Coolier - 新生・東方創想話

ひよこはこ

2019/01/01 22:45:36
最終更新
サイズ
1.14KB
ページ数
1
閲覧数
495
評価数
9/15
POINT
710
Rate
9.19

分類タグ

霊夢さん、年末欧掃除してたらこんな箱が出てキタっす!
ちょっと、何勝手に掃除してって?
勝手に掃除したことは申し訳無いっすが、素敵な匣っす!!
アンタ、とんでもないもの出して来たわね!




『正月元旦からこんな縁起の悪いサクヒンあげやがって』





「え、この素敵な匝がなんで駄目っす??」

「どうしよう。紫は冬眠中だし、妹紅は竹林だし。そうだ、おばさん……おばさんは」

 おばさんは、霊夢のかわりに地獄の皇帝と代理戦争中だ。

「霊夢さん、この筐の中に何か入って居る見たいっす」

 戸隠は持って来た箱をぶんぶん振り回し、中身があることを確認している。
 
「やめなさい! なんてことするの」

「多分、宝石っすっすっす!」

「その箱はねぇ」

「イタすぅ?」

 霊夢は、言いかけた所でバチンと戸隠を引っぱ叩いた。暴力で解決することでは無いけれど、一回ぶたせての気持ち。

「やっぱり、もう一回打つ!」

「ひええぇっす!」

 霊夢は再び戸隠に攻撃した。戸隠は訳も分からず叩かれてすっかりビビっちまったのさ。

 やつも、焼きが回ったもんだ。

「逃げるんじゃないわ」

「そんな、そんなっす。戸隠はただ素敵な筐をもって来ただけなのにっす」

「うるさい、そんなの関係ない!」

 いつの間にか、箱のことよりも戸隠叩くのが楽しくなって来た霊夢であった。
箱の中身はひよこさんを模したお菓子っすよ。
戸隠
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.140簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
良かったです
3.80名前が無い程度の能力削除
おばさん何してんの…
4.100名前が無い程度の能力削除
なるほど縁起悪い
6.10名前が無い程度の能力削除
縁起の悪さを感じさせる絶妙なカラーリングセンス、すばらしい
7.10名前が無い程度の能力削除
ツィネ
8.10名前が無い程度の能力削除
ドMの戸隠にはご褒美なんじゃないっすか
10.70名前が無い程度の能力削除
もしかしてあの箱ですか?
12.100南条削除
新年から禍々しいっすよ先生!
13.100名前が無い程度の能力削除
おお怖い怖い