Coolier - 新生・東方創想話

知らない初めまして

2019/06/05 15:59:39
最終更新
サイズ
3.42KB
ページ数
1
閲覧数
787
評価数
11/13
POINT
1060
Rate
15.50

分類タグ

 カン、カン、カン、カン……
 暗闇の螺旋階段を降りていく。

 何も考えずに、何も考えられずに。

 いつの間に降りていたのだろうか。私にはそれが分からなかった。

 降りても降りても先の見えないこの階段はどこに行くのだろうか。

“あれえ、フランちゃん? ここに降りてきたんだね?”

 宙から声が聞こえる。

「誰かしら?」

“気が付いているのにあえてそんなことを聞くんだね? いじわるー”

「ふふ、ごめんね、こいし」
 時々屋敷に迷い込んでくる悟らないさとり妖怪。古明地こいしの声であることは分かっていた。

 そうやって話しているうちにも私は螺旋階段を降りていく。

「ねーえ、この階段はどこまで降りていくのかしら」

 そんなことを聞いてみる。返事は期待せずに。

“さあね。フランちゃんの思いのままが……おっと”

「何よその間」
 不自然に言葉を切ったのでとても気になる。

“ふふ、何かに呼ばれたみたい。じゃあね、後から会おうね”

「おーい、こいし? ……いなくなっちゃった」
 どこからか聞こえた声は消えた。

 カン、カン、カン……
 降りる、降りていく。ただひたすら暗闇の螺旋階段を。

 ここから私の意識は黒に塗りつぶされた。

#####

 ……おき……お……い、フ……ラン、「起きろフランドール!」
 引っぱたかれて私は飛び起きた。

「……!?」
 ここはどこ? 黒は? あれ?

「……やっと起きたか。うなされているから何かと思えば……」
 キョロキョロと部屋を見ていたらお姉様はみっともなく足を揺らしながら私のベッドの隣にいた。

「あれ、螺旋階段は?」

「はぁ? 螺旋階段? 何を言っているんだ」

 ……ここは現実か。あれ、さっきのは夢?

「こいしはどこ?」

「……こいし? 誰だそれは」

 あれ? こいし、って誰だっけ……?

「どうした? 誰かと思い違いでもしているのか?」

「いや……何でもないよお姉様。もう少し休むから出ていってくれないかしら」

「まあ、良いが」
 珍しくさっさと出ていった。

 ……私は誰のことを言っていたんだろうか。もう分からなくなってしまった。
 そんなことを思いつつまた寝ようかと思ったらいきなりお腹に重さを感じた。

「ウグッ!?」

 お腹のところを見ると知らない女の子が馬乗りになっている。

「あー、やっと私に気が付いたー。やだなあフランちゃん、私のこと忘れるなんてー」

 あばばば重い。お腹にクリーンヒットしてる。

「誰か知らないけどそこから退いて……苦しい……」

「わあ、ごめんね?」

 いきなり現れた誰かは退いた。ほっとしているとその子の顔が近づいてきた。

「忘れるだなんて悲しいなあ。あ、でもあの夢は仕方ないか。あの夢を見るとお姉ちゃんですら忘れるもん。なんだろうね、何かに働きかけているのかな。ねえ、フランちゃんはどう思う?」

 つばの広い深い灰色の帽子を被ったその子は自己完結させてからよく分からないことを聞いてくる。

「何のこと言っているの? それとあなたは誰?」
 いきなり言われても仕方がない。

「ああ、ごめんね? 私は古明地こいし。こいしって呼んでくれたらいいよ。フランちゃんはどう思う……」

 困惑しか無い。いきなり現れたと思ったら何を言っているんだろう。

「いきなり言われても分からないよ。あなたの都合なんて知らないし」

「あは、いつも同じ返しをするね。やっぱりフランちゃんはフランちゃんだね、変わらないね」
 あははといきなり笑い出した。

「何故か物凄い腹立つけれどあなたは何しに来たの」

「んー? 遊びに来たの。それとフランちゃんとお友達になりに来たの」

「友達……? 何それ」

「また改めてなってくれると嬉しいなあ、ね、なろうよ?」

「……なんの意味が?」

「野暮だなあフランちゃん。なりたいならなればいいんだよ。今からお友達ね?」

 話を勝手に進めるな。

「なるだなんて言ってないけど」

「うん、今私が決めた事だもの」

「はぁ?」

「フランちゃんが忘れなくなるまでお友達になるのをやめないよ」

「だから何それ……」

 私は話についていけなかった。

「ふふ、いつまでフランちゃんは覚えているかな……」
それは何度目かの。
ヘンプ
henpu.doku@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.20簡易評価
1.100イド削除
最高です
2.100サク_ウマ削除
やっぱり二重になってるんですかね。
センスを感じます。良かったです。
3.90奇声を発する程度の能力削除
センスがあって良かったです
4.100評価する程度の能力削除
これで何度目なんだ…
5.100大豆まめ削除
切ない…
短いのに鋭く刺さる感じ、最高です
6.100すずかげ門削除
すごい偶然かもですが、私の作品と対になっているようなこいしちゃんの様子にびっくりしました。
何度も繰り返し忘れ去られる哀しさが痛切で。それでも何度でも友だちになろうとするのが健気だなと思いました。
7.100メイ=ヨトーホ=グミン削除
この2人らしい一筋縄ではいかない儚い関係でちょっと切なくなりますね
こんなやり取りをこれからも繰り返していくんでしょうか
9.80名前が無い程度の能力削除
眼を閉じた時点で生きながらにして終わってしまった女特有のへその緒の数多がガラパゴス感性で最多
10.90むらう削除
なにかはじまりそうでワクワクしました
11.90雪月楓削除
よかったです
12.90南条削除
暗闇の螺旋階段という暗示的な表現からのこいしを忘れるという展開が面白かったです