Coolier - 新生・東方創想話

嘘吐きふたり

2005/11/12 11:42:20
最終更新
サイズ
9.38KB
ページ数
1
閲覧数
375
評価数
10/57
POINT
2900
Rate
10.09









   これはまだ私が幼かったころの話。
   これはまだ私の嘘が幼かったころの話。

   今よりずっと空が高くて、だけど今よりずっと月が近くにあったころの話。
   むかしむかしに結ばれた、指切りみたいに小さな約束の話。
   笑ってしまうほど薄っぺらな、兎と薬師の化かしあいの話。

   これはまだ私が幼かったころの話。
   これはまだ私の嘘が幼かったころの話。

   今からずっと昔に、私はひらがなばかりの嘘をついた。










 『嘘吐きふたり』










   空にはたかく、かけた月。
   丸くゆがんだ、かけた月。
   きれいだな、とそう思う。



   ―――とおくからの声がきこえる。



   月になかまがいることはずっとむかしからしっていた。
   声がきこえていたんだから、あたりまえだ。
   ながい耳はそのためにあることだって、ずっとむかしからしっていた。

   だから、永琳に言われなくてもしっていた。
   『兎は淋しいと死んでしまうと言うわ』
   そのことだって、ずっとむかしからしっていた。



   ―――とおくからの声がきこえる。



   わたしは永琳の話を思い出す。
   『だから、兎のあなたは月の晩に私の所へおいでなさい。
   そうすれば私はあなたに何か話をしてあげましょう』
   永琳はそう言って、めずらしくわたしをなでた。
   こどもあつかいして、わたしをなでた。

   かけ出した。
   きょうも、話をききにいこうと思った。



   ―――とおくからの声がきこえる。



   わたしは淋しくて死んでしまったりはしない。
   月のよるにはなかまたちの声がきこえるから、さびしくない。
   だから、わたしは兎だけど、さみしくて死んでしまったりはしない。
   だけど永琳はちがう。
   永琳には耳がないから、この声はきこえない。

   だから、わたしはかけ出した。
   永琳はひとりでさみしいだろうから、わたしが話をききにいこうと思った。














   いつものところに永琳がいた。
   いつもの『まっくらなおやしきのえんがわ』にすわって、まっていた。
   わたしは、そのよこにこしかける。



   「ようこそ、永遠亭へ」
   「わたしはいつも、ここにいるよ」



   それはもう何回もしたあいさつだ。
   わたしは永琳を見て、永琳はわたしを見る。

   にらめっこみたいな時間がおわると、永琳は話をはじめた。
   いつもとおなじ月の姫さまの話だったけど、だまってきく。
   ここでなにか言うと永琳はだまってききなさいとわたしをはたく。
   それにわたしは『とらわれの身』であるらしいから、ここはがまんしておこう。



   「むかしむかし、月にそれは美しい姫君が生まれました―――」



   いつもとおなじで、ながい話。
   ひどいわるさをして月をおいだされた姫さまは、地上でくらすことになって―――
   それからいろいろあって。
   ながいながい時間がすぎて。
   だけど、やがてむかえが来て姫さまは月にかえることになる。
   ―――でもひめさまは月にはかえりたくなくて。

   そんな、とてもながくてたいくつなお話。



   「姫さまは逃げようとしました。姫さまを哀れに思った従者を一人だけ連れて、
   もう誰の手も届かない場所へ逃げようとしました」



   ただそれだけの、とてもとてもながい話。
   もうなんどもきいたたいくつな話をわたしはだまってきいていた。
   『月の姫さまと従者』の―――輝夜と永琳の話を、きいていた。



   さいしょは、どうしてわたしにこんな話をするんだろうと思った。

   つぎは、もう知ってるって言ってはたかれた。
   まえとおなじ話だった。

   つぎのつぎは、つまらないかおをしていてはたかれた。
   やっぱりおなじ話だった。

   つぎのつぎのつぎは、はたかれるのがいやで話をききにいかなかった。



   ―――その日はずっと竹やぶにかくれていて、だけどあとからこっそり見にいった。
   永琳はいつものところで、ひとりで、月を見ていた。
   なんだかすごくさみしそうなかおをしていた。

