Coolier - 新生・東方創想話

アワー・ロスト・エイジ

2018/01/14 13:21:30
最終更新
サイズ
19.09KB
ページ数
1
閲覧数
2803
評価数
29/52
POINT
3940
Rate
14.96

分類タグ


Our Lost Age

  ニューヨークは何処までも果てしなく続くビルの谷間ではなかったのだ。そこには限りがあった。その最も高いビルディングの頂上で人がはじめて見出すのは、四方の先端を大地の中にすっぽりと吸い込まれた限りある都市の姿である。果てることなくどこまでも続いているのは街ではなく、青や緑の大地なのだ。ニューヨークは結局のところただの街でしかなかった、宇宙なんかじゃないんだ、そんな思いが人を愕然とさせる。彼が想像の世界に営々と築き上げてきた光輝く宮殿は、もろくも地上に崩れ落ちる。エンパイア・ステート・ビルこそはかのアルフレッド・E・スミスがニューヨーク市民に贈った迂闊なプレゼントということになるだろう。
――F・スコット・フィッツジェラルド『マイ・ロスト・シティー』より。


   #01

 グッチにデン・ビル、シャネル、そしてルイ・ヴィトン。女苑は店の中を歩き回りながら目についたものを手当たり次第に脇へと抱えこんだ。スーツを着こんだ店主の唇がひきつるのが見えた。ひと通り堪能したのち女苑はサングラスを引き上げてカウンターへと顎を向けた。店主が深々と頭を下げて自ら会計を始める。手首を返して腕時計を確認すると女苑は大量の紙袋を提げて店から出た。見送りに出てきた店主一同に笑みを返して歩き始める。
 店の屋根に座って待機していた紫苑がこちらに気づいてふよふよと降りてきた。女苑は彼女の手に紙袋をすべて押しつけると欠けたお椀のなかにお釣りの硬貨を放りこんでやった。紫苑が眉を寄せて姿勢を下げこちらの表情を窺うように睨んできた。そして云った。
 まさかこれがお駄賃じゃないでしょうね。けっこう重いんだけど。
 姉さんに大金は渡したくないもの。すぐに失くしちゃうのが眼に見えてる。
 私のせいじゃない。
 ほらまた。私のせいじゃない。何回きかされたかしら。
 女苑。お前……。
 さて。買い物は終わったし、次はお食事ね。
 女苑が歩きだすと往来の人波がまるでモーセの奇蹟のように左右に分けられていくように思えた。得意げな顔で振り返ると紫苑は仏頂面で視線をそらした。彼女は眼をそむけたまま女苑にだけ聴こえるような小さな声でつぶやく。
 また買ってしまったのね。それも沢山。
 だったら何よ。
 別に。
 羨ましいんだ?
 それ以前に呆れてる。ストイックな生き方はもうお終い? 紫苑は首を傾げて続ける。お寺に戻ったんじゃなかったの。急に呼び出してきたと思ったら人に荷物持ちさせてショッピングなんて。向こうにいたときとちっとも変わってないじゃない。
 女苑は立ち止まった。ブランコしていた派手なイヤリングがじっと垂れ下がる。
 ……そういう姉さんはあの天人とは別れたわけ?
 まあね。私たち二人の相性は好かったんだけどこの世界と私たちの相性は最悪だったみたい。次に暴れたらこの世界から追放してやると巫女に云われたんじゃさすがにハンカチを振らざるを得なかったわ。
 振れるようなハンカチもないくせに。
 そうね。
 それで別行動?
 ええ。
 ふうん。
 なに。嫉妬?
 ばか云え。

 女苑は歩きながら再び腕時計を確認した。姉さんおやつにはぴったりの時間ね。そう呼びかけると紫苑が激しく身体を上下させて周囲をくるくると飛び回った。そうね。もう三時だものね。云っておくけど女苑だけレストランでスペシャル・パフェを頼んで私は屋台のポン菓子ってのはなしだからね。
 ええ。任せておきなさい。あとあんまり暴れないでよ袋なくしちゃうじゃない。
 紫苑はお椀からあふれ出てきた濃い紫色の光を慌てて押しとどめるとふうっと息をついた。
 女苑は釘を刺しておいた。文句ひとつでも云ったらただ働きしてもらうから。
 や。堪忍してぇ。
 よろしい。――つーか姉さん。私がお下がりに譲ってやったブランドの服とか宝石はどうしたのよ。
 売った。
 なんで。
 とにかく浴びるほどの現金(キャッシュ)が欲しかったから。それにまずはお腹いっぱい食べたい。
 あいかわらず発想が貧困ねぇ。
 女苑はお酒ばかり飲んで栄養あるもの食べないからね。だから身体ちっこいし肉づきも悪いのよ。
 それこそ姉さんには云われたくないわよ。
 紫苑が少しだけ顎を引いた。長いまつげが群青色の瞳にさしかかった。
 本当を云うと失くしたり汚しちゃうのが怖かったから。大切に扱っているつもりなのにいつもこうだもの。
 そう云って継ぎはぎと警告文だらけのパーカーの裾を引っ張った。
 女苑は返す言葉も思いつかず黙っていた。二人は里の広場を横切って別の通りに入ると店の一軒一軒を覗きまわって歩いた。その途中で紫苑が声を上げる。
 お下がりで思い出した。
 なに。
 むかしあんたが譲ってくれたアクセサリーにロケットがあったでしょ。メッキした真鍮製の。
 そんなのあったっけ。
 あったわよ。中を開いたら空だったけどあれって写真とかを入れるものなんでしょ。本当は何が入っていたの。
 覚えてない。
 あらそう。
 もしかしてそれも売っ払っちゃったわけ。
 やっぱり気にしてるじゃない。
 うるせえ。
 好さげな甘味処の前で女苑が立ち止まると紫苑は人差し指を唇に当てた。
 予約は? 高いんでしょここ。
 私の持ってるブランド品とこの買い物袋を見せつけたら今いる客を追い出してでも入れてくれるわよ。心配しないで。
 頼もしい妹。

