわいすぎるからつい、からかいたくなってしまったんだ」
「全然やめてないじゃない!」
 パルスィは思わず相手を突き飛ばそうとして両手を出したが、悔しいことに目の前の鬼はびくともしなかった。
https://twitter.com/kosyoko1
こしょ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.90簡易評価
4.90名前が無い程度の能力削除
よかったです
5.90奇声を発する程度の能力削除
良いやり取りでした
6.100名前が無い程度の能力削除
100点!!!!
7.100モブ削除
話が綺麗に落ちていて、すごいなあと感じます。あと甘い。面白かったです。御馳走様でした
8.100ヘンプ削除
パルスィ可愛い……
9.無評価こしょ削除
短い話でしたが読んでいただいて評価していただいて本当にありがとうございます!