Coolier - 新生・東方創想話

ある狼少年の幻想入り~プロローグ~

2017/09/24 07:34:41
最終更新
サイズ
0.88KB
ページ数
1
閲覧数
424
評価数
0/2
POINT
20
Rate
3.00

分類タグ

この物語は、狼少年、もとい化け物と言われた少年の幻想入りである。

「見てあの化け物…」
「うわぁ不気味…」ヒソヒソと自分の事を噂する人間達に何か目もくれず、人垣の真ん中を堂々と突っ切って行く。 ギラギラと光る黄色い目・人間の歯とは全く違う鋭い歯・同じく鋭い爪。 誰もが見ても、人外だと思うだろう。

「……人間共…」立ち止まり、低い声で呟く。 途端に静まり返る人達。
「本当に…喰ってやろうか?」その途端、ほとんどの人が彼の周りから離れた。泣き出した子供もいる。
「たくっ…」彼は呆れた様に言うと、再び歩き出した。

「………?!」しばらく歩いた所で、彼は身も凍る様な異様な殺意を感じた。 

何処だ?!異様な殺意を放っている奴は!?
そう思い、辺りを見渡す。
そして、彼は見つけた。異様な殺意を放っているものを。 しかしそれは、ぼんやりとした感じで、明らかにこっちを見ている。だが、はっきりと見ようとする度に頭が割れる様な激しい頭痛に襲われ、直視出来ない。
「グッ…頭が…」
「ヤバい…意識…が……」 そこで彼は気を失った。
どうでしたか?色々と可笑しい所もあるかもしれませんがそこはスルーの方向で(ーωー;)
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.20簡易評価
2.無評価名前が無い程度の能力削除
おかしいところをスルーして欲しいなら、こんなところに投稿してないでチラシの裏にでも書いてれば?