   #02

 陽が落ちても夜が更けても女苑の豪遊という名の浪費は続いた。最初は紫苑も彼女の暴飲暴食に大いに付き合っていたが、三軒目も終わりになるころには消化に慣れていない胃腸が悲鳴を上げ肝臓が断末魔と共に事切れた。酔っぱらった女苑に足首をつかまれて宙に浮かびながら仰向けに連行されるさまは浜辺に打ち上げられた土左衛門のようだった。胃液まじりの涎を垂らしながら夜空を眺めている紫苑の視界には満天の冬の星空。里の繁華街とも呼ぶべきこの通りには提灯が朝まで消されることなく灯され続けていて、ぼやけた眼には魔法で生み出された燈火(ともしび)の行列のように見えた。それは紫苑にかつて過ごした街の夜の最期の明かりを思い起こさせた。二人で過ごしたあの季節。音楽。そして潜り続けてきた札束と金品の山。
 さあ付いてきなさいっ。まだまだ私たちの夜は終わらないわよ!
 女苑の旅路に付き従うのは紫苑だけではない。今や次の店を探す彼女の後ろには幾人もの若者たちがいた。裕福で夜の暇をもてあました次男坊たち。この世で足りないものは自由だけだと朗らかに赤らんだ顔は告げている。そんな彼らを紫苑は横目で見ていた。何も言葉を手渡すこともなく。
 河童の手で中が洋風に改装されたその店は泡(あぶく)のように金が消えていく他はそこらの居酒屋と何も変わらなそうに思われた。女苑はこの日のために店に届けさせた特別な酒を惜しげもなく若者たちに振る舞った。
 席についた紫苑は乾杯のあとで妹に向けて云った。
 ねえ女苑。このお酒。
 妹の声は呂律が回っていない。ええそうよ。ロマネ・コンティをドンペリのロゼで割ったやつ。
 よくもまあこの世界にあったものね。
 ほんと。云ってみるものね。懐かしいでしょ。ね、ね?
 まあ。うん。
 女苑はハイペースで呑み続けていった。紫苑はと云えばピンドンをひと口のんだだけで舌が痺れるような感覚が走りほっぺがぎゅっとすぼまった。ピンクのしゅわしゅわ、と口の中で呟いた。饗宴もここまで来てしまうと酒ばかりが進んで料理にはあまり手が付けられなくなる。紫苑は勿体なく思えて箸を動かす手を止められなかった。パーカーのフードを被って横顔を隠しひたすら食べ続ける。となりに座っていた若者が心配そうに声をかけてきた。紫苑は答えた。食べるったら食べるの。好いから。構わないで。こんなの次にいつありつけるか分からないじゃない。
 宴は続き余興が始まる。男たちは服を脱いだり得たいの知れないカクテルを罰ゲームと称して飲ませあったりし始めた。紫苑は箸を置いて座席にもたれた。シーリング・ファンに合わせて視界がぐるぐると回った。そのうち酩酊のあまり首が紐で吊るされた穴あき硬貨のように前後し始めた。女苑の叫ぶような歓声が聴こえる。なんて素晴らしい夜なんでしょう。なんて甘美なひと時なんでしょう!
 妹は突然ブーツを脱いだ。テーブルの上に飛び乗るとシルクハットを手に取り危なっかしく一礼した。若者たちが拳を振りあげ指笛を吹き鳴らす。紫苑が呆気に取られて見ていると妹はこちらを見てにっと白い歯を見せた。そしてジュリ扇を広げるとテーブルをスポットライトに飾られたステージに見立てて踊り始めた。店に沸き起こった歓声は虹色の輝きに満ちていて天井を突き破らんばかりだった。
 そのうち女苑は歯止めが掛からなくなった。金をばらまき酒をイッキ飲みし男たちと肩を組んで合唱した。そして若者の一人から煙草らしきものを受け取って吸ったところでぐったりとして席に項垂れてしまった。煙草を吸わせた男が介抱のために姉妹の間に割りこむように座った。紫苑は身を乗り出して二人を見た。彼は女苑の背中をさすりながらもう一方の手をスカートの中に潜りこませていた。彼が手を動かすと女苑が子猫のように首を動かして男の肩に頭をもたせかけた。
 紫苑は立ち上がった。
 おいてめえ。――ちょっと女苑。ねえってば。
 なによぅ。
 帰りましょう。
 まだまだこれからじゃない。
 いくらなんでも飲みすぎ。見てられないわ。
 でも気持ち好いの。とっても気持ち好いのよ。なんで帰らないといけないの。
 そう云っていつも後悔してるじゃない。
 紫苑の言葉に女苑は無言になった。さっきまであれだけどんちき騒ぎしていた若者たちも押し黙った。そして一人また一人と立ち上がってこちらを見ていた。紫苑の深い海色の髪が逆立ち渦を巻くように動き始めると彼らは身を引いた。
 好い子ね。
 紫苑はそう云って女苑に肩を貸し金を支払って店を出た。

