Coolier - 新生・東方創想話

フライング未遂

2017/11/21 16:56:19
最終更新
サイズ
0.99KB
ページ数
1
閲覧数
451
評価数
1/4
POINT
120
Rate
5.80

分類タグ

「姉ちゃん、今、何月?」
「十月よ、間違いないわ。収穫祭だってこれからよ」
 秋を司る姉妹がふたり、自宅の前で肩を並べて身構えていた。残暑も落ち着き、ふたりの季節はいよいよ最盛期を迎えるところである。
 しかしそのふたりの前には、冬の象徴ともいえる妖怪が首をすくめて立っていた。
 レティ・ホワイトロックだ。
「やっぱり秋が長引きすぎてるわけじゃなかったのね。ひと安心かな」
「やめてよ、いくらなんでも早すぎるよ」
「そうよ、冬支度なんて誰もできてないのよ」
「私は冬そのものではないわ」
「知ってるわよ! 良いとこ取りばっかりして!」
「お願いだから立冬までは二度寝しててよ」
「そんなこと言われてもねえ。なんかこう、力がみなぎってきちゃって。もう冬かなってくらい。……ねえ、たまにはいいんじゃない? 秋、なくったって」
「バッッカじゃないの? 私たちが絶好調なのに、あり得ない!」
「そっちがその気ならやってやろうじゃないの。例年以上に調子のいい私たちなら、冬を封じることすら夢じゃない!」


~天界~
「ねー衣玖ー。今年は初雪、いつくらい?」
「およそ例年通りかと。秋の味覚はこれからです」






今はもう大人しい(いつも通り)
今はもう大人しい(冬まで)

500字縛り(全角スペース、改行込み) その2。
グルメハンターとお天気姉さんがコンビだったおかげで最後の〆をいい感じにできたかな。秋姉妹だって季節そのものではないはずだけど、多少なりとも影響しあってそうなイメージ。
石71
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.90簡易評価
1.30名前が無い程度の能力削除
縛った分だけキッチリ中身が無くなることを何故するのだろう?
せめて字数に対する密度が欲しい。
2.無評価名前が無い程度の能力削除
「やっぱり秋が長引きすぎてるわけじゃなかったのね。ひと安心かな」から。
「やめてよ、いくらなんでも早すぎるよ」
「そうよ、冬支度なんて誰もできてないのよ」
「私は冬そのものではないわ」
「知ってるわよ! 良いとこ取りばっかりして!」
「お願いだから立冬までは二度寝しててよ」
「そんなこと言われてもねえ。なんかこう、力がみなぎってきちゃって。もう冬かなってくらい。……ねえ、たまにはいいんじゃない? 秋、なくったって」
「バッッカじゃないの? 私たちが絶好調なのに、あり得ない!」
「そっちがその気ならやってやろうじゃないの。例年以上に調子のいい私たちなら、冬を封じることすら夢じゃない!」まで言ってることがよくわからない。