Coolier - 新生・東方創想話

口づけのスケッチ

2018/11/15 00:04:10
最終更新
サイズ
1.36KB
ページ数
1
閲覧数
489
評価数
3/6
POINT
380
Rate
11.57

分類タグ

 口づけのスケッチ

 レミリアが咲夜の襟を掴む。小さな手でぎゅっと一生懸命握って自分より背の高い咲夜にしがみつくように引き寄せる。咲夜の三つ編みが揺れてレミリアの手の甲を撫ぜた。筆でくすぐられるような鋭い感覚で手を離しそうになるが堪えた。ベッドに腰掛ける勢いで咲夜を引っ張り込むと、彼女の方はゆっくり肘をつき手をつきゆっくりと倒れ込んだ。ちんちくりんの体重ではとても敵わないし、咲夜は賢い。レミリアは自分から誘うように唇を奪ってやりたかったのに咲夜が覆いかぶさり、イニシアチブを喪失した。ほおから首、顎までするすると撫でられるとシャープな刺激で首を縮こませてしまう。またするすると手を滑らせてレミリアの両目を右手で覆った。じわじわ温かい感覚が伝わって気持ちいい。親指が鼻に添えられると少し息苦しくなって、きゅっと結んでいた口元が緩む。ぷはっ、小ちゃなお口が開いたその瞬間に凹凸を合わせるように咲夜は食らいついた。少女は驚いて口を閉じたが間に合わない。舌が唇を這って、しっかり凹凸の噛み合った相手の唇が開くとほとんど自動的に口が開いてしまった。蛇が木のうろに潜むようにスルスルと暗がりに忍び寄る舌にレミリアは縮こまった。視覚を奪われて手足も無意識にぎゅうと縮こまって身動きが取れない。もっとも、彼女はそのことに気付いてさえいない。巧みにうろに入り込む蛇の毒で主人を「きもちく」してやると咲夜は「十分なところで口を離した。蛇を求めて唇がぱくぱく動いたが気に留めず肩口で自分の唇を拭った。そのまま声もかけず立ち去るとベッドには唇をひどく汚した少女が横たわって胸を上下して小さく喘ぐのみだった。
 
二次創作ゲーム「3rd eye」制作中です。
http://3rdeye.sai-chan.com/jp/index.html
twitterID
https://twitter.com/ittetu_
いってつ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.120簡易評価
1.80奇声を発する程度の能力削除
短いながらも良かったです
4.80雪月楓削除
えっち
5.100名前が無い程度の能力削除
すこ