 昼間は晴れていた空からいつの間にか雪が降っていた。人影は疎らだった。歩けない妹を負ぶって紫苑は歩きだした。紙袋と合わさって重みは凄まじいものだった。女苑の酒くさい息が頬をなでてくる。その濁った吐息は屋根の庇(ひさし)にたどり着く前に消えてしまった。すこし進んでから紫苑は立ち止まって耳を澄ませた。妹が肩を震わせながら泣いていた。
 女苑。
 ……使っちゃった。
 え?
 また使っちゃったよう。ぜんぶ。すべて。何もかも。
 もっかい稼げば好いじゃない。あんたにはそれができるんだから。
 ちがう。そうじゃないの。姉さん分かってて意地悪いってるでしょ。
 まあね。
 しばらくして女苑は泣き止んだ。鼻をスンと云わせる音が紫苑の鼓膜を打った。妹はバッグに入れていたスキットルからブランデーを口に含むとすこしゆすいでから吐き出した。そして紫苑の肩に顎を乗せて話した。
 ああ。くそ。あいつ煙草なんて嘘ついて変なもの吸わせやがった。
 紫苑は微笑みを返してから歩き出した。
 ずっと前にハートの形をした錠剤を飲まされていたときに比べれば全然マシな顔色をしているわよ。
 姉さんももっと早く止めに入ってくれれば好かったんだ。
 あんたがほどほどで切り上げちゃったら私がおこぼれに与かれないじゃない。
 ……姉さん。
 なに。
 私はこの前に限らず頑張ってきたんだよこれでも。
 ええ見ていたわよ。
 少しは私なんかでも変われるのかなって。
 そうね。
 姉さんだって同じでしょ。何とかしたいっていつも――。
 ぜんぶ空振りに終わったけどね。けっきょく自分から動けば動くほど周りがとばっちりを喰らうから最近はそれも面倒になったわ。あんたには云ってなかったけど向こうにいたころは真面目に働こうと一念発起して地下鉄工事に志願したことがあったのよ。それであんなことが起こって思い知らされたわ。私はそもそも働いちゃいけない存在なんだってね。
 ……金で手に入らない幸せってなんだろね。
 クサいこと云わないでよ今さら。
 私もお寺を出たあとにもう一度だけ働いてみたのよ。
 あれから?
 ええ。
 どこで。
 それって答える必要あるの。
 あんた放っておくとすぐ楽して稼げるヤバい仕事はじめちゃうんだもの。眼が離せないわ。
 ただの飲み屋よ。さっきの店よりもうんと惨めなところ。
 私の眼にはさっきのあんた以上に惨めになるなんて信じられない。
 うるさいな。
 それで?
 散々下町の酔客の相手をさせられて分かったのはやっぱ貧乏ってクソだし清貧なんて言葉はやせ我慢の嘘っぱちってことね。結局のところ貧すれば貧するほど心も貧しくなるのよ。間違っても逆はないわ。
 これからどうするの。
 姉さんこそどうしたいの。
 ……天運を待つ。
 私たちにはもっとも縁遠い言葉ね。
 ええそうね。

