Coolier - 新生・東方創想話

空蝉少女

2018/10/28 16:30:10
最終更新
サイズ
3.59KB
ページ数
1
閲覧数
251
評価数
6/9
POINT
700
Rate
14.50

分類タグ

 

 一、少女は、それをただ見つめていました。
 蝉の抜け殻がありました。木の幹と同じ色をしているので普段は目に留まらないのですが、異質な形から一度気づくと、どうにもその木を目にするたび見てしまうものです。
 少女は木の下で、それをただ見つめていました。
 木は丁度良い大きさで、少女は木陰に完全に入ることが出来ました。暑さを忘れることが出来ました。
 ときおり、水筒から水を飲んでいれば、あとは心配がいりませんでした。抜け殻は、逃げることが決してないのですから。

 二、少女は、それに手を触れてみました。
 抜け殻からは、白いイトが出ていました。それは蝉が大人になるのに足掛けにするものでしたが、今となってはもう何の役にも立ちません。
 棄てられてしまったそれを、少女は何となく引っ張ってみました。すると、それは簡単にぷつりと切れてしまいました。
 それは複雑に捻じれたままで、少女がどれだけ手の中で動かそうと、綺麗に伸びることはありませんでした。
 でも、別に良かったのです。切れた先まで白いことが分かっただけ、良かったのです。

 三、少女は、それに息を吹きかけてみました。
 口を少し窄めて、隙間に風を当てました。すると、ぎゅーっと、籠った音がかえってきました。
 けれど、抜け殻はびくともしませんでした。それはそうです。
 温かみなど感じることのない抜け殻は、もはや力によって動かすしかないのですから。
 少女はふと、抜け殻のなくなる冬を浮かべました。冷たい風にも弱いことを、思い直したのです。

 四、少女は、それを手に取ってみました。
 ちょっとやそっとでは落ちないよう、幹にしっかりとくっついている物でしたが、とろうと思えば案外綺麗にとれる物でした。
 少女はそれを初めて、裏側から見ることが出来ました。それは、表側以上に異質でした。
 変に曲がっている足は、なによりじっとするまでに足掻いた証なのでしょう。
 それは、確かに生きていたのです。抜けたのがいつなのか分からない少女にも、生きていたことが伝わったのです。

 五、少女は、それを持て余していました。
 抜け殻は当然、動きません。少女が手の中に収めていれば、いつまでも、そのままなのです。
 でも、やがて、手は窮屈に感じられました。
 大切なものはいつまでも手中におさめておきたいものですが、少女には、果たしてそれが本当に大切なものなのか、疑問に思えてきたのです。
 少女は考え直しました。これは、蝉にとって大切なものかもしれないと。でも、蝉の心など、分かる物ではありませんでした。

 六、少女は、その様を見ました。
 いよいよ暗くなって、蝉が羽化をする時間になったのです。地面から、蝉が這い出てきました。
 蝉は地上に目が眩んでいるようかのに、ちどり足でした。それでも確かに、抜け殻の止まっていた木にしがみつきました。
 蝉はゆっくりと、木を登っていきました。そして、少女が抜け殻を外した場所とほとんど同じ場所で、蝉はじっとしました。
 少女は息をのみ、待ちました。蝉にとって、抜け殻はどんなものか、知りたかったのです。

 七、少女は、抜け殻の意味を知りました。
 少女が待っていると、やがて蝉の背中に亀裂が走り、中から生まれたての蝉が出てきました。
 透き通る白から緑のグラデーション。うっすらとした金色に黒の意匠。それは、少女の憧れる、美しさそのものでした。少女はそれに見入りました。
 その時、優しく手に握られた抜け殻の感触に、少女はふと思い出しました。黒くて、うるさくて、時に意味もなくこっちに向かってくるあの蝉の姿を。
 少女は、あれとこれが同じ生物であることに気づくと、抜け殻を温かく、両手で包み込みました。
 少女が見つめていると、蝉は静かに抜け殻から離れ、すぐ横の幹に止まりました。少女は、また一つ、生まれた抜け殻を同じように手の中に包み込みました。


 ―――朝には、蝉は黒くなって、あれらの仲間入りをするのでしょう。それでも、この抜け殻に刻まれた美しい姿、その軌跡を決して忘れないの。抜け殻を残した理由はきっとそうでしょう、私?―――



 八、少女は、それと共に旅に出ました。
 されど、抜け殻は抜け殻。何も入っていないのでは、空しくなってしまうものです。
 少女は旅に出ました。まるで八日目の蝉が、生きていられなくなるように。

 抜け殻をまた、満たすため。
意味もなく集めるのが楽しかった日々に戻りたい。
むしとりせいねん
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.130簡易評価
1.100サク_ウマ削除
とても好きです。こいしちゃんのからっぽさがとても良い味を出している、素敵な散文詩でした。
2.90奇声を発する程度の能力削除
良かったです
4.100名前が無い程度の能力削除
実にこいしちゃんって感じ
6.90名前が無い程度の能力削除
綺麗な話でした
7.100仲村アペンド削除
美しい世界観で綺麗にまとめられており文句なしです。
8.90南条削除
とてもきれいでした