Coolier - 新生・東方創想話

油絵具を塗り重ねて

2018/04/08 23:58:12
最終更新
サイズ
1.99KB
ページ数
1
閲覧数
602
評価数
8/15
POINT
640
Rate
8.31

分類タグ

 認識できるは腕の距離、見えない世界は分からない。
 憧れたのは絵本の世界、ぬいぐるみの国があったら楽しそうだと思ったことだ。気まま勝手に動き回って、翻弄されて追いかけて、笑って疲れておやすみなさい。子供の空想、夢だけの世界。おはようと、こんにちはと、言っても返事をしてくれない。寂しく感じたのは何時頃か、挨拶を返して欲しくて指先から糸を伸ばした。
 鏡に映る作り物の笑顔、人形のように綺麗だと皆に言われた。不思議に思った懐かしい記憶。貴方に笑顔を向けて欲しくて、研究を始めたのが全ての始まりだ。綺麗だね、可愛いね。真心を込めて、人形に針を通す。目一杯にお洒落して着飾るのだ。何時の日か、ありがとう、と笑顔をくれる日を夢に見た。
 外を見た、雪が積もった。春先なのに雪溶けは来ず、不思議に思って外に出た。
 紅白と白黒によって彩られた弾幕を見て、瞳に映る世界は目一杯に広がった。認識できるは友達の数だけ、色んな冒険をいっぱいした。夢のような経験を沢山した。雪を吹き飛ばす満開の桜吹雪、悠久の美しさを保つ姫君、三日毎の宴会騒動、御転婆お嬢様と天空都市、地底の女主人に地底都市。それはまるで子供が夢見る世界、言葉を並べるだけで大冒険だ。
 風が吹き抜けるように世界は広がった、認識するのも難しいくらいに世界は広くなった。どこまでも飛び出せそうな気持ちになった時、ふと過去の私が寂しそうに服の裾を引っ張るのだ。
 行っちゃうの? 変わらないわ。
 進む足を止めることはできない。手は人形に触れるためにあった、声は人形に語るためにあった。今は両腕を目いっぱいに伸ばして、満面の笑顔でくるくると走り出せる。世界は変わる、変わった分だけ私も変わる、ならわたしは必要ないね。そんなことはないわ。指先の糸を手繰り寄せて、人形を私の肩に乗せる。今は貴方と新しい世界を見てみたいと、お互いに満面の笑顔で語り合いたいと。それは夢のある話だね、と過去の私がはにかんだ。
 もう絵本の世界は必要ない、子供の時に見た夢は過ぎ去った。
 埃被った絵日記、色褪せた世界。ふと手に取って拙い空想に苦笑い。大切に机の引き出しに入れて鍵を掛ける。部屋を出る。軽い足取り、油絵を塗り重ねるように世界は変わる。向かう先には洒落た家具にお気に入りのティーセット、今日はこんなことがあったね、と人形の手入れをしながら語り聞かせる。
 いつか貴方のお話を聴けることを夢見て、布団に潜る。
1000文字小説 997文字
まふ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.230簡易評価
1.10名前が無い程度の能力削除
箇条書き?いつ面白くなるの?
2.10名前が無い程度の能力削除
またプロットでしょうか?
6.100名前が無い程度の能力削除
個人的には爽やかさの後ろに、鬱屈とした気持ちを感じます。
ありがとうございました
7.80大豆まめ削除
Romantic Childrenという単語がふと頭をよぎりました。
短いながらも色々と思わせぶりな掌編でした。
8.30名前が無い程度の能力削除
詩を綴る際、文章の末尾に韻の踏み方を集約させてしまうと作品全体がのっぺりとしたものになります。音のリズムに意外性がなくなるということです。同様に体言止めの多様もわきまえた方がよろしいでしょう。日本語である以上、押韻を備えるとどうしても音楽の詩になりがちで、活字としてみるといささか滑稽に映ります。

あなたの作品を最後まで読めたのは初めてだったのでこの点数で。タイトルに吸い寄せられました。
詩を沢山お読みになられると良いでしょう。期待も込めてます。
9.20名前が無い程度の能力削除
んー、なんか言い回しが空回っててちょっと寒いかな
文章がまずくて映像が浮かんでこない
12.80名前が無い程度の能力削除
良かったです
14.無評価Mankey削除
タイトル通り、油絵具を塗り重ねたような作品でした
意図的に演じてらっしゃるのなら、それは成功していると、私は確信します
16.80KoCyan64削除
1000文字という短さながらアリスの幸せそうな情景が伝わります。

あれ?これでおしまい?もうちょっと欲しいなと思える作品でした。
17.無評価名前が無い程度の能力削除
>>14のコメントの方が指摘しているみたいなんですが、まさかバルザックですか?
タイトルからしてひょっとしたらと思っていたのですが、そこまで思いつめる必要はないのでは?
もっと気楽にやるべきだと思いますよ。