Coolier - 新生・東方創想話

わがままな天人と暢気な巫女

2014/11/30 01:36:09
最終更新
サイズ
1.5KB
ページ数
1
閲覧数
1407
評価数
6/16
POINT
560
Rate
6.88

分類タグ

霊夢「何でアンタが此処に居んの?」

天子「居ちゃ悪いかしら?」

霊夢「別に悪いとは言ってないわ。まあゆっくりしてきなさい」

先ずは侵入成功ね。本人に気付かれたから潜入では無いけど。

天子「霊夢、私にお茶持ってきなさい」

霊夢「はいはい、分かりましたよっと」

よし行ったわね。次はこれで・・・

霊夢「はいお茶。って何やってんのアンタ」

ヤバイ、隠さないと!

天子「な、何でも無いわよ?それよりお茶」

霊夢「もう用意してるわ」

天子「あ、ああ有り難う」

霊夢「何かマズイ事言ったかしら」

天子「いえ、何でも無いわ」

霊夢「そう、じゃあ私は昼寝でもするわ」

天子「そっか。お休み」

霊夢「はいはい。お休み」

・・・・・寝たわね。危ない危ない。これを見られたら絶対怪しまれるわね

霊夢「あら?アンタ何持ってんの?」

天子「ふぇっ!?な、なななな何も持ってないわよ!?」

霊夢「何よ。見せなさいよ」

天子「あっ・・」

霊夢「これって・・・・お土産?」

天子「え、ええ。衣玖が巫女の所に行くならって」

霊夢「へえ、在り難いわね」

霊夢「あら!って桃?」

天子「桃じゃないわ。桃の形をした煎餅よ」

霊夢「へえ~。あらこれ逆向きにしたらハート型ね」

天子「そ・・・それは」

霊夢「目でも楽しめるって中々面白い食べ物ね。好きよ天子」

天子「え・・・・・えええええええ!?」

す、好きって。霊夢が私のこと・・・・・

霊夢「じゃあこれ一緒に食べましょう」

天子「っ!?そ、そうね」

霊夢「何震えてんのよ。ほら」

天子「!?」

霊夢に抱きしめられたー!?

ヤバイ死ぬほど幸せ・・・

霊夢「治まったわね。お茶でも飲みなさい」

天子「え、ええ頂くわ」

今日は本当に幸せな日ね・・・・
皆さん初めまして!
わがままと暢気って中々良いと思います。
原作で霊夢と関わろうと異変を起こす天子ちゃんマジ乙女。
初投稿なので変な所が多々多々あるとは思いますが見つけたときはコメント下さい(殴
けん太
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.300簡易評価
1.40DC2削除
み、短い…。
貴方が何を好きなのかは分かりましたが、これでは物語としてあまりにも味気ないです。
次作はその好きの気持ちを貴方の中でこねくり回して一つのストーリーになることを期待しています。
2.50名前が無い程度の能力削除
台本のように発言者を書くのはやめた方がいいかも
6.60名前が無い程度の能力削除
春度の高い天子って感じですね
10.無評価名前が無い程度の能力削除
物語の短さとか台本形式とかそんなチャチな話で済まされるレベルではないです。
率直に言って、この段階でよく公開する気になりましたね、としか……。
自分だけでひっそり楽しむならともかく、人に読ませようと思ったのならもっと練った方がいいですよ。
12.10名前が無い程度の能力削除
描写や形式上必要不可欠な演出としてのものならともかく、作者が手を抜きたいがための意味のない台本形式はここでは受け入れられない。
どうしてもこの形式にこだわりたいなら、そうしなければいけないという理由付けを作品に反映させること。それが出来ないうちは小説を書くことよりもまず小説とは何かを理解するところからはじめるべき。さもきゃSSまとめ板で我慢するとか。
13.90桜野はる削除
はじめまして。ここは何を投稿しちゃいけないなんてきまりはエログロなしぐらいしかありません。ですから、けん太さんの作品はこれで成り立っているのだと思います。テンポもよく、楽しめました。次回作に期待していますね。
14.無評価名前が無い程度の能力削除
何かしら作品を公開した時に批判は必ずつきまとうもので、批判を減らし無くしていく方法は真摯な努力以外にありえません
甘言に惑わされず作品を良くして行こうとするちょっとしたがんばりが、かつて批判だったものを本当の称賛に変えます
ここには少々問題ある出来栄えのため厳しい批判に晒されている作品に、甘やかした感想と高得点を与える人が時々いまして、中には過去に自分自身がケチョンケチョンにされた経験から意趣返し的に批判者に向けて嫌味や皮肉を込める不心得な人さえいます
そうした甘すぎる言葉はその一瞬だけは心の慰めになりますが、今後の批判を減少させるための根本的な努力の邪魔にしかなりません
もし折れずに創作を続けるお気持ちなら、どうか道を誤らないことを願います
がんばってください
15.10名前が無い程度の能力削除
小説としての体裁を整えていない時点で論外。
17.無評価名前が無い程度の能力削除
批判多いが、批判するような内容ではない。
たしかに、人を楽しませようというよりは妄想をそのまま文字にしたっていう印象は受けるが、二次創作で自分の書きたい物を書こうとする姿勢は嫌いじゃない。