   #03

 その建物の前で紫苑は立ち止まると眉をひそめた。寝息を立てている女苑の顔を横目で見た。溶けた雪が鼻の頭で雫をなしていた。それは山荘と云えば聞こえが好いが実際には半世紀ちかく放置されて忘れ去られたアパートの残骸に思えた。妖怪の山の麓に位置していて谷間から吹き下ろしてきた冷たい風が紫苑の素足を震わせた。
 階段を昇って教えてもらった部屋に入り敷かれっぱなしの布団に妹を落ち着けると部屋のすみに荷物を置いて紫苑は溜め息をついた。時代遅れのブラウン管テレビが最初に眼についた。ラックに収められたVHSテープ。妹の丸っこい字でタイトルが書かれていてそこにはかつて姉妹でいっしょに鑑賞したトレンディ・ドラマがあった。きちんと整理整頓されているのはそこまでだった。あとはボスニア戦争が去った後のような散らかり具合だ。
 相変わらず綺麗なのは外面(そとづら)ばかりなのね。
 ……聴こえてるわよ。
 起きてたんだ。
 女苑はうつ伏せになったまま身動きしなかった。紫苑は壁にもたれながら腕を組んで妹の言葉を待った。だが彼女は何も云わなかった。痺れを切らした紫苑は壁から身を離した。
 女苑。ねえ。
 なに。
 帰って好いかな。
 …………ゃ。
 外にいるときは平気な顔して追っ払うくせに。
 …………。
 もう。――分かったわよ。
 紫苑は女苑のそばに腰を下ろして枕元の本を手に取った。かつて妹がよく読んでいたフィッツジェラルドの短篇集だった。紫苑は女苑の髪をまとめているリボンに薬指を触れさせた。そして本を最初から読み始めた。

 しばらくして女苑が身を起こした。爪で頭をかきながら薄緑色の重そうな冷蔵庫から水を取りだして空になるまで飲んだ。二リットルのペットボトルを片手の握力だけでくしゃくしゃにしてしまうとポケットから煙草を一本取り出して吸い始めた。
 姉さんなに読んでるの。
 マイ・ロスト・シティー。
 どのあたり。
 夕空の下タクシーでビルの谷間を進んでいく回想のところ。言葉にならない声。これ以上は手に入らない幸せについて。
 今はあまり読みたい気分じゃないな。その場面。
 あら。前はあんなに読み返していたのに。
 本当に何もかも失ってしまったらやっぱりもういちど求めてしまうんだ。一生で手に入る幸せに限りがあるなんて信じられないし信じたくないもの。
 傲慢ね。
 疫病神だし。不遜で飄逸なくらいじゃないとやっていけない。
 そうね。私もよ。
 女苑がテレビを点けてビデオ・デッキにVHSのテープを入れた。巻き戻しをしていなかったのか途中の場面からいきなり始まった。ハンサムな男優と一世を風靡した女優が会食をしているところだった。紫苑は最初のうち本に意識を集中していたが諦めて妹のとなりに腰を落ち着けた。彼女は横目で見てきただけで離れることはしなかった。
 姉さん。電気消して。
 なんで。
 いいから。
 むき出しの電球の紐を引っ張ると部屋の照明はブラウン管からあふれ出す気だるい光の束だけになった。小さくて暗い部屋で二人はかつてのトレンディ・ドラマを無言で観続けた。肩を寄せ合いながら。息を通わせながら。ゆいいつ盛り上がったのはドラマのクライマックスとその後に録画されていた栄養ドリンクのコマーシャルだった。二人は腕を振りながら合唱した。二十四時間戦えますか。その後に大手家電メーカーのコンポの宣伝、当時は大人気で財力の象徴だった外国車のデモンストレーション、そして化粧品の広告が続いた。録画の再生が終わると映像は途切れテープが自動的に巻き戻しされた。きゅるきゅるという間の抜けていてそれでもどこか親しみの持てるような音が二人の肩をくすぐり天井に漂って消えていった。
 紫苑は訊ねた。怒らないで聞いて欲しいんだけど。
 どうしたの。
 今でも面白いと思うの。ああいうドラマ。
 ええ。楽しめるわよ。女苑はうなずいてからすぐうつむいた。ただ遠い世界の出来事のように感じるだけで。
 本当に魔法のような時代だったわね。街の窓から漏れる明かりのひとつひとつに呪文がかけられていた。どんなことだって起こりうるし何ならどんなことだって起こせるんだという気概に満ちていた。私はあんたに振り回されていただけだったけど。
 あの頃は過ごしやすかったわ。今日みたいに散財しても金は後から後から浴びるほど集めることができたからね。誰の不幸も気にする必要がないくらい街には運気があったし。
 どうかな。私みたいな持たざる者にとってはけっきょく何も変わらなかったよ。すべてが終わった後でとばっちりだけはしっかり喰らっただけで。
 そうかもね。まあ少なくともあの頃の姉さんにはまだ姉なりの威厳があったよ。
 あんたには妹らしい可愛げがあったわ。
 うるせえ。

