Coolier - 新生・東方創想話

苦しくも黒

2018/10/31 23:18:42
最終更新
サイズ
4.17KB
ページ数
1
閲覧数
356
評価数
6/8
POINT
640
Rate
14.78

分類タグ

 三途の河。
 此岸と彼岸を別け隔てる河。

 人は死を迎えると。やがてここにたどり着く。
 生前の行いに応じた船旅の後、彼岸にたどり着いて裁きを受ける。

 死者の魂。世界のシステム。そして私、四季映姫にとって、この行程は極めて重要だ。

 当然、その船旅を担う死神とよばれる者達も、また然り。
 
「死神の仕事はつまり、この世界にとって大事な行いなのです」
「いやあ、流石は四季様。良いことをおっしゃる」

 三途の河のほとり。此岸側の発着所に当たる場所。
 そこに立つ部下の死神、小野塚小町は、私の言葉を聞いて嬉しそうに頷いている。
 
「では。その点を踏まえてまず、聞きます」
「何なりと」
「その頭に巻かれたネクタイは何ですか?」

 ごくありふれた、量産品のネクタイだ。
 落ち着いた色合いと柄から、仕事用だと推測出来る。

 だが、私の知識が正しければ。
 三途の渡し守は職務中、頭にネクタイを巻くべし。という規則は存在しない。

 そして私の記憶が正しければ。
 この身なりは、泥酔した中年男性に限り適用される、特殊な規則だったはずだ。

 要するに私は、小町が職務中に飲酒したのではないか、と疑っている。

「その、実は昨日から頭痛がしましてね」
「それとネクタイに何の関係が?」
「紫色の頭巻きは頭痛に効くのですよ」
「確かに、染料のムラサキの根は、漢方薬の原料でもありますね」

 だが、原料に薬効があるとはいえ、それで染めた物を巻くだけで効果があるかは疑問だ。
 小町の場合は、それ以前の問題なのだけれど。

「でも、青です」
「え?」
「貴女の頭に巻かれたネクタイは、青色だと言っているのです」
「え、ウソ、なんで? 昨日のと違……ああいや、へへへ、色感覚の違いってやつですよ」

 そもそも、地獄にしろ幻想郷にしろ、頭痛薬くらいは流通している。
 あえて迂遠な薬効に頼るまでも無いし、もとより小町はせっかちな女だ。

「では、次にいきますが……その胸は何ですか」
「いやいや。これはあたいの身体の一部ですよ。俗に言うところのおっぱいです」

 女性の平均寸法を大きく上回る、小町の胸部。
 美人で豊満とは羨ましい限りだが、今回注目しているのは、胸そのものでは無い。

「俗称おっぱいの上に零れた、柿ピーと枝豆について尋ねているのです」
「うわ、なんじゃこりゃ……いや、ははは、これはあたいの身体の一部ですよ。俗に言う」
「俗に言うところの、おつまみ」
「……うーぷす」

 信じられない事なのだが。小町を発見した際、彼女は地面で大の字になって寝ていた。
 私が近づいたら、驚いた猫のごとく飛び起きた。当然だが、胸元に気を払っている訳は無い。

 にも拘わらず、柿ピーや枝豆が胸に載ったままなのは、一体全体どういう事なのだろう。
 小町のおつまみに対する執念か? それとも、あの大質量が重力を生んだとでも言うのか。

「では、これが最後です。貴女の足下にある空の一升瓶には、何が入っていたのですか?」
「はい! これは醤油です!」
「そんな、待ってました、みたいな顔しないの」
 
 自称醤油の一升瓶から、日本酒の香りが漂っているのは言うまでも無い。
 ラベルにはロマンスグレーと書かれているが、美少年あたりの亜種だろうか。あるいは彼女の好みの現れか。

「黒ですね。罪状は、職務中の飲酒」
「そんな! 青と茶と緑と灰で、黒などどこにも!」

 本当に一升瓶が醤油だったなら黒では? と思ったが、言わないでおこう。ややこしくなる。

 私は小町に近づき、つま先立って、彼女の口元に鼻を寄せる。
 こういう時、身長差が大きいと煩わしい。

「し、四季様。公の場でそんな。いや、あたいはいつでもウエルカムですけど」
「よしんば私がその気だったとしても、萎えるでしょうね。酒臭いったらありません」
「ひどい」

 あらゆる意味で酷いのは、小町の方なのだけれど。

「さて。何か言い分は?」
「おっしゃっている意味が分かりかねます」
「この期に及んでまだそんな事を」
 
 まあ、それなりに長い付き合いだ。これくらいは想定内。

「あたいが酒を呑んでいた、明確な証拠はあるんですか!」
「山ほどありますが……ではその証拠、隠滅させてあげましょう」
「えっ?」

 小町の前に差し出したのは、黒い液体で満たされた一升瓶。

「四季様。こ、これって」
「はい。これは醤油です」
「そんな、待ってました、みたいな顔で……」

 そう、想定内だ。彼女の言い訳のパターン程度は。

「これを飲み干せば、晴れて貴女の証言通りね?」
「マジすかボス」
「明日の厠は、黒くなりそうね」

 私らしからぬ、温情あふれる逃げ道の提示。是非とも喜んで欲しいところだ。
 
 しかし小町は、天を仰いで膝から崩れ落ち、土下座の体勢をとって叫んだ。

「すいませんでしたァー! どうか引っ叩いてください!」

 部下が自らそう言うなら、仕方が無い。
 進んで差し出された後頭部。私はその前に屈み込み、平手の狙いを定める。
 
 河岸に、小気味の良い快音と、短い悲鳴が響きわたった。
「ところで、味はどうでしたか? ロマンスグレー」
「四季様の容姿でそうおっしゃると、妙な背徳感がありますね」
「何を訳の分らない事を。美味しかったのであれば、私も試してみようかと思っただけです」
「なぜ背徳を加速させるんですか」


こんにちは。もしくは初めまして。もふもリストです。

苦しくも黒。いかがでしたでしょうか。
中身の無い話なので、あとがきに書くことも無くて困ります。

それでは。お読み頂き、ありがとうございました。
もふもリスト
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.90簡易評価
1.90奇声を発する程度の能力削除
楽しめました
2.100サク_ウマ削除
良かったです
3.100名前が無い程度の能力削除
よかった!
5.80名前が無い程度の能力削除
コーラ おいしいです

それは しょうゆです
7.80名前が無い程度の能力削除
大質量w
8.100南条削除
面白かったです
短いのにきっちり落としていてとてもよかったです
これぞ彼岸の日常