Coolier - 新生・東方創想話

HURRY UP!

2014/04/25 21:09:19
最終更新
サイズ
5.95KB
ページ数
1
閲覧数
1928
評価数
12/27
POINT
1740
Rate
12.61

分類タグ

 阿求が自分の部屋の襖をあけると、むわっと体臭が漂ってきた。徹夜作業の朝の惨憺たる有様は、たとえ年頃の女ふたりであろうと変わらない。早く着替えたい。着替えられるものならば。
「あら……阿求じゃない。早かったわね。もう……印刷所から戻ってきたの。どこか……早めにあいているお店で……モーニングティーしてくるって言ってなかったっふえ」
 一枚毛布をひっかけただけで、畳に突っ伏すように寝ていた小鈴は、唇の左端から涎を垂らしながら顔をあげた。その、やり遂げた感に満ち満ちている表情を、今から壊すのが忍びなかった。
「原稿、突っ返されたわ」
 だが、やらねばならない。言わなければならない。
「修……正……ってこと」
 小鈴はまだ舌がうまく回らないようだったが、頭の方はしっかり回っている証拠に、目に剣呑な光が現われてくる。
「修正……ええっ! なんでっ、なんで阿求!」
「最近、基準が厳しくなっているからでしょうね」
「そんなっ、ちょろっとほんとのことを書いただけじゃない。こないだ迷子が妖怪に喰われましたって!」
「私もそのくらいいいかなと思ったんだけどね。まあそこだけじゃないんだけど、結構、妖怪、人間の双方に嫌味っぽくっていうか、露骨に書いちゃった箇所もあったでしょう。時には煽るような書き方も。で、自主規制ってやつかしら。人里も、なんだかんだで、妖怪の賢者の作り出したネットワークの中にがんじがらめにされているから。嫌とは言えないのよ」
「嫌とは言えない……って、そんな、別に連中が書くなって言っているわけじゃないでしょ。印刷所が勝手にビビってるだけじゃない!」
「妖怪の賢者……連中は、いざとなったら徹底的にやるわよ。そして、私たちはそれに対してはほぼ無力。そうなる前に自主的に表現を控えておこうっていうのは、わからないじゃないわ。私も気にはなっていたから、少し書き方をマイルドにしたんだけれど」
「そうよね、そうよね、私、ほんとうはもっと書きたかったけど、執筆のプロの阿求が言うんだから仕方なく推敲したわよ」
「まあ、あなたのは単に文章が下手だっただからだけど」
「なんですって!」
「まあそれはこの際どうでもいいわ」
「よくない!」
「修正しなければ印刷はできない。そして、今から新しい印刷所を探す暇もない。私たちに選択は限られているわ、小鈴」
「修正して、印刷するか。修正せず、印刷もしないか」
「そうです。あなたの言う通り」
 急に阿求は敬語になった。気宇壮大になるとなぜか敬語を使いたくなるのが阿求だ。
「どうしますか、小鈴」
「印刷しないという選択肢はないわ。人間と妖怪が一ヶ所に集まる夏祭り……こんなの年に一回あるかないかよ。私は、私たちの本を人間にも妖怪にも見てもらいたいわ。ここで出さずにいつ出すっていうの」
「同感です」
 阿求は重々しくうなずいた。それから、脇に抱えていた封筒から、原稿の束を引き出し、小鈴の前に置く。コンセプトは、『幻想郷の近況を記す図番入りエッセイ』だ。紐を解いて、小鈴は自分たちの書き上げた原稿を改めて眺める。
素晴らしい。
いつ見ても最高の出来栄えだ。
 その最高の原稿が、今、赤インクでメタメタに汚されている。
「なんっっっなのよこれはァァァ!」
「落ち着きましょう、小鈴」
「落ち着いていられるかッ! ゴタゴタ言わずにとっとと印刷すりゃぁいいのよ!」
「訂正箇所をよく見てみればわかります。何もやたらめったらにインクを使っているわけではない。妖怪の気に障りそうなところを注意深く選んでいます。全体の論旨自体に傷をつける気はない」
「じゃあどうしろって言うのよ」
「訂正して、つじつまが合うように再構成して、再提出するのです」
「だから……どうやって。確か、納期は正午十二時までよね。延ばしてくれるって言ってた?」
「いいえ、時間厳守と念を押されたわ」
「じゃああああああどうしろッッッッて言うのよ」
「対策はひとつだけ」
「なに」
「急ぐのよ」