 ひびの入った窓からは雪がちらついているのが見えた。女苑の誘いもあって紫苑は泊まっていくことにした。テレビの電源を消すと二人は布団を分け合って横になった。女苑は昔話をした。淡々とした口調だった。晴れた日の小川のせせらぎのように変わらないがだからこそ安心できるようなそんな調子だった。
 働くにしてもせめて楽して稼げる仕事が好かったわ。それでツテを頼りに紹介されたのがずいぶん奇妙なやつでね。何人かの仲間といっしょに誰も住んでいない部屋で数日間過ごすのよ。明かりを点けて。水道は流しっぱなしで。ただ来客があっても絶対に応対してはならないし外も出ちゃいけないって感じ。私は漫画を読んで過ごしていた。本当にそれだけだった。そのうち仲間が麻雀を始めたもんだから賭け試合にもつれ込んで大いに盛り上がった。さすがにうるさすぎるんじゃないかと思ったけどむしろ騒いだほうが好いらしいんだな。何度か来客があったけど云いつけ通り応対しなかった。楽しい時間は過ぎ去って仕事はあっという間に終わった。それでも一時間に一回鳴っていた柱時計の音は嫌に鮮明に覚えているわね。
 紫苑は黙って話に耳を傾けていた。
 それがどんな意味を持つ仕事だったのか知ったのはずいぶん後になってからだった。あのころ私のやった仕事は空き家に居座ったり留守の家の鍵を交換したり紙切れを玄関に貼りつけたりする地味なことばかりだった。それで大金が手に入った。誓って云うけど誰かを直接ぶん殴ったりして傷つけたことなんて一度もないよ。でもそうした仕事が崖から突き落とされるほどの不幸を誰かにもたらしていたなんて想像もしていなかった。疫病神の本質は自分が疫病神なんだっていう自覚すら持っていないということね。だから今は加減というものを覚えたわ。でもそこまでして神として存在する意味ってなんなんだ。
 紫苑は囁いた。だから反省してこっちでやっていこうとしたんでしょう。
 女苑は布団を引き上げて顔を隠した。人も神もそう簡単に変わることなんてできないよ。
 確かにあんたの心のなかは変わらず貧相ね。
 姉さん今日に限って辛辣すぎない?
 でもだからこそ新しい思想を受け容れる余地もあるということ。
 ……そうかな。
 そうよ。現に何度もやり直そうとあがいているじゃない。私はもう半ば諦めているわそのあたり。
 新しい思想か。
 別に信じなくても好いわよ。口から出まかせだしね。
 最っ低。
 ふふ。おやすみ。 

   #04

 夜が明けると雪は止んでいた。二人はベランダに出て朝陽を浴びた。冬の風に吹かれて女苑の小麦色の髪が揺れていた。彼女が身体を震わせて身を寄せてきた。山間の廃屋を染め上げる弱い光。積もった雪に反射する淡い光。夜のネオンにずっと慣らされてきた眼には優しく響いた。
 昨日のことだけど。女苑が云った。すこしは懐かしい気持ちになってくれた、姉さん?
 どうしたの急に。
 思い出してほしかったのよ。あの頃のきらめき。少なくとも今よりは笑顔の多かった姉さんの瞳の輝き。
 呆れた。それで荷物持ちなんて口実つけたの。
 でも楽しんでいたのは私だけだったのかな。
 紫苑は髪を手櫛で梳いた。途中までは楽しめたわ。あんたがやり過ぎさえしなければね。でも大丈夫。またやり直せば好いわよ。
 そんな風に焚きつけてまた私のおこぼれに与かる気なんでしょ。
 悪いの。
 別に。姉妹だし。
 紫苑は頬杖を解き顔を上げて女苑を見つめた。彼女は空に視線を据えたまま膨れっ面を浮かべている。
 ありがとね。女苑。
 妹は咳払いして話題をそらした。――思えばあの街の夜は素晴らしかったけど、私は朝も好きだったな。
 へえ。珍しく意見が合うわね。
 狂騒が終わって静まりかえった街の上空から朝陽を拝んでいると最高に澄んだ気分になった。始発の駅に向かう人間たちの格好や表情を眺めながらいろいろ生い立ちを想像したりするのも楽しかったな。なんでそうまで働いて生きてるんだと不思議になったよ。みんな魔法にかかってたんだな。あの時代のあの街に住んでた奴はみんな。何かが起こると信じてた。少なくとも刺激になるような何かが。それは私のような疫病神でも姉さんのような貧乏神でも変わらなかったと思うよ。
 女苑は深く息を吸いこむとシルクハットを被り直した。そしてベランダから飛び降りて雪の中に着地するとこちらを見上げながら云った。とにかく姉さんの云う通り、やり直していくしかないんだよね。地道に。
 また鬱憤ため込んで自爆しなきゃ好いけど。
 そのために姉さんがいるんじゃない。
 私が暴走したときは鎮めるどころかむしろ煽ってきたくせに。
 ――いつかきっと姉さんのことも幸せにしてみせるからね。
 紫苑は口を開いてから閉じた。パーカーのフードが風に吹かれて揺れていた。リボンもまた山風の唄のリズムに合わせるように身体を泳がせていた。紫苑は眼を閉じた。新しい世界の音を聴きながら微笑んで云った。
 ……嘘つき。
 ええ嘘よ。
 妹は歯を見せて笑った。いつもの笑顔に戻っていた。紫苑はベランダの手すりを柔らかく握った。もう一方の手にはロケットが握られていた。古ぼけていて幾度もの紛失と発見を通じて傷ついていたが剥がれたメッキから覗いた真鍮は今でも太陽の光を反射して輝いていた。紫苑はロケットを開いて新たに収まった写真をじっと見つめてからまた閉じた。そしてかけがえのない宝物を祈るように両手で閉じこめ胸に引き寄せた。


