Coolier - 新生・東方創想話

都市伝説『こいしちゃん』

2014/05/20 13:42:10
最終更新
サイズ
5.77KB
ページ数
1
閲覧数
3064
評価数
23/61
POINT
3980
Rate
12.92

分類タグ

 あなたは『こいしちゃん』を知っているだろうか?
 いや、もっと正確に言うならば。
 あなたは『こいしちゃん』を覚えているだろうか?



 昨今、急速に世間に広まっている噂がある。
 あなたは幼いころ、周りの人には見えない自分だけの友達がいたことはないだろうか? 空想上の友達、いわゆるイマジナリー・フレンドというものである。このイマジナリー・フレンドは人間が自分の脳内に作り出す存在を差す言葉であり、人間の成長過程では誰にでもおこりうる現象のことだ。
 この自分の脳内にのみ存在するはずのものを、なぜか見ず知らずの他人が知っている。
 ひとかけらも接点のない人間同士が、全く同じ空想上の友達を子供のころ持っていた。
 その友達の名前は『こいしちゃん』である……。
 話しの始まりは、オカルトを扱うとあるネット掲示板。そこでイマジナリー・フレンドの話題が出たとき、ある一人がこんなことを言った。
「俺が幼稚園のころの話なんだけど、夕暮れ時に一人で遊んでいたら、女の子が声をかけてきた。黄色いシャツに、緑のスカート。灰色がかった銀髪にちょこんと黒い帽子がのっかている。まぶたを閉じた目玉のようなボールを持っていた。今まで見たどんな女の子よりも比べ物にならないくらいかわいくて、薄っすらとバラの香りがした。その子は自分を『こいし』だと名乗って、俺と一緒に遊んでくれたんだ。
 でも、もしかしたら単なる夢かもしれない。だって、こいしちゃん空飛んだだぜ? 俺をだっこして(こいしちゃんは小学校の高学年ぐらいだった)夕暮れに沈む街を、高い高い空の上から二人で眺めたんだ。
 最近、ふとしたきっかけで思い出したんだ」
 その後掲示板は、これが単なる夢だという意見と、覚醒状態で起こった何らかの心理学的現象だという意見に別れ、議論が戦わされた。
 その時、ふと奇妙な文章が現れる。
「俺もこいしちゃん知ってる」
 俺も幼いころに、こいしを名乗るきれいな女の子と遊んだ記憶がある。さっきの体験談を見て、急にそれを思い出した。確かに容姿もその通りだった。自分は両親を亡くし施設に入っていた。父と母の喪失に耐え切れなくなり、真夜中にずっと泣いていた時、こいしちゃんが目の前にいきなり現れた。こいしちゃんは俺が泣き止むまで優しく抱きしめてくれた。その後、朝までオセロをして遊んだ。
 掲示板は突如、まるで小説のような不思議な状況に叩き落された。同じ空想上の友達がいる。つまり、個人の空想の存在が共有されてしまっている。
 もちろんこいしちゃんが実在の人物であるという至極当然の意見もすぐに出てきた。しかし、驚くべきことに、こいしちゃんを知っているという二人は二十歳近く年齢が離れていた。そうなると、こいしちゃんは二十年以上も年恰好が同じだったことになる。それはありえない。
 しばらくして、「実は自分もこいしちゃんを知っている」という人間が現れ始めた。
 こいしちゃんと一緒に海まで行った。こいしちゃんと一緒に溺れた。
 こいしちゃんと一緒にアニメを見た。この作画監督さんは良い! と言ってた。
 こいしちゃんと一緒にいじめっこに逆襲した。いじめっ子の家は壊れた。
 こいしちゃんと一緒に壁に落書きをした。落書きは国際的な賞をとった。
 こいしちゃんと一緒に薔薇を育てた。十年たってもその薔薇は咲いている。
 確かにだれかと一緒だったのに、それがだれか思い出せない。そう考えていた人間が、まるで『こいしちゃん』という単語が何らかの鍵だったかのように、むかし一緒に遊んだあの子を思い出していく。
 掲示板はやがて、不思議な旧友を懐かしむ空気に包まれた。



 『こいしちゃん』の噂は現在、静かなブームとなっている。オカルト雑誌にも多く取り上げられ、またネット上においても繰り返しこいしちゃんを語るスレッドが立ち続けている。今年中にこいしちゃんを題材にしたホラー映画も製作されるという話もある。
 こいしちゃんの噂の肝は、本来個人の妄想であるイマジナリー・フレンドを赤の他人が同じように持っている点にある。こいしちゃんの特徴としては、
① 幼かったころに、いきなり目の前に現れた。
② 空を飛ぶなどの不思議な力を持っている。
③ こいしちゃんと一緒に遊んで生まれた影響が、現在も残っている。
④ 『こいしちゃん』の単語を見るまで、その存在を忘れてしまっていた。
などが挙げられる。
 また、最近はそれまでの、なんというか不思議なおとぎ話的な噂に、怪談のようなストーリーが語られるようになってきた。
 例えば、血まみれになったこいしちゃんに声をかけられた、こいしちゃんから触手のようなものが伸びてきてそれに絡め取られた、こいしちゃんに友達が食べられた、などである。
 都市伝説というものの大半がおどろおどろしい恐怖譚であることを考えるならば、『こいしちゃん』の噂も本来の形にもどりつつあるのかもしれない。



