Coolier - 新生・東方創想話

君とは死ねないのだ

2019/04/26 21:21:13
最終更新
サイズ
1.18KB
ページ数
1
閲覧数
330
評価数
3/6
POINT
390
Rate
11.86

分類タグ

「ねえ、慧音一緒に死なない?」

 私はそんなことを言われて驚いた。
「死ぬって……妹紅はどうやって?」
 そうやって聞くと妹紅はサラリとこんなことを言ってのける。
「慧音が死んだら、私は自殺しまくればいい。ずっとずっとずっと……死んで死んで死んでを繰り返すかな」

「妹紅……それはダメだよ……そんなことさせたくなんかない!」

「なんでさ、私はそれしか出来ないのに?」

「それ以外のこともあるだろう……?」

 私の本心だった。そんなの絶対にダメだ。私が死んだからといってそれはダメなんだ……

「……なんだよ。私だって、一緒に逝きたいよ。でも逝けないのなら私はそうするしかないんだよ。じゃあ、どうすればいいのかな……」

 妹紅は暗く沈んでしまった。
 私に言えることは何なんだろうか。

「なあ、妹紅……私には残すことしか出来ない。死ねなくても、それでも、私は大切な人に生きていて欲しいと思うんだ……」

 私の本心を言うのである。それしか出来ないのだ。

「……なんでそんなこと言うかな……」

 妹紅は俯いたままだ。ああ、本当に……
 私は妹紅を後ろから抱き締めた。

「慧音……?」

「妹紅、こんな自分勝手な私を許しておくれ。私が死んでもあなたは生きていて。私を忘れてないで。それだけでいいんだ……」

 許して欲しい。大切な人が生き続けているならば私は……それでいいのだ。
 ああ、なんて浅ましいのだろうか……
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.110簡易評価
1.80奇声を発する程度の能力削除
物悲しい雰囲気でした
2.100終身名誉東方愚民削除
これは王道を往くもこけーねですね 相手のことを思ってしている行動も時には、迷惑だったりかえって辛いことだったりするのかなと思いました
4.100南条削除
一緒に死のうと言われて妹紅はどうやってと即座に返す慧音が面白かったです
結局残すことしかできないという無念さも慧音らしくてよかったです