   そのあとけっきょく見つかって、いつものところにすわらせられた。
   けっきょく見つかったそのあと、いつものように話を聞かされた。

   その日もやっぱり同じ話だった。
   だけどその日、話のあとで永琳はわたしにきいてきた。



   「―――てゐ、姫はそれからどうなったと思う?」



   わからない、と答えた。



   「―――てゐ、姫は幸せだったと思う?」



   わからない、と答えた。



   永琳は、そうね、とうなづいてそれきりだまってしまった。
   きっと『わからない』のはまちがっていたからだと思う。
   だけど、はたかれたりはしなかった。
   わたしがまちがえたのにはたかれなかったのは、それがはじめてだった。
   はたかれずにすむのはうれしいはずなのに、うれしくなかった。

   ―――だからきょうは、こたえをもってきた。
   たまには永琳をよろこばせようと、嘘のことばをもってきた。



   「むかしむかし、月にそれは美しい姫君が生まれました―――」



   そうして、いつもの話がはじまった。
   いつもどおり、ひどいわるさをして月をおいだされた姫さまは、地上でくらすことになる。
   いつもどおり、それからいろいろあって。
   いつもどおり、ながいながい時間がすぎて。
   いつもどおり、やがてむかえが来て姫さまは月にかえることになる。でも。
   いつもどおり、ひめさまは月にはかえりたくなくなって。
   そうして、いつもの話がつづいていく。



   「姫さまは逃げようとしました。姫さまを哀れに思った従者を一人だけ連れて、
   もう誰の手も届かない場所へ逃げようとしました」



   いつものところで話がおわると、永琳はわたしのかおを見た。
   やっぱりさみしそうなかおをしていた。
   そのかおのまま、永琳がすうっといきをすいこんだ。
   きのうとおなじことをきいてくる、と思った。
   だからわたしは嘘をつこうとした。



   「―――姫君と従者は逃げました。月からの迎えを皆殺しにして逃げました」



   びっくりした。
   この日は、つづきがあった。



   「蓬莱の罪を負い、許され、しかしてまた罪を負い、逃げました。
   罪人ゆえの永遠を糧に、あてもなくただ逃げました―――」



   いつもとちがう、まるでいいきかせるみたいな話しかただった。
   それでも、わたしは永琳が同じことをきいてくるのをじっとまつ。
   よういしてきたことばを、なんども口の中でころがした。
   おとなしくまった。
   永琳がきいてくるのをじっと、じっと。

   『ひめさまはどこまでもにげて、しあわせになった』

   そう言おうとして、嘘をつこうとして、わたしはじっとまっていた。



   「姫さまと従者は、今も逃げ続けているのでしょう。
   今宵も月を見上げ、叢雲が永劫に月を隠す様を望むのでしょう―――」



   ―――いつもよりながい話がおわって、すこしだけほっとする。
   よくはわからなかったけどこれはたぶんかなしい話。
   だから、おわってすこしほっとした。

   でも話は終わっても、永琳はきいてこなかった。
   やっぱりさびしそうなかおでわたしをずっと見ていた。
   そのうちにわたしはとてもまちきれなくなって、じぶんからきいた。



   「―――どうしてきょうは、なにもきいてこないの?」
   「あなたはきっと、嘘をつくでしょうから」



   それこそ、嘘だった。
   永琳はわたしに嘘をついてほしくて、ずっと話をしていたんだから。
   だから、わたしはおもいっきり嘘をつく。



   「『ひめさまはどこまでもにげて、しあわせになった』と思うよ」
   「嘘ね」
   「うん、嘘だよ」



   いたずらじゃなく、おもいっきりの嘘をつく。



   「嘘だけど、ひめさまはどこまでもにげてしあわせになった」
   「―――本当に?」
   「うん。嘘だけど、本当に」



   ―――わたしがそう言うと、またにらめっこになった。



   けどこんどはわたしのかちだ。
   永琳が、わらった。



   「どうしようもないくらいに嘘吐きね、あなた」



   そう言って、永琳はわらっていた。
   わたしの耳とあたまとをなでて、ずっとわらっていた。
   らんぼうななでかただったけど、すごくきもちがよかった。
   だから、わたしもうれしくてわらった。



   「―――てゐ、あなたを捕まえておいて良かったと思うわ」
   「わたしはいつも―――ずっとむかしからここにいるよ」
   「そうやって、ずっと嘘ばかり言っているのね」
   「うん、むかしからそうだよ」



