Coolier - 新生・東方創想話

ある狼少年の幻想入り第一話人食い妖怪

2017/09/24 08:20:20
最終更新
サイズ
1.02KB
ページ数
1
閲覧数
681
評価数
2/5
POINT
230
Rate
8.50

分類タグ



彼は森の中で「狼」の姿で目が覚めた。

「………!」ふっと我に帰り、ガバッと起き上がる。

いつの間にか狼の姿になってるし…てか何も思い出せねぇ…仕方無い、このままで行くか…
そう思い、辺りを見渡しながら歩き出す。  しばらく歩いた所で、ガサリと茂みが揺れる
「…?!」 茂みをじっと見つめ、警戒する。すると、茂みから金髪で黒のワンピースを来た少女が出てきた。
「わー狼だー!スゴーイ!」その少女は、狼という生物をみたかの様な仕草で彼の周りを跳び跳ねる。
何だただの少女か…
そう安心して、警戒を解いた彼の一瞬の隙をついて、少女は飛びかかり、背中に噛み付いて来た。
「………?!」突然の出来事に不意を突かれ、少女の歯が、彼の背中に深く食い込んだ。
「離せ!!」やっと状況が理解出来た彼は、精一杯の力で暴れ、少女を背中から振りほどこうとしたが、中々振りほどけない。
「あら狼さん喋れるんだ、でもそんなの関係ないね♪」
「あなたは私に食べられるんだから…♪」 その言葉でようやく命の危機と察した彼は、少女の肩を口で持ち、少女を渾身の力で投げ飛ばした。その隙に森を走る、丁度森が明け神社が見えて来たが、先程少女に噛まれた所からは血が流れており、神社を目前にして彼はまた気絶してしまう。
さて、一話目、どうでしたでしょうか?(^^;)よみずらくてすいませんm(-_-)m
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.30簡易評価
1.無評価名前が無い程度の能力削除
そして、霊夢にオオカミ少年は助けられると思った?が、霊夢も喰われてた。ちゃんちゃん

まとめよう
2.無評価名前が無い程度の能力削除
・ライトノベルではなく小説の本を読んでもう少し書き方を勉強してください
・吹き出しと地の文を混ぜない方がいい
・×よみずらくて→よみづらくて 顔文字使っても何のフォローにもなってないです
・短すぎます。漫画でいう2ページ足らずで終わってしまう内容です
・話の方向性を見せる所まで書いてから投下してください。少なくとも今の文章の20倍くらいは書かないとそこまで持って行けそうにないです
3.100名前が無い程度の能力削除
あなたの名前、他の方と被ってますよ。
その方はもう十二年近く投稿されていない様なので混同される事は無いでしょうが、あまりいい事ではありません。
もしかするとあなた自身も長く使ってきた名前なのかもしれませんが、諦めて改名される事をおすすめします。

まだ右も左も分からないままに書かれている様ですが、一部でも投稿したのならしっかり完結させてくださいね。
書き方の勉強も必要ですが、作品を最後まで書き切ったという達成感を感じる事は創作活動をする上で勉強以上に重要なものです。
応援しています。

自分の世界を世に放ったその勇気に100ポイント
6.無評価名前が無い程度の能力削除
あの…三年位たった後このSSを夜中に寝る前に思い出して
身悶えるハメになるかも知れませんから 個人的には早めに削除した方が
いいと思います…
8.無評価名前が無い程度の能力削除
・プロローグとか序章とか第一話だけ
・やたら短い触りの部分だけしか書かず、面白く感じるところまで話を作らない
・読者的に親近感が感じられるわけでもないオリキャラが主役
過去の創想話において抜きんでて得点が少ないクソSSにありがちな条件を満たしていて、そういうネタの作品かと思いました。もしそうなら、あとは主人公が東方キャラにやたらもてたり、隠された能力が明らかになって東方キャラを倒したり、東方キャラを倒した強敵(これもオリキャラ)相手に無双すれば完璧でした。
そういうネタで作ったのでない場合は、とりあえず、ここにある作品である程度昔の作品で超高得点と超低得点のものをもう少し読んで様子を見てみてはいかがでしょうか?
9.100名前が無い程度の能力削除
3氏に賛同です。
あなたの世界をこれからどんどん広げていってくださいね。
書いていればテクニックは身につきます。

がんばれ! おねーさん応援してるぞ!