Coolier - 新生・東方創想話

刺殺死体を手土産に

2019/05/14 08:44:12
最終更新
サイズ
2.93KB
ページ数
1
閲覧数
923
評価数
11/15
POINT
1210
Rate
15.44

分類タグ

 こいしが死体を持ってきたので、私は驚いた。
 刺殺だった。




「驚いたって。フランちゃんたら面白いこと言うよね」
 けらけらと笑ってこいしは言うけれど、そんなことはないと私は思う。人間だって隣人が突然獲れたての猪を持ってきたら驚くはずだ。そう言うとこいしは「うーん都会っ子」などと返すのでもう諦めることにした。ひとは分かり合えないのである。
「でもこいしはそういうことしない質だと思ってたんだけど」
「でもほら、私はメリーさんでもあるわけでして」
「メリーさん?」
「あら、知らない?メリーさんの都市伝説」
「One sheep,two sheep,three sheep sleep...」
「うーんブリティッシュ」
 流石にこれは冗談だった。くすくすと笑いながらこいしは口を開いた。
「お人形のメリーさんはある女の子のお友達。でもそのうち女の子は大人になってメリーさんを捨てちゃった。だからメリーさん怒っちゃって女の子のことをぶすりと一刺し。そんなお話よ」
 知らない話だった。奇妙な話だと感じたから、そういう意味ではこいしらしかった。けれどその話とこいしが関わり深いというのは、少し想像し難いところがあった。
「なにしろ私は基本的には、子供にしか見えないわけなので」
「まあ、こいしは子供よね」
「言葉の綾がねーほんとにねー」
 うーんと困ったように笑うこいしに私は首を傾げてみせて、続く「つまり大人には私の姿が見えないの」という言葉で漸く理解の齟齬に気付いた。嗚呼と思わず唸った私をこいしは面白そうに眺めていた。
「だから、大人に捨てられたメリーさんと、大人に気付かれない私。同じでしょ?」
「……確かに、そうね」
 私の返答に、満足したような様子でこいしはふふんと頷いて言葉を繋いだ。

「そういうわけで、私とて大人は狩るのです」






「なんでなんだろう。私はどうしてあれを逃がしちゃったのかしら」
 部屋に入るなりこいしが首を傾げながらそんなことを言うので、とりあえず私は視線で続きを促した。こいしはえーっとと首を傾げて、そこで説明不足に気付いたような素振りだった。
「いつも通りね、道に迷ってるひとがいたから襲うことにしたの」
 私はただ黙って頷いた。いつもそうしていたのかとか、訊きたいことは幾らかあったが、けれど今はどうでもいいことだった。
「でもあの人、今日は娘の誕生日なんだ、とか言い始めてさ。莫迦だよね。そんなんで妖怪が見逃してくれるわけないじゃん」
 そう言ってけらけらとこいしは笑ったけれど、その表情はどことなく寂しそうに私には見えた。
「なんで見逃したの」
「分かんないや」
 私はやれやれと首を振った。どうせ私には分かるわけがないのだ。当の本人すら分かっていないのだから。
「気付いたら逃がしちゃってた」
 そう言ってこいしは寂しげに笑った。






「やほーフランちゃん、はいお土産!」
 次の日もこいしが死体を持ってきたので、私は呆れて溜息を吐いた。
 刺殺だった。

「でも不思議なのよね。この人、なんだかこないだ見た気がするのよ」
 こいしは首を傾げてそんなことを言う。
「昨日逃がしたやつなんじゃないの」
 単純な推理だった。というより、こいしが最近出会った相手でまだ存命の人間というのは、私はそれぐらいしか知らなかった。けれど私の言葉に、こいしはまたまたフランちゃんたらひとをからかうようなこと言ってー、なんて笑いながら手を振った。
「そんなわけないって。私、昨日は他の人には会ってないんだもの」

 その言葉は、なんとも、こいしらしい返答だ、と。
 そんなことを、私は思った。
 ー ー ー

 メリーさんの羊。

 ー ー ー


「まあ、それにさ。うちの辺りは、割と実力主義なのよ。だから人の一人ぐらいは殺しておかないと、ちょっと舐められちゃうのよね」
 こいしの言葉だった。けれど私には首肯しかねる言葉だった。
 実力主義はどこでも同じのはずである。同じ妖怪なのだから。と首を傾げて問うてみると、こいしはむむむと暫し唸った。
「まあ、正確に言えば暴力主義かなー、うん」
「思ったより野蛮」
「如何にも私は地底の蛮族である」
「臆病な自尊心と尊大な羞恥心のせいだったのね。こいしが地底に封印されたの」

 ー ー ー

突貫工事でした。やっぱり日付合わせは苦手です。
サク_ウマ
http://twitter.com/sakuuma_ROMer
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.160簡易評価
1.100上条怜祇削除
こいしちゃんらしい「お? おお? おおん?」って感じのお話でした
いつまで子供でいつから大人なんでしょうね
刺されたい
2.90奇声を発する程度の能力削除
こいしらしい雰囲気が出てました
面白かったです
3.100終身削除
刺殺でした。噛み合ってない会話の掴みどころのなさの表現が恐ろしく質感を持っていてやばいかったです 初っ端からこいしちゃんだなぁってなったかと思うと中盤でこいしちゃんだなぁとなり、ラストでもこいしちゃんか!?と思うとまさかのこいしちゃんでした
4.100イド削除
最後の場面好きです
7.90大豆まめ削除
こいしちゃんはそういうことする
誕生日、というフレーズに何かしら思うところがあったのか、それは無意識にでも聞かなきゃわからないんでしょうね
9.100ヘンプ削除
あっさり殺すのいいですね。しかも気にしていないのがさらに良いです。
無意識は何思うのかな。
10.80雪月楓削除
よかったです
11.100ひとなつ削除
逃がしたやつを次の日にはやっぱり殺しちゃうのいいですね、こいしちゃん。
12.100南条削除
面白かったです
こいしちゃんにすごくこいしちゃん感がありました
13.90小野秋隆削除
こいしちゃんの一端を垣間見ました。良かったです。
14.100モブ削除
ピーターパン・シンドロームみたいだなあと感じました。もしかしたらそんな概念が混ざっているのかも。面白かったです