~ おしまい ~


(引用元)
 Francis Scott Key Fitzgerald:My Lost City, Fitzgerald Personal Essays (1920-1940), Cambridge University Press, 2005.
 村上春樹 訳(邦題『マイ・ロスト・シティー』)、同短編集所収,中央公論新社,2006年。
 ご読了に感謝いたします。本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------
 以下、コメント返信になります。長文を失礼します。

>>2
 ご読了に感謝いたします。思い通りにいかない二人の関係性を伝えることができて嬉しく思います。
 仰るとおり女苑さんからはとてもノスタルジーを感じますね。
 今作を書くうえでは氏のご作品が大いに参考になりました。改めて感謝いたします。

>>4
 ご読了、ありがとうございます。
 依神姉妹は同じような厄介者であるからこそ対立しながらもお互いのことを理解しあっているのでしょうね。
 嫌われるのは慣れっこという言葉から二人の過去を想像せずにはいられないです。

>>5
 どうもありがとうございます。またお読みいただけますと嬉しいです。

>>6
 ありがとうございます。もうきっとプレイなさったのでしょうか。
 憑依華はいろんな方にとっての「好き」が詰まった飽きのこない作品でしたね。

>>7
 お読みくださり幸福に思います。お褒めの言葉、嬉しいです。
 この二人は台詞の端々から自身の在り方に対する疑問が伝わってくるような気がするので、
 こうした脆い印象の書き方になったのかもしれません。だからこそ姉妹愛が輝くのでしょうね。

>>10
 いつもありがとうございます。これから彼女たちは時間をかけて少しずつ物事を進めていけるようになるか私も気になります。
 原作の描写を読んでいるとほんの小さな歩みながらも前に進めているので、それが大きな救いです。

>>12
 ご読了ありがとうございます。この二人には本当に幸せになってほしいですね。
 幸せになってしまったらそれは疫病神や貧乏神といえるのかという疑問が出てしまうところが歯がゆい感じですが、
 一方で簡単にはへこたれない強さを見せてくれてもいるのでとても物語が詰まっていそうな二人ですね!

>>13
 最後まで読み通してくださり感謝の念に堪えません。できるだけ地の文のそのものには感情をこめずに淡々と書くのは
 新しい書き方になってからの癖ですが、今回はそれがより好い方向に作用してくれたみたいで嬉しいです。
 残り火という言葉は素敵ですね! 二人が今回の異変を起こす前はどのように暮らしていたのかとても興味があります。

>>14
 いつもお付き合いくださり感謝を申し上げます。この二人の描写は憑依華本編のような仲の悪さを残しつつもそのやり取りの端々から
 絆を感じさせるような雰囲気にしようと決めていましたが、成功していたでしょうか。
 このお話を書くためにバブル時代のことを少し調べてみましたが、私はリゲインのCMが思わず何度も再生してしまうほど癖になりました。
 日本のバブル期しかりアメリカの二十年代しかりこうした狂騒の時代には憧れを覚えます。光と影の対比があまりに鮮やかだからでしょうか。
 また、氏の仰るとおり少し前から書き方を変えています。台詞から鍵括弧を外したり読点をできるだけ省いたりしています。
 以前とは反対にできるだけ記号を省いた書き方にすることでどのような効果が生まれるのか実験したくなったのです。

>>16
 どうもありがとうございます。次も頑張りますね!

>>18
 ご感想に感謝を申し上げます。今あるこの姉妹の関係性まで、というのは私も的確に思えます。そうだったら好いなと期待してしまいますね。
 能力の関係から二人いっしょには幸せになれないのかもしれませんね。
 比喩は文章のテンポと相談になりますが使いたいときはバンバン使いたくなりますね。

>>22
 ご読了ありがとうございます。お褒めの言葉も嬉しいです。
 世界観といえば冒頭の店は無縁塚から回収された型落ちや偽物のブランド品をそれらしく扱っているという設定を最初は入れていたのですが、
 お話のテンポが悪くなってしまうので説明部分をごっそり削ってしまいました。できるだけ人物の台詞と動作で済ましてしまいたくなるので、
 こうした世界観との整合性をとるのはいつでも課題になります。ご指摘に感謝いたします。