   ―――さいごに、やさしく耳をなでられた。



   「これからも月の晩には私のところへおいでなさい。
   また話をしてあげるし、ちゃんとあなたの嘘にも付き合うから」
   「うん。また、来るよ」



   永琳の手からにげて、にわにとびおりた。
   そのままかけ出す。
   とちゅうで一回だけふりむいて、おやすみと合図した。

   そうして、きょうもおなじ話がおわる。
   あしたになれば、また。
















   ―――とおくからの声がきこえる。



   わたしは永琳の話を思い出す。

   『これからも月の晩には私の所へおいでなさい。
   また話をしてあげるし、ちゃんとあなたの嘘にも付き合うから』

   永琳はそう言ってわたしをなでた。
   本当にこどもあつかいして、わたしをなでた。
   わたしの耳をやさしくなでた。



   ―――とおくからの声がきこえる。



   かけ出した。
   あしたも、話をききにいこうと思った。
   永琳はひとりで淋しいだろうから、わたしが話をききにいこうと思った。
   つぎも、そのつぎも、そのまたつぎも、ばればれの嘘を用意していこうと思った。

   淋しくなんてないわたしの耳に、とおくからの声がきこえる。
   だけどわたしはきこえないふりをして、きっとあしたも話をききにいく。



   ―――とおくからの声がきこえる。




   空にはたかく、かけた月。
   丸くゆがんだ、かけた月。
   きれいだな、とそう思う。


















   これはまだ私が幼かったころの話。
   これはまだ私の嘘が幼かったころの話。

   今よりずっと空が高くて、だけど今よりずっと月が近くにあったころの話。
   むかしむかしに結ばれた、指切りみたいに小さな約束の話。
   笑ってしまうほど薄っぺらな、兎と薬師の化かしあいの話。

   お月様の下で、私と永琳はとても退屈な約束をした。
   お月様の下で、私と永琳は嘘をついて笑ってた。

   全部嘘だったけど、笑ってた。











 『嘘吐きふたり・了』

 想創話では初投稿になります、二俣です。

 短い作ですが、ふんわりした空気を感じてもらえれば本懐です。
 ゆったりしたピアノ曲などをBGMにさらっと読んでいただければこれ幸い。


 てゐと永琳は、永琳とうどんげとはまた違った関係であると思うのですよ。
 あとてゐは根はいい子です絶対。間違いなく。嘘ですが。
二俣
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2090簡易評価
1.80名前が無い程度の能力削除
ゆったりとしたこの雰囲気、いいと思います。
こんな風に書かれても、どこか様になっているてゐが
不思議な感じです。
5.90名前が無い程度の能力削除
作品を読みながら、ふんわりしてるな~って感じてました。
あとがき見て少しびっくり。
しっかり伝わりましたよ~^^
10.80七死削除
一流の嘘つきが唯一素直になれるのは、一流の嘘つきの前でだけ。
なぜなら彼女もまた一流の嘘つきだから、嘘つきがこぼしてしまった本当も、やさしい嘘で包まずにはいられないから・・・・・・。

永琳とてゐは仲良しであって欲しいと思います。
それが全部嘘でも、それも彼女達が望む事なのだから。

つきなみだけど、ベートーベンの月光をこの物語と共に楽しみたい。
18.70おやつ削除
やさしい嘘にやさしい嘘を重ねて、
こんなにも綺麗なてゐと師匠を生み出されるとは……
いいです……すごく……
19.90銀の夢削除
なんて素敵な嘘つきのお話。
でもね、幸せな嘘だったら、きっと、ついてもいいんだと思う……

本当に一流の嘘つきとはおおよそ――その嘘で、みんなを幸せにしてこそ……なんだ、てゐはとうの昔に、一流の嘘つきでしたか。
22.90名前が無い程度の能力削除
あまりにも拙く、
あまりにも脆く、
あまりにも優しい、
誰も傷つけない白い嘘。
25.80Mya削除
 なんて素敵な会話なんでしょう……。
 とつとつと語られる独り言のようなお話が、とても切なく身に染みました。
 永琳にとって優曇華は不肖で無二たる弟子で、優曇華にとっててゐは憎らしくも代え難い仲間で、てゐにとって優曇華はからかい甲斐のある貴重な隣人で、鈴仙にとって永琳は信頼できる絶対の師で。
 てゐにとって永琳にとって、お互いは起き抜けの布団のような、ぽかぽかした親友なんでしょう。
 素敵な物語でした。
27.70床間たろひ削除
とても、とても綺麗な―――嘘。

永琳がとても穏やかで、てゐはやっぱりてゐで……

本当に、本当に綺麗なお話でした。
30.90点線削除
透明感のある文体ですね。好みです。
35.70名前が無い程度の能力削除
なんて素敵な二人。なんて綺麗な嘘。
飛び切りの嘘つきになるためには、飛び切りの頭の良さと優しさがいるんだな、なんて思った。