Coolier - 新生・東方創想話

しがない不死人

2015/06/14 06:30:39
最終更新
サイズ
5.7KB
ページ数
1
閲覧数
782
評価数
4/9
POINT
420
Rate
8.90

分類タグ



 ひたすらに、当ても無くさまよう。さまよい続ける。一体いつからどのくらいかは分からないが、気がついたらここを歩いていた。
 いやに寒かった。そういえば服がぼろぼろだ。なんとかしないとなあ、なんていっぱしの人間みたいなことを考えていた。そんな自分を遠くで眺める自分がいて、そんな自分を近くで嗤う自分がいて、わたしはそいつらの声を聴いていた。

   なんとかしないとなあ、だってさ。あぁ可笑しい。
   しなくてもいいのに。だってお前はもう人間じゃないんだ。
 
  「人間でないなら、何て言うのよ」
  
   人間の形をしているだけじゃない。立派な魔よ。
   人と人の間に生きていない人の形なのだから、人形さ。

 なるほど尤もなことを言うなぁ、なんて感心していた。いつの間にか聞こえなくなっていた。ちくりと胸と、腕が痛んだ。よくよく見れば柊の葉が、花が茂っていた。ということはもう冬なのか、道理で寒い。ふ、と立ち止まって周りを見渡すと、森の手前だった。こりゃかなわないと踵を返し、また歩き出した。柊に退散させられるとは。
 
 獣道を歩く。ということはわたしは獣? 笑えない冗談だ。薄暗い。直に夜が降りてくるからだ。どこかで寝られるところを作らなきゃあ。そう思っていたら人の声が聞こえた。
 
 「おおい、こっちにはいねぇぞ」
 「こっちもだ。暗くなってきたからそろそろ帰ぇろ」

 人探しでもしているのかしら。わたしも探してるのよ。あいつだけはわたしが殺さないと。

 「ねぇ、人でも探しているの」
 「おっと、何してんだ嬢ちゃん、暗くなるから家に帰れ」
 「家はないわ。今日だけでいいから泊めてほしいのよ。人探し手伝うから」
 「何言ってんだ、子供はちゃっちゃと飯食って――と、よく見りゃぼろぼろじゃねぇか」
 
 男二人は顔を見合わせて、時々わたしも見て。

 「――仕方ねぇ、俺ぁ聞いてくらぁ」
 「ありがとう」
 
 男の一人が走っていった。

 「嬢ちゃん、名前は」

 聞かれたくなかった。無い、だなんて思ってもいないだろうな。

 「藤」
 「付いて来い」

 案内されてしばらく歩くと、小さな小さな里があった。さすがに時間も時間なのだろう、外に人はいな――、二人だけいた。さっきの男と一緒だから、聞きにいった、里長みたいな人だろう。

 「使ってない家がある、好きなの使え」
 「ありがとう、お返しに――」
 「……」

考えているようにも、呆れているようにも、見えた。

 「――お返しなんていらん。おい、空き家まで案内してやれ」
  
 こっちだ、とまたまた案内される。歩きながら視界の端で長と男が一人話し合っているのが見えた。薄気味悪い、だとか何とかいってるんだろうな。空気に耐え切れなくなったか男は、
 
 「藤、だったか。なんであんなところにいたんだ」
 
と訊ねてきた。

 「理由は無いの」
  
 訳の分からんやつを連れて来ちまった、と露骨に不気味がった顔をされた。本当のことを言ってもどうせ信じてもらえないからいいけど。
 
 件の空き家に着いて、男は帰っていった。入ってみれば、なるほど確かに空き家だったが、床も家も薄汚れたまま横になった。久しぶりの畳でゆっくり寝られそうだ。

 そうこうしていたら、また声が聞こえてきた。

  人と人の間に入れば人間になれる、なんて思ってるんじゃないの。
  あんたは何でもないんだ。化け物でも人間でも。

 「じゃあわたしはどうすればいいんだ」

  今まで通り、化け物を殺していればいいじゃない。
  それ以外にできることを知らないだろう。

 そんなこと、自分が一番分かってる――いや、こいつらも自分か。まどろみながらそんなことを考えていた。

 
 わたしは山の中にいた。男の後ろを追いかけていた。――あぁ、またか。わたしはこの男を殺す。月の岩笠を。どうして? その薬欲しさにだ、馬鹿げている。どん、と衝撃が腕に、体に伝わる。男は地面を転がっていく。わたしは薬の入った壺を手に取り、薬を――あの全ての元凶を――手で掬い、口にして――。