 ここからは本稿筆者の独自調査の話である。筆者は個人的つきあいのある保育士Fに、こいしちゃんの噂を話してみた。そしてFの勤める保育園で一つの実験をしてもらうよう頼んだのだ。
 Fは保育園のお昼ごはんの時間に、他の保育士の目を盗んで、子供たち一人一人にひとつ質問をしていった。「こいしちゃんと遊んだことある?」と。
 現在、こいしちゃんの噂の中心になっているのはかつてこいしちゃんと遊んだ大人たちだ。では、実際に子供たちはこいしちゃんを知っているのだろうか。これはそれを確かめる実験だった。
 結果は驚くべきものだった。
 保育園の子供たち全員がこいしちゃんを知っていた。
 こいしちゃんは何度も保育園に遊びに来てくれている。
 お昼ごはんの時間の前にも、こいしちゃんはみんなと一緒にお絵かきをした。
 その絵はこいしちゃんが飼っているカラスの絵だった。
 筆者の手元には、こいしちゃんが描いたというカラスの絵がある。Fが渡してくれたものだ。描かれたカラスの胸には赤い宝石のようなものが張り付いている。



 本稿を書くため、筆者はこいしちゃんについて調べた。すると、その調査のなかで、筆者にも一つの記憶が甦ってきた。こいしちゃんだったかどうかは分からない。彼女の名前も容姿も思い出せないのだ。けれど、多くの人間が『こいしちゃん』の単語を見聞きすることによって過去を思い出したように、筆者も幼いころ、一人の女の子にこんな風に言われたことを、思い出した。
「あなたがどれだけ逃げ出そうと思っても、あなたのこころはあなたを離してくれない。あなたがどれだけ自分のこころを嫌っても、あなたのこころはあなたを離してくれない。
 だからね、わたしからのおねがい。
 いちどで良いから、あなたのこころをぎゅっと抱きしめてあげて。
 強く強く抱きしめてあげて。
 そうすれば、あなたのこころはあなたを今よりずっと強くしてくれるよ」
 


 今後も本誌はこいしちゃんの噂について調査を続ける所存である。新たな情報が入り次第、再び報告する。




 (『週刊新報』2014年7月号 p134~p147 特集記事「これが新たな都市伝説!」より抜粋)
 というわけで。これが件の記事よ。
 国会図書館でオカルト関連のものを探していたら見つけたわ。で、メリー。何か視える?
 まー確かに、胡散臭い記事よね。出典? なにそれおいしいの? って感じでどこからの情報なんだかかけらも書いてない。
 でもね、この記事を読んだとき、私の勘がピンときたのよ。これは幻想郷に関わるものだってね。覚えてるメリー? 前に夢の世界を冒険したとき、ヤタガラスを飲み込んだ地獄烏がいるっていう情報を手に入れたよね。その地獄烏の姿かたちと、この記事に出てくるこいしちゃんのペットの描写が一致するのよ。こいしちゃんと幻想郷、なにか関係があると思わない? 
 とりあえず記事の載っている雑誌を郵送しておくわ。大学の用事でちょっと京都を離れるのだけど、先にそれに目を通しておいて。
 なにか視えたら、メールお願い。
  
                                    宇佐見蓮子より
青坂章也
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1840簡易評価
2.90オチカ削除
大変うまいと思いました。
なるほど、こういう運びもいいんですね。
勉強になります。
5.70名前が無い程度の能力削除
オチで成る程、と感嘆させられました。面白かったです。
ただ、どうしてこいしが外で発見されてるのか、などいくつか疑問点が残ったのが残念です。
まだまだ話の展開が期待できる作品なので、続編があるようならば、是非読んでみたいです。
6.80奇声を発する程度の能力削除
オチが中々良いですね
面白かったです
8.70名前が無い程度の能力削除
これくらい短く、エッセンス程度にとどめておくのもいいね
9.90名前が無い程度の能力削除
オカルトホラーだと思い込んでたのでオチの綺麗さにびっくり
11.90名前が無い程度の能力削除
おもしろい発想だ
14.100リペヤー削除
面倒見のいいこいしとはいい切り口。
こいし自体は一回も出てきていないのに、綺麗にこいしを描いたSSだと思います。
GJ
15.100絶望を司る程度の能力削除
ほぉ……面白かったです。綺麗に纏まってますね。
18.100非現実世界に棲む者削除
面白い作品でした。
おおお、と思うほどに。
21.100名前が無い程度の能力削除
元ネタをここまで上手に料理したのはすごいです。とっても幻想郷らしい物語でした。
24.80名前が無い程度の能力削除
なるほど。大昔の週刊誌の記事、というものある種幻想的かもしれませんね。
25.90人形使い削除
ぞっとするような、懐かしいような。
あとがき欄まで有効に使った構成はお見事。
29.90名前が無い程度の能力削除
実話系怪談らしい語り口がぴったりな面白い話でした
33.90名前が無い程度の能力削除
これは凄い!この書き方はとても良い!!
35.100名前が無い程度の能力削除
雑誌の文章にしてもメールにしてもそれらしさが際立っていてすごいです
あれ、自分もその昔こいしちゃんみたいな不思議な女の子と遊んだ気が…
37.100名前が無い程度の能力削除
これはおもしろかった
こいしちゃんならこんなことをしそう
40.100名前が無い程度の能力削除
それっぽくて良いですね。
42.100名前が無い程度の能力削除
そういえば自分もこいしちゃんとあっていたような…
51.100名前が無い程度の能力削除
俺も俺も
55.100名前が無い程度の能力削除
そういえば小さい頃そんな子が···
56.100レベル0削除
こいしちゃん……。
一体何者なんだ?
57.100名前が無い程度の能力削除
 
60.100スベスベマンジュウガニ削除
大好きです!!! 傑作!