>>23
 いつもありがとうございます。
 依神姉妹の関係は複雑で当人たちがお互いをどう思っているのか台詞の端々から想像力が刺激されますね。

>>26
 お読みくださりありがとうございました! また機会があればお読みいただけますと幸いです。

>>28
 拙作にお時間を割いてくださりありがたく思います。
 私も直接には経験できなかったのに不思議と依神姉妹に共感しながら書くことができました。これも物語の力なのでしょうか。
 二人はなんだか溺れるという言葉が似合いますね。金に溺れたり思い出に溺れたり幸せに溺れたり。

>>29,>>45
 いつもありがとうございます。またご感想をいただけて嬉しいです。
 最初の一文はいつも悩みの種ですね。読み直しの際には頭を抱えっぱなしになります。
 書き方を何度か変えてきましたが温かみのあるというご感想は不思議と変わることなく氏を始めとして
 何人もの方から頂けていることがとてもありがたく思えます。

>>31
 いつもありがとうございます。素敵と仰っていただけて幸せです。
 素直じゃないという関係は書いていて楽しいです。描写しがいがあります。

>>32
 どうもありがとうございます。
 きれいに書けていたのなら幸いです。目標としているところです。

>>34
 ご感想ありがとうございます。新キャラのお話はひとつの挑戦として自分に課していることでもあります。
 ご好意をもって受け止めてくださり安心いたしました。

>>36
 高い評価をくださり嬉しいです。印象に残していただけたでしょうか。余韻を大事にしたい身にとっては幸甚に思います。
 最後の女苑さんの台詞は不思議と迷わずに書けました。締めにはこれしかないという気持ちでした。

>>39
 お読みくださりありがとうございました。
 最後は綺麗に締めたいという想いは昔から変わることがありませんね。

>>42
 どうもありがとうございます。彼女たちはまさに執着という言葉が似合いますね。
 素晴らしいと評されるようなお話をこれからも書き続けたいです。

>>44
 ありがとうございます。括弧をつけない書き方は台詞と地の文の境界線がほころんでより幻想的かつ抒情的な気分になれます。
 調整が大変でしたが読み通してくださりありがたく思います。
 時代や自分自身に逆らえないというのはこの二人を象徴している言葉のひとつになりそうですね。

>>46
 空気感を褒めてくださり光栄に思います。ありがとうございます。
 短篇ですと解決ではなく方向性を見つけるという結末になることが多いですね。
 寂寥感もまた大事にしたい要素の一つです。原作の姉妹の言動から見え隠れする影の部分には惹かれるものがあります。

>>48
 お読みくださりありがとうございました。
 物語にしたキャラクターを好きになっていただけるのは二次創作に携わる身としてとても光栄なことです。
 またお会いできる機会があれば嬉しいです。

>>49
 ご読了ありがとうございました!
 当時を体験された方に郷愁を感じていただけるなんて書き手として冥利に尽きます。
 80年代後半から90年代初めはファミコンからスーファミへの移行期ですね。家庭用ゲーム業界が目覚ましい進化を遂げた辺りでしょうか。
 女苑さんと紫苑さんがレトロゲームをプレイする展開もきっと面白かったでしょう。
 女苑さんは豪奢な生活を送っているはずなのに確かに慎ましいですね。本当にお酒ばかり飲んでいるのかもしれません。
Cabernet
http://twitter.com/cabernet5080
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1050簡易評価
2.100名前が図書程度の能力削除
簡単には変われなかったり、何度でもやり直せたり、世界は厳しいのか優しいのかわかりません。姉妹の独特の関係性や熱狂と消沈、ノスタルジーなど様々な要素がするするとしていて素晴らしい作品でした。
4.100名前が無い程度の能力削除
寄り添う互いにも卑屈で傲岸で、それでも繋がっている想いの強さが、ほんの僅かな何かでもとても強く眩く感じました。
最初に出会えた依神姉妹のSSがこの作品で良かった。
5.100奇声を発する程度の能力削除
素晴らしく良かったです
6.100名前が無い程度の能力削除
未プレイなので少しよく分からないところもありましたが、それでも良かったです。
7.100名前が無い程度の能力削除
感情の表現が巧みでふたりの脆い部分がひしひしと伝わってきました
強く生きてほしいですね
10.100カワセミ削除
刹那的な生き方しかできない性分、分かっていても失うことへの寂しさ、最後に残るのはお互いのみ。泡を懐かしむのではなく、綺麗な花を咲かせるよう背を伸ばしてもらいたいです。
12.100名前が無い程度の能力削除
狂乱の時代に区切りをつけて
新しい歩みで幸せになって欲しいものです
ふたりてをつないで
13.90名前が無い程度の能力削除
狂乱と高揚のシーンにも一貫して流れるどこか達観したトーンになぜか切なさを感じました。
過ぎ去った時代の残り火を胸の中に燻ぶらせ続けつつも、劇的に何かが変わることはない現在を一握りの希望と期待を自分に言い聞かせながら生きる二人の心情が丁寧に伝わってきます。
14.100名前が無い程度の能力削除
自分たちの性質に苛まれながらも向き合って生きていこうとするふたりの絆が素敵でした
いまとなってはおぼろげですが「あったあった」とCMの懐かしさを思い出しながら、うちはベータだったなぁと動かなくなって久しいデッキが頭にちらつきました。VHSももう幻想入りかぁ(しみじみ)
きらきらの理想は激動の時代に置き忘れたのかもしれないけれど、あの頃の思い出はいつまでも胸にしまったまま(紫苑にとっては、たぶんロケットがそれで)、ふたりにとっての夜明けをこれからの幻想郷で見つけていくのでしょうね
そういえば、今作を含めた三作前から書き方を変えていますね(と言っても芯は変わらず、短編の範囲での試みだと思うのですが)、それでいて読みやすく洗練されていることに感嘆させられるばかりです
(とは言ったもののなにも変えてないよでしたらごめんなさい汗)
今回もとても素敵なお話で楽しめました、目と脳の保養です、ありがとうございました
16.100名前が無い程度の能力削除
いいですね
18.100名前が無い程度の能力削除
変わろうと思ってもなかなか変われないのは、変化を受け入れた後で、今あるこの姉妹の関係性まで変わってしまうのではないか?という恐れが二人の中にあるからなのかな
と、個人的にはそんな解釈を致しました

