Coolier - 新生・東方創想話

姫の独り言

2019/04/02 11:57:18
最終更新
サイズ
0.91KB
ページ数
1
閲覧数
453
評価数
4/11
POINT
660
Rate
11.42

分類タグ

あいつは私を裏切った。となった。
まあ。簡潔に言えば私はあいつが好き……ではあったんだろう。
お尋ね者になって、あいつは逃げ切って。
どこかで何かをしながら生きているんだろう。
私はまだ小さいままなので城に戻れる訳でもないから、博麗神社にお世話になりっぱなしだけれど。
「針妙丸ー?そこに座るのよいけれど落ちないでね?」
「落ちても飛べば大丈夫だろうし」
神社の手すりの所に座って考え込んでいたので霊夢にそう言われたのだろうか。

まあ……少しだけあいつの悪い顔を見てみたいと思った。
でも、会いにいく義理もないから、いいのだけれども。
あいつは恥ずかしがり屋だから。(私がそう思うだけであって他の人は違うらしい)

裏切られた相手に対して思いを馳せる時点でおかしいが。
それでも良いのかね、私。

それでも次会ったら、輝針剣でメタメタに切ってやるけど。
鬼も入ってるから効くかな?天邪鬼だから効かないフリでもするかな?
ああ、次会うのが楽しみで仕方ないね。

「正邪や、正邪。次はぶった切ってやるからな」

ニヤリ、と私は笑った気がした。
後から霊夢に悪い顔をしていると言われた。心外である。
ヘンプ
henpu.doku@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.300簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
面白かったです
3.100終身名誉東方愚民削除
なんて言うか危険な関係って感じの微妙な距離感ですごく好みです。
せーじゃの方はどう思ってるのか妄想が広がっていいですね
5.80名前が無い程度の能力削除
よろし
9.90モブ削除
綺麗な話だと思いました。ほわほわとしている感じと台詞のミスマッチが、なんとも。