Coolier - 新生・東方創想話

ぼっちでもさみしくないっ!

2014/11/18 19:16:42
最終更新
サイズ
5.63KB
ページ数
1
閲覧数
1313
評価数
3/17
POINT
920
Rate
10.50

分類タグ

 クリスマスである。

 外の世界では既に廃れてしまったのだろうか、幻想郷にも当たり前の行事として受け容れられたようである。

 早くも師走の中頃から、各所が色めきだっている。



「ぶっちゃけどーでもいー!」

 悪魔の妹こと、フランドール・スカーレットはベッドに身を投げうった。
 ふかふかの毛布がぼふっと波打って彼女の身体を包み込んだ。
 ジト目で天井を見つめながら、いかばかりか不機嫌そうに呟いた。

「だいたい! どうして悪魔が基督のお祝いをせにゃならんのか。姉上はどこか始祖たる自覚に欠けているのでは無いか!」


 ペラペラと独りごちてみても、冷たい地下の天井に吸い込まれて消えるばかりで、むなしさは募るばかりだ。


 あろうことか、紅魔館では忘年会のついでにクリスマスパーティが盛大に行われていた。

 おそらく、上の方は今頃それで大盛り上がりだろう。幻想郷で西洋かぶれはうちしかない。
 ますます、フランの不機嫌は募るばかりだった。


 彼女自身もどうしてこうまで気に病むのか、その理由が解らなかった。
 いつも通り地下に潜ってやり過ごせば良い。そう考えてみて、もちろん実行したが、気分は一向に晴れない。

「寂しいのか、ですって? はっ! この私が!? 姉様でもあるまいし、いまさら。私は一人だって平気なんだから! むしろ、せいせいするわ」


 その言葉に嘘は無かったし、嘘をつく必要も無い。
 フランは人がたくさん集まるところが好きではない。居るだけで気が狂いそうになる。

 いや、もう既に狂ってるとかそういうのはひとまずおいておいてだな。


「だいたい、長い事ここに篭っていたのだから、いまさら、人とどう接して良いかなんて、解らないし……」


 自分の匂いがする毛布に顔を埋めて、今度は小さく独り言。


「楽しいお祝いの場に、私が出ていって、わざわざ壊してしまっても悪いしね」


 そう、祝いの席に、私は場違い。
 フランはそう思い込んでいた。

「……魔理沙、来てるかな……?」


 色鮮やかな彼女の翼が小さく振れていた。
 そのうち、何を思い立ったか、ひとしきりベッドの上をのたうちまわった後、

「う~! あ~!」

 立ち上がって吠えた。


「……何やってんだ、あたし」


 情けなくなって、また毛布の引力に引かれて落ちる。
 まるで電気でも通したみたいに手足をビクンビクン痙攣させて、

「……お腹減った」


 力尽きた。


「あー! ぼっちがなんだっていうのよ! そんなの辛く無いやい。うん百年の間、ずっと一人だったじゃないの。慣れてるわよ、そんなの」


 そう独りごちたのを最後に、フランは本格的に動かなくなった。


「寝よ……」


 どうにもならない時はこれが一番だ。
 何より、誰にも迷惑をかけずに済む。

 そうして、聖夜は更けて行く。


「……ねぇ、いい加減、起きなさいってば」


「……?!」


 フランは身体を揺さぶられて、跳ね起きた。


 そして、そこに居た者の姿を確認して……目を疑った。


「……姉、様? 何よその格好! あはは、おっかしい!」


 レミリアは真っ赤な衣装に身を包んでいた。サンタの猿真似を気取っているらしいが、何故かミニスカート着用だった。


「むむむ、そんなに変かしらね、これ。意外と好評だったのよ?」


「いやま、可愛いとは、思うけどさ」


 そういってフランは顔を紅くした。
 レミリアも今更素に戻ったのか、衣装に負けじと頬を紅潮させた。

「……って! なんで姉様がここに居るのよ?! パーティはまだ終わって無いでしょう?! それに鍵かけて置いたのに……って、あ~?!」


 最後まで台詞を言わせてもらえなかったフランは、レディにあるまじき奇声を発した。
 無理もない、自室の扉からグングニルが生えていたら、誰だってそうなる。

「ぶち破っちゃった♪」


 てへっ、とでも言いたげに舌をちまっと出してかまととぶるレミリアに、フランは不夜城レッドだった。


「なにしてくれんのよ~?!」


「まあまあ、後で咲夜に直させるからさ~。今晩だけ赦して、ね?」


「……ふん、まあ良いけどさ、咲夜にまた大目玉喰らうのは姉様なんだからね」


「げ……っ。……ふふふ、だだだ、大丈夫よ、フラン。咲夜だって、自分の主に対してあれ以上の仕打ちは、しないだろうし。うん、耐えて見せるわ、可愛い妹のためとあらばっ!」


「いくつになっても咲夜には頭が上がらないんだね、姉様は」


 レミリアは全身を恐怖で震わせていた。
 何があったか知らないが、以前手酷くお仕置きされたらしい。


「話が大きくそれたけどさ、なんで姉様がここに来てるの? それも主賓をほっぽらかしてさ」

「あ~。うん、それは……ね。……いいじゃない! たまには姉妹二人きりで細々とパーティするのもさっ!」

 しどろもどろになって、レミリアがなにか言い訳めいた説明を考えている隙に、フランはテーブルに小振りなケーキが置かれているのに気が付いた。

「そう、あたし、また霊夢に振られちゃったのよね~。……慰めてぇ、フラン」

「わ、お酒くさいわよ、はしたない」

「フランも呑めばいいじゃないのよ」

「バカ言わないでよ、そんな事して抑えが効かなくなったらどうすんのよ……」

 この力が暴走してしまったら、みんなを傷付けてしまいかねないし、下手したら咲夜を殺してしまうかもしれない。
 姉といつも一緒にいる彼女に対して、もう一人の自分が嫉妬しないとも限らないのだから。

「私が可愛いからって、姉妹で……そんな……困るわっ!」
「本気でモジモジすなぁ!」

 フランは姉に対して全力でツッコミを入れた。

「襲ってくれないの?!」

「どうしてそんなに残念そうなの?!」


「貴女が好きだからよ」

 真顔でそんな事を言われて「ああ、やっぱりこいつ酔ってる」と思う自分と、本気で動揺しにかかる約三人分の自分がフォーオブアカインドで、結果としてフランはそっぽ向いて紅くなった。多勢に無勢では分が悪い。

 そんな事をしている間に、レミリアの腕が背後から回された。
 心臓がビクンと跳ねる。姉の声が、耳元で優しく囁かれた。

「魔理沙、来てたわよ」

「うん……」

「来年は、みんなの前に出られると良いわね」

「うん……」
 どうして、どうして、この姉は、自分より自分の事を理解してしまうのだろうか。

 何百年も離れ離れだったにもかかわらず。
 レミリアの言葉はフランの柔らかいところに突き刺さって、止めどなく涙が溢れ出した。

 姉にはこんな姿、絶対に、意地でも見せたく無かったのに。

「いいのよ、今日くらいは、ね。さ、今日は夜明けまで居てあげるから」

「姉様……?」

「なに? フラン」

「メリークリスマス」

 こんな事なら、悪くはないな、と。
 そう思えたんだ。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.660簡易評価
1.90名前が無い程度の能力削除
うーむかわいい
2.90奇声を発する程度の能力削除
良いね
10.80aikyou削除
優しいクリスマスの光景ですね。内気なフランが可愛かったです。