Coolier - 新生・東方創想話

例えばの話

2014/06/08 21:49:27
最終更新
サイズ
3.19KB
ページ数
1
閲覧数
1509
評価数
9/20
POINT
790
Rate
7.76

分類タグ





 これは、「例えば」の話だ。

 例えば、空が曇っている。すると晴れているときにくらべて、そこの草の緑は周囲に対して溶けこんで見える。空が曇っていれば。でも、晴れていても曇っていても、その草の色は緑でしかない。だから、それは周囲との間に輪郭を残す。晴れているときとくらべて、それは鮮烈ではなく、曖昧であるかもしれないが。

 これは「例えば」の話だ。だから、それが何なのか、っていう話じゃない。

 何もかもをあきらめた気分になることがある。その気分がやってくるのが、夜だったり、朝だったりすることがある。もしそれが朝だったら、あきらめた気分ではじまる一日がある。私はため息をつく。何も解決はしないし、私は何も理解していない。

 何だってかまわない。これは、「例えば」の話なんだから。例えば、で、霊夢。お前でもいい。お前の名前を使ってもいい。例えばの話なんだから。
 その霊夢という名前が、ちゃぶ台を挟んで私の向かいに座っている。そこは神社でもいい。私の家でもいい。別のどこかでもいい。そこがどこだって、私と霊夢がいれば、話をすることになる。
 例えば、の話をすることになる。

 例えば、眠れない夜がある。その眠れない理由が、明日のこと、夜の次に来る朝のこともある。眠れないまま夜が明けて、その明日が今日になる。そのころになると、ようやく、私はとても眠くなる。そして、私はとても退屈な気分だ。そういう「例えば」の今日は、私はいつだって退屈なんだ。
 退屈だから、無理にでもまた明日のことを考える。そしてまた不安になる。私は今日は何をするんだろう。私は明日は何をするんだろう。その次の明日は何をするんだろう。その明日は。そういう眠れない夜が、例えばあるとする。そして眠れない夜が明ければ、起きているのが当たり前の昼になる。すると、あの眠れなかった時間が、意味を失ったような気持ちになる。

 午後。
 陽の光を感じている。曇り空の冷たさを感じている。雨の滴の音を聞いている。向こう側にお前がいる。
 私はただ時間をつぶしている。時間をつぶすということが、私たちの目的になり得るんだろうか、と考えている。

 それで、例えばの話。例えばの話が、はじまるのでも終わるのでもなく、ただ、続いていく。

 沈黙がある。時間が流れる。話がとぎれる。お前は目の前のお茶を見つめている。そして口を開く。

 それが何なのか、ってことじゃない。そういう話じゃない。ただの、例えばの話。

 紫や萃香や、レミリアや、他の誰かが、ここに来るかもしれない。私たちの場所にやって来るかもしれない。
 でも、だから何だってことじゃない。

 自分のこれまでの時間を考えることがある。自分のこれからの時間のことも。私は気が滅入ってしまう。
 私はこう考える。決してこれは、私だけに責任があることじゃないんだ。長い時間、眠れない夜の間、繰り返されること。自分は本当に、本当に長い間、ずっとひどい目にあってきたんだ。そういうふうに私は考える。そう思わないと……気が狂いそうになる。まるで……誰かを殺してもかまわないような気分になる。私のこの気持ちが、他の誰かのせいならば。

 それで、例えばの話だ。霊夢。例えばの話として、お前が殺されるのかもしれない。

 殺されるってことにも、いろんな意味がある。ひどい目っていうのだって……ずっと……ずっと……私は。

 例えば唇の端が歪む。今のお前みたいに。そこには普段見たことのないような筋肉の動きがある。
 私は静かになる。
 静かに


 静




 午後の終わりが近づく。例えばそうしているうちに。すると私たちの意識の集中もほどける。
 庭に差す光とそれが作る影の具合が変わる。草の緑が鮮やかさをなくし周囲に溶け込む。歪んだ唇の輪郭も、とても曖昧なものになって、周りに溶けこんで消えてしまう。あるいはわからなくなってしまう。



前作(http://coolier.sytes.net/sosowa/ssw_l/196/1400762776)で「もうちょっとふわっとした読みづらいお話しでも私は楽しめたと思うw」とのコメントをいただきましたのでふわっと書いてみたらモノホンのポエムになりました……
何だかわからないと思いますがよろしくお願いいたします……
アン・シャーリー
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.310簡易評価
1.10名前が無い程度の能力削除
平安時代じゃあるまいし、もっとちゃんと正しい日本語で会話してくれ
4.50奇声を発する程度の能力削除
うん?
9.60ふわふわおもち削除
前作と照らし合わせて読むと、魔理沙のとりとめのない気持ちが伝わってきます。
でも、ちょっと違うな。引っかかるな。らしくないな。と思いました。
勘当を喰らっている彼女なら、もっと深く考えられるんじゃないかしら。
11.20名前が無い程度の能力削除
PNのわりにふわっふわ度が足りてないよー
12.70名前が無い程度の能力削除
まえのは良かったけど、こっちはちょっとよっく解んないなあ……。
本当にとりとめもないことなのかしらん
14.10名前が無い程度の能力削除
なんだこれは
15.80名前が無い程度の能力削除
魔理沙のなんとも言えない気持ちが伝わってきました
17.80名前が無い程度の能力削除
実際迷っているときの思想回路ってこういうもんだと思う
18.100名前が無い程度の能力削除
良かったです