Coolier - 新生・東方創想話

4分33秒

2018/09/29 16:54:08
最終更新
サイズ
4.33KB
ページ数
2
閲覧数
1281
評価数
9/16
POINT
1050
Rate
12.65

分類タグ

 最後の書類を書き上げて、私はふうと息を吐きました。
        
        
 時計を見れば、もう日付も変わっていたようでした。
        
        
 都合4時間も、私は書類と格闘していたらしいのです。
        
        
 それを自覚した途端、私は心地よい疲労感に襲われ、くわ、と欠伸をしかかって。
        
        
 その開きかかった口を、何者かの手に塞がれたのです。
        
        
 いえ、何者かなど、考えるまでもありません。
        
        
 私に気付かれずにここまで近付き。
        
        
 あまつさえ、心を読まれぬままに私の口を塞ぐなんてことができるのは。
        
        
 私の愛しき妹、こいし以外にはありえないのです。
        
        
 こいしは私の口から手を離すと。
        
        
 今度は私の唇に、指を一本当ててきました。
        
        
 静かにして、と言いたいのでしょう。
        
        
 分かりました、と私は静かに頷きました。
        
        
 辺りはしんと静まり返っていました。
        
        
 ペットたちの鳴き声ひとつ聞こえないのです。
        
        
 もしやこいしはペットたちをどこかに連れて行ったのかしら。
        
        
 私の頭にそんな考えがよぎりましたが。
        
        
 すぐにそれは間違いだと分かりました。
        
        
 私の耳が静寂に慣れるにつれて。
        
        
 ペットたちの息遣いが、あちらこちらから聞こえてきたのです。
        
        
 ただ、その心の内までは、聞こえてくることはありませんでした。
        
        
 こいしの仕業でした。
        
        
 私のサードアイが、何者の心も映さぬように。
        
        
 こいしはその眼を、その手で覆っていたのでした。
        
        
 不思議な感覚でした。
        
        
 誰の心も聞こえぬ静寂を、私は久々に経験したのでした。
        
        
 そしてそれはその昔、まだここにただの一匹のペットすらいなかったあの頃の静寂とは、まるで異なるものだったのでした。
       
       
       
       
       
       
       
 針が時を刻みました。
       
       
       
       
       
 ペットの身じろぎが聞こえました。
       
       
       
       
       
 廊下に足音が響きました。
       
       
       
       
       
 遙か旧都の辺りから、微かに騒ぎ声が届きました。
       
       
       
       
       
       
       
 静寂がこれほど雄弁だとは、私は今まで知りませんでした。
       
       
 否。
       
       
 もはやここにあるのは、静寂とは異なるものでした。
        
        
 この空間を表現する言葉を、私は持ち得ませんでした。
        
        
 ああ、こいしはこれを聴かせたかったのですね。
        
        
 私はようやく、それに思い至ったのでした。

コメントは最後のページに表示されます。