ともあれ、とても面白い作品でした
所々にある比喩表現も個人的には好みです
22.100kad削除
凄くよかった…。
気になったところといえば、世界観がちょっと幻想郷と離れている感じがしたくらいでと読んでて姉妹の絆をじんわり感じるとてもいい作品でした。ごちそうさまです
23.100南条削除
面白かったです
正反対なような似た者同士のようなよくわからない姉妹ですが、なんだかんだ仲良しな感じが良かったです
24.100名前が無い程度の能力削除
これは良いものです
26.100大豆まめ削除
すごい良かった!
28.100もなじろう削除
かの狂乱の時代を知らない世代のはずなのですが、この湧き上がる懐古感は何処からくるのか

手に入れられない幸せに溺れそうになりながらも二人寄り添い強く生きる姉妹の姿がとてもよかったです
29.100SYSTEMA削除
つかみの一文から素晴らしい。ありがとうございます
31.100名前が無い程度の能力削除
素敵なお話でした。過去を引き摺りながらもお互いを支えあう二人が良かったです。
二人とも素直じゃない、回りくどい形で思いやりを示す姿に暖かい気持ちになりました。
32.100SPII削除
なんですかこのキレイな話は
いいぞもっとやれ
34.100名前が無い程度の能力削除
最近やっとクリアしたので読ませて頂きました
キャラクター像が自分のなかで腑におちる感じで、面白かったです
36.100名前が無い程度の能力削除
このssを読んでから一日、依神姉妹のことが頭から離れなくなりました。それほどに素晴らしかったです。現代の暗い部分と彼女らの素性が相まって、なんとも言えないノスタルジックな感じになりました。最後の女苑のセリフが、非常に印象的でした。文句なしの満点です。
39.100名前が無い程度の能力削除
綺麗な話でした。
42.100乙子削除
素晴らしい作品をありがとうございました。

掴んでは喪くしていく星のもと、彼女たちは何に執着して生きていくのだろうと考えさせられる気持ちでした。クラムボン、クラムボン。
44.100名前が無い程度の能力削除
括弧を付けないまま淡々と自然に吐かれる心の内が、姉妹の絶妙な空気と距離をよく表しているような印象でした。
時代の流れにも己が性分にも逆らえなくても、残る物も掴める物もきっとある、そんな姉妹の神生の一端を味わった気分です。
45.100SYSTEMA削除
うん! 読んでいてよかった。。。。なんという温かみを感じさせる文章。
46.100仲村アペンド削除
素晴らしいお話でした。どこか収まり良い所に着地する訳ではなく、過ぎたものへの寂寥とこれからに思いを馳せる空気感がとても良いです。
48.100名前が無い程度の能力削除
素敵なお話でした。二人が好きになりました。
49.100名前が無い程度の能力削除
社会そのものがお祭り騒ぎと化していた夢の時代、現実に引き戻されて久しい今もなお「あの頃は良かった…」と美化交じりに浸ってしまうのが人(神)の性。
当時小学生とはいえリアルタイムで体験したオッサンにとって、大変懐かしいものがありました。
思えば、黄昏作品ひいては格ゲーというジャンルも、スト2が社会現象化した90年代の狂騒の名残みたいなものですしね。

スケベ男が女苑ちゃんの下の方に手を伸ばしてる隙に、私は慎ましやかな上半身をですな…
52.100i0-0i削除
すごくよかったです。地の文の雰囲気が海外文学の情緒を思わせるもので、心に染み入るようでした。