Coolier - 新生・東方創想話

それは救われない話

2019/06/28 07:52:14
最終更新
サイズ
1.01KB
ページ数
1
閲覧数
557
評価数
1/3
POINT
150
Rate
8.75

分類タグ

自作品の「覚妖怪は悟り続ける」からの繋がるお話。
http://coolier.dip.jp/sosowa/ssw_l/224/1560262949
こちらから読んでもらえると嬉しいです。










 古明地さとりは救われない。
 それは既に決められたことである。

 閻魔曰く。
「あなたは既に道を閉ざされています。救われたいのであれば、あなたは妹に手を掛けねばならぬでしょう」
とのこと。

 ふざけないで。目を閉ざしたあの子でも私の大切な妹なのに。自己満足のためにあの子を殺すものか。それならば私は一人で全てを抱え込もう。いつか、救われなくて私が消えるとしても。独りで消えていくのだ。

「……あなたはどうしてこう、頑固なのですか」
 物思いに耽っていた思考からその言葉で現実に戻る。

「閻魔様に言われたくありませんわ」
 皮肉をたっぷり込める。

「さとり。その丁寧な言い方をやめて欲しいと言いませんでしたっけ?」
『本当にこの妖怪は……』
 ああ、呆れられているらしい。それでいいのだけれど。

「四季様。私は救われなくていいのですよ」

『……それを地蔵菩薩の生まれ変わりの閻魔に言いますか? あなたは意地悪ですね』

「ええ、意地悪で結構ですよ」
 私はカラカラと笑った。
救いはいつの日か。
ヘンプ
henpu.doku@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.60簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
良かったです