Coolier - 新生・東方創想話

変身巫女ハクレイ

2019/05/05 14:45:03
最終更新
サイズ
3.98KB
ページ数
1
閲覧数
837
評価数
11/14
POINT
1190
Rate
16.20

分類タグ

「いや!助けて!誰か助けて!」

「アーッハッハッハ!助けなど来ない!お前はここで私に食べられるのだよ!」

「い、いやあぁぁ!」

邪悪妖怪が蔓延する闇の地、幻想郷。邪悪妖怪に勝つ事の出来ない人間たちは、ただ怯えながら暮らすしかない。

「お前、良い感じに肉付いてて美味そうだな!食べ残りはよぉ〜く干して出汁に使ってやるよ!」

「いやっ、嫌!誰か、誰か助けて!」

「助けは来ないと言ってるだろうが!助けが来たところで、この邪悪妖怪ルミーア様に勝てる人間などいないのだ!」

「うぅ……いや、いやぁ……」

そう、邪悪妖怪に勝てる人間はいない……たった一人を除いて!

「そこまでよ邪悪妖怪め!」

「何!?キ、キサマは……変身巫女ハクレイ!」

「そうだ!貴様ら邪悪妖怪を倒す者だ!」

説明しよう!

変身巫女ハクレイとは!!!

謎のヒーローなのである!!!!!

「おのれ変身巫女ハクレイ!どうしてここが分かった!」

「愚問だな!」

「何だと!」

「貴様らがいくら隠れようが!天が知り!地が知り!そしてこの私、変身巫女ハクレイが知るのだ!」

「戯れ言を!喰らえ、ムーンライトレイ!」

邪悪妖怪ルミーアの腕が振り下ろされた!これを変身巫女ハクレイは難なく回避!

だが次の瞬間、振り下ろされた腕の軌跡から幾つもの光線が変身巫女ハクレイ目掛けて放たれた!

「……っ!」

「掛かったな、変身巫女ハクレイ!この邪悪妖怪ルミーア、闇はもちろん光をも自由自在に操れるのだよ!」

光線とはつまり光の線!いくら変身巫女ハクレイでも、光の速さで迫る攻撃は回避出来ない!

「はあっ!」

「何ィ?!」

しかし変身巫女ハクレイ、これを避けた!

「バカな!我が光の光線を避けるなど、あり得るはずが無いのだ!」

「貴様の光の光線は確かに速い!」

「ならどうして生きているのだ!」

「愚問だな!」

「何だと!」

「この胸に弱者を守る光の心ある限り、そんな攻撃でこの変身巫女ハクレイを捉える事など出来ん!」

「なら闇の力で葬るのみ!」

邪悪妖怪ルミーアの四肢に残忍な闇のエネルギーが宿る!闇のエネルギーによって強化されたその爪は、分厚い鋼鉄をまるで人の体のように容易く切り裂くのだ!

「遊びは終わりだ、そろそろ本気で行くぞ!」

変身巫女ハクレイの持つお祓い棒に光が集まる!対邪悪妖怪の必殺武器として作られた光の剣である!一度切ればその身を滅し、二度切ればその魂を浄化するのだ!

邪悪妖怪ルミーアの獲物だった人間は既に逃げている。この場に二人しか居ない以上、お互い遠慮など要らないのだ!

「行くぞ、変身巫女ハクレイ!」

「来い、邪悪妖怪ルミーア!」

ああ、見よ!二人の放つエネルギーによって、闇夜が晴れて行く!月明かりに照らされたステージに立つ二人が、互いを倒そうと飛び上がる!

「喰らってあの世へ行きな!ディマーケイション!」

「必殺!ハクレイダイナミック!」

そして今!二人の技が激突する!!!

「「はああぁぁぁぁ!!!」」

お互い一歩も譲らない鍔迫り合い!そしてそれに打ち勝つのは!!!

「滅!」

「グワァァァァァァ!」

変身巫女ハクレイだ!!!!!

◇◇◇

「はぁ……はぁ……」

月明かり差す森の道、その奥のとある店を目指す人影が一つ。

それは、少女博麗霊夢だった。

「霖之助さん……居る?」

「……霊夢か、また派手にやったらしいな」

視聴者の皆の中には、既に気付いた方も居るだろう。

「あいつが大人しく退治されないのが悪いのよ」

「邪悪妖怪ルミーア、か……」

そう……少女博麗霊夢こそが、変身巫女ハクレイの正体である事に!

そしてこの店、香霖堂が変身巫女ハクレイ改め少女博麗霊夢の秘密基地である事に!!!

「服を脱いでくれ、傷の手当をする」

「はいはい分かったわよ」

「不満そうだな」

「霖之助さんが私をもっと強くしてくれれば、こんな風に素肌を晒す事も無いのにね」

「僕に出来る事は全部やったのさ、後は君次第だ」

「ふん」

半妖森近霖之助。彼は妖怪に襲われ瀕死の重傷を負った少女博麗霊夢を助けた。そして幻想郷を邪悪妖怪から救うべく、彼女を謎のヒーロー変身巫女ハクレイにしたのである。

「痛っ」

「おっとすまない」

「全く……もう十分よ、早く装備の点検を済ませて頂戴」

「もう出るのか?」

「ええ、邪悪妖怪の気配がするのよ」

「……分かった、だがくれぐれも無理はするんじゃないぞ」

「心配しないで、全ての邪悪妖怪を退治するまでは死ねないから」

少女博麗霊夢は笑っていた。

◇◇◇

少女博麗霊夢は変身巫女ハクレイである!

彼女は謎のヒーローとして、この幻想郷を守り続けるのだ!

行け!少女博麗霊夢!

戦え!変身巫女ハクレイ!

全ての邪悪妖怪を倒すその日まで!!!
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.150簡易評価
1.100ヘンプ削除
変身巫女ハクレイさん頑張ってー!
おもしろかったです!
2.100名前が無い程度の能力削除
めっちゃ、戸◯先生に害されてる!
でも、面白かった!
3.100終身名誉東方愚民削除
アイエエエエエ!セッカチ=サン!?セッカチ=サンナンデ!?まさか少女博麗霊夢が変身巫女ハクレイだったなんて・・・
ギャグ仕立てっぽいのに煽り文句とか描写とかが普通にかっこよくて面白かったです。魔理沙がライバルポジになりそうですね
4.100サク_ウマ削除
うん、これは戸■派ですわ
6.90奇声を発する程度の能力削除
面白く良かったです
8.100名前が無い程度の能力削除
図書館で触手と戦うまで連載続けてね!
9.100評価する程度の能力削除
確かに戸●さんですね
めっちゃ面白かったです
10.100青生姜削除
魔理沙がライバルポジなら霖之助さんはおやっさんに見せかけた黒幕ポジですね(某仮面ライダーの見過ぎ)
12.90南条削除
面白かったです
戸◆先生のごとくマッポーめいた世界でした
変身巫女ハクレイの明日はどっちだ!
13.90雪月楓削除
良かったです
14.70KoCyan64削除
これは戸●先生ですね(申し訳ないけどそう)