Coolier - 新生・東方創想話

『襤褸船』

2017/08/15 17:25:20
最終更新
サイズ
2.07KB
ページ数
1
閲覧数
454
評価数
1/1
POINT
100
Rate
12.50

分類タグ

「戸隠のサクヒンメチャメチャして遊ぼう!!」

やったー!!
どうしたの大ちゃん????
今日はこのサクヒンの作者戸隠いないの!!!
えええ?じゃあ、このサクヒン誰が投稿しているの?


『大人の事情なんていつまでも子供のままの私達に関係ないじゃない』





「始まりの終わり」

魔理沙そのスイッチを押しては駄目
霊夢それって押せってことなのか?
あなたならそう言うと思った
じゃあ、そうだな。ポチットな
ああ、だめぇ!


『霊夢がやめろって言う事は本当はやれって事だと信じていたんだ』






「弁護士も裁判員も皆、映姫に買収されているから小町はこのまま告白し続け映姫を納得させなければならない」

え~今日は私の笛盗んで吹いてた小町の裁判します
ちょっと、え?好きな娘のリコーダー吹いちゃうのは思春期特有の病気!
小町、言い訳はそれだけですか?
好き!好きです!あたいが映姫様のことが大好きです!



『小町、今のはちょっと心に響きましたよ。言い訳はそれだけですか?』






「今日の戸隠」

今日は川原で1人バーべキュっす!
淋しくないっす!淋しくなんてない!!っす
だって、国産黒毛和牛さんのステーキっすよ!
刺しがすごいっすよ!!


『でも、この後今日だけ霊夢さんと魔理沙さんが友達になってくれてバーベキュー楽しかったっす○』






「今夜は虫取り大会」

私の虫取り能力世界一ぃいいえええああ
リグル、ご機嫌だね
なにせ、得意な虫取り大会で賞金がでるからね
ふ、精々足元すくわれないように
ところで、アンタ誰?


『主催は郷から十里程離れた住む妖怪の権兵衛である。とくにそれ程強くない。虫取り少年が1000年間虫取りを続けた結果人の輪廻から外れて妖怪になったのである。冒頭でリグルと話していたのとはチガウ』






「なんで、永琳がここにいるの?」

姫様にブチュー!
え?嘘。や、嫌ー!
今宵の唇は永琳がいただきました。ごっちゃン
どうして?なんでこんな卑猥よ


『俗に言う。永琳が寝てる輝夜にキスして喜多町チョンボリレッド!!』






「おなじみの霧雨店」

「どうも始めまして!こんばんはっす。東方チューバーの戸隠っす!!!!」
「始めまして?この間某所に投稿してただろ?だろ?」
「霧雨さん、それ秘密の乙女の花園っす!!」
「乙女心は娘の魔理沙にしかわからんぜ」


『まあまあ、戸隠と一緒にビックに成れば霧雨さんの所に魔理沙さん帰ってくるかもしれないっすよ』
ビタミンC
こいし?
ビタミンD
どうしたの?
おねえちゃん。ビタミンってEよね?
ハラショー?







「おねえちゃんはどっちかって言うとビタミンA?」

 これは古代の言語に違いない、パピルスに記されては居ないが姉を定期的に困らせる伝統文化に違いない。

「いいえ、どちらかというと私ははビタミンBだと思う」

 これに対抗するのには甲骨には記されて居ないが象形文字を連想してみるしかない。

「Eよね」

「Eわね」

 ビタミンといったらもっともポピュラーなのだろうがここはEときているからEで返すのが定石だとおもわれる。

「おねえちゃんはEの意思を継ぐものだったのね」

「私の名前に意思を継ぐとかそんな意識はない」

 そういえば、こいしの部屋にはジャンプする雑誌があったのを、さとりは思い出していた。

「おねえちゃんは酷いね。私をこんな気持にしておいて。切ないよ」

「……理解に苦しむ」

 誰にも理解されぬから流れ着いた地底でまたもや理解仕切れぬ者が身内から発生しているとは予想できていたが容認したくはなかった。

 でも、それが発生してしまったのだからハラショーなのである。

「おねえちゃんは何の実を食べたの?」
雪隠先生
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.簡易評価なし
1.100名前が無い程度の能力削除
戸隠氏=雪隠先生氏ということでよろしいのですね。
1日だけでもレイマリと友達になれたらハッピーエンドですね。
2.無評価名前が無い程度の能力削除
オワコン