Coolier - 新生・東方創想話

とまらない

2019/04/06 17:01:46
最終更新
サイズ
0.79KB
ページ数
1
閲覧数
435
評価数
5/10
POINT
670
Rate
12.64

分類タグ

ザッザッザッザッ……
歩いていた。ひたすらに歩いていた。何も考えずに、いや、元から考えてもいない。
ザッ……
止まる。止まった。

「お姉ちゃんだあれ?」

ちいさな女の子がいた。

「ふふ、誰だろうねえ?」

私は答えていた。

「お姉ちゃんのお帽子可愛いね」

女の子は答えていた。

「そう?それなら嬉しいなあ」

私はそう答える。

「お姉ちゃんの紐もお目目も可愛いね」

この子の美的センスはどうなっている。

「それも嬉しいねえ」

私は帽子を女の子に被せる。

「……くれるの?」

女の子は不思議そうだったと思う。

「あげるよ。早くお家に帰ったら?妖怪に会って食べられてしまうよ?」

ほら、早くお家に帰りなさい。

「ありがとうお姉ちゃん。お帽子ありがとう」

女の子はニコニコ笑って走っていった。

ザッザッザッザッ……
歩く、私は歩く。あげた帽子はまたどこかでどうにかすればいい。
歩く、歩いていく……
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.210簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
不思議な雰囲気でした
3.100終身名誉東方愚民削除
言動は不思議ちゃんだけど、普通に優しいこいしちゃんもいいですね
女の子はこの事を忘れてしまうのでしょうか
この後さとりんに滅茶苦茶セッ…教された
5.90評価する程度の能力削除
こいしちゃん優しいですね
ただ、もう少し肉付けがあっても良いかなと思ったのでこの点数です
8.90仲村アペンド削除
短くもいいバランスで想像の余地がある作品だと思いました(次の作品と込みでの評価となりますが)
9.90モブ削除
作者のこいし像がなんとなくわかる作品だと思います