 飛び起きたら、ひどく寝汗をかいていた。里なら近くに川でもあるだろうと思い、どっこい家を出た。
 川の水は、痛いほどに冷たかった。そりゃそうだ、朝も早いし、冬なんだから。忘れていたわけじゃあ、決してない。
 そうだ、昨日あいつらが探してた奴を見つけてやろう。見つけてすぐに里を出て行こう。やっぱりわたしは居るべきじゃあない。そんな卑屈なことを考え、髪も濡らしたまま再び山に入った。
 
 遭難しているであろう人間を探して歩き続ける。単純作業が手伝って、普段は考えないようにしていることが首をもたげてきた。わたしは何をしているんだろう、わたしは何がしたいんだろう、わたしはどうすればいいんだろう。正解は今のところ見つかっておらず、見つかる気配すら感じ取れない。
 朝方だからかカラスがかぁかぁとうるさい。ずいぶん近くに大勢いるように思えたので、何とは無しに見に行ってみた。この時不思議がっておくべきだったんだ。
 
 出迎えてくれたのは、カラスと、人間の形をした肉塊だった。腹は裂かれ、目玉は啄まれ、肋は剥き出しでカラスに餌をやっていた。

 「なんであんたは、そんな簡単に死ねるんだ」
 
 羨ましい、というのを最初に思った。死ねるだけましさ、せいぜい成仏してな。
 これ以上裸同然で山に打ち捨てらいたら風邪を引いてしまう、弔ってやることにした。そこいらの枝で地面に術の印を描き、力を籠める。ぼう、と間抜けな音を立てて炎が起こり、辺りを照らした。ぶすぶすと男の肉は焦げ始め、煙が昇る。なぞる様に空を見上げたら、白んだ月がぽつんと貼り付けられていた。あの月まで届くかな、こいつの死の煙は。
 
 
 気づいたらずいぶんと時間が経っていたようで、男も殆ど消し炭と化していた。日も昇り始める頃合だろう。それと同時に出て行こう。なんて言って出て行こうかな。

 「そこで、何を、している」

 男が、私の後ろに立っていた。参った、先にそっちから来ちゃったか。

 「なぁんだ、見られちゃった」
 「山の方で煙が上がっていたから妙だと思って来てみたんだ。ここいらは旅人が通るような所でもないしな。答えてくれ、なにし  てるんだ」
 「人を探してたでしょ、それならそいつを食っちまってもばれないと思ってね。証拠が残るから食べ滓を燃やしてたのさ」 
 「あんた、妖怪だったのか。俺達みんな食おうとしてたのか」
 「妖怪だなんて。わたしはただの、しがない人間よ」
 
 そう言いながら、術を展開して不死の翼を出し、ふわふわと浮いてみせた。よくもまぁこれだけ口が回るものだと自分でも感心する。男のほうも殺されると考えたと見え、すたこらと走って逃げていった。
 
  
  しがない人間ですって、どの口が言うのかしら。
  ああ面白い冗談だ、いっとう気に入った。

 わたし達がけたけたと笑っている。

 「しがない、か」

15倍は生きてるのだから、辛いのばっかり15倍は多いんだろうな。
待雪草
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.170簡易評価
1.無評価名前が無い程度の能力削除
ネガティブな作品で後味が悪いだけでした。
3.90名前が無い程度の能力削除
不死者らしい寂しさがあって良かったです
4.70名前が無い程度の能力削除
死が無いとかけてるんですね、わかります
もう少しボリュームがほしかったかな
5.10名前が無い程度の能力削除
ありきたりというか誰もが思いつく言い回しだし。救いがないのが。
7.80名前が無い程度の能力削除
タイトルだけでオチてるって奴ですね。
行間等々ところどころに読みにくさを感じるが、言い回しは嫌いじゃない。