 頭を振り乱して鈴の音を鳴らしつつ奇声をあげる小鈴を放置して、阿求は原稿の手直しにかかった。すべてが手書きではなく、ページの枠や写真をはめこんだ組版は完成しているので、あとは文面をどうにかすれば、どうにかなる。
「まずは単純に言い回しを変えればOKな箇所から進めていきましょう。手を動かさないと私も頭が働かない。それから、論旨そのものを変えなければならないところに手をつける。いいわね」
「ちょっとこれ、『こうして何万年と続いてきた幻想郷は』にアカが引いているんだけど」
「そんなに続いていないってことじゃないかしら。もしくはその逆」
「ないかしらってあんた歴史家でしょあきゅちゃん」
「つべこべ言わず『昔から』にしておきなさい」
「そんな! 安っぽくなるわ。せめて『太古から』よ、これ以上は譲れない」
「じゃあもうそれでいいから。もうあまり話しかけないで」
 小鈴が騒いでいたので抑える側だった阿求も、だんだんと苛々を隠せなくなってきた。しばらくはお互い無言で担当パートの修正に入る。
「ねえ、これって一印刷所の判断じゃないわよね。表現の指摘がいちいち細かいって言うか、事情知っているひとじゃないとここまで指摘できないわよ」
 小鈴の思いは、阿求も同じだった。だがそれを今さら言っても始まらない。
「黙って手を動かす」
「はあい」
 手のひらに滲んだ汗が筆をべたつかせる。ふと、いても立ってもいられず思い切り頭を掻くと、指先が粘つく。外は朝だというのに、空気は再び重く、ぬるくなっていく。
 陽は高くなり、午前十時を回った。
 目がしぱしぱする。
 指摘された箇所の訂正は八割がた終わっていた。そして残った二割が肝心要の部分だった。
 人間と妖怪の共存。それは異論ない。しかし要所要所において、妖怪は人間を騙し、利益を奪い、その上でイーブンであると偽っているのではないか。
 片方が喰らい、片方が狩る、そういう恐怖と抵抗・団結の相乗効果でコミュニティを維持しているだって?
 その論理は破綻しているんじゃないのか?
 そういう趣旨だ。それを、なるべくオブラートに包んで提出したい。
「そうだ、このアカでチェックされまくったメタメタに汚い紙面を、そのまままるごと印刷に出すっていうのはどうかしら」
 小鈴はすがすがしい顔で提案した。まるきりの冗談というわけでもなさそうだ。そういう乱暴な手法がもたらす効果も、阿求は認めないではない。
 が……
「それは、私の執筆者としての意地が許せないわ」
 ふたりは互いに譲る気配がない。それでもなんとか、折り合って進められるところは進めていく。
 午前十一時を回った。残ったアカは一割、いや、八分といったところか。
 昨夜から朝にかけてずいぶん冷えていたのに、一度太陽がのぼるとやたらと暑くなってきた。この部屋にずっといて、嗅覚はほとんど麻痺しているはずなのに、それでもなおふたりの体臭が部屋に漂うのを感じる。
 臭いとともに、焦りが濃くなっていく。じり、じり、と外からも内からも圧迫されながら、阿求はふと、なんとも言えぬ幸福を感じた。時間が煮詰まっていく。
「たまらないわね」
 小鈴が言う。なんの脈絡もない。そう言ったからといって問題は解決しない。
 にもかわらず……
「ほんとうに、ね」
阿求は心から同意する。

 ふたりの『夜』はまだ終わらない。
ドタバタというのをあまり書いたことがなかったので、
テーマをそれ一本に絞って書いてみました。

もちろんですがこの物語はフィクションであり
実際の団体、または企業の行為とは一切関与はございません……
野田文七
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.730簡易評価
1.100名前が無い程度の能力削除
二人の体臭嗅ぎたい
2.90名前が無い程度の能力削除
たまらんな
4.80非現実世界に棲む者削除
ふむ・・・中々・・・よろしいですな・・・(ニヤニヤ
5.50名前が無い程度の能力削除
中の人の事情っぽい
6.90名前が無い程度の能力削除
・・・企業の行為?
7.70奇声を発する程度の能力削除
これはこれは
10.100名前が無い程度の能力削除
間に合えぇー!
13.90名前が無い程度の能力削除
徹夜明けの少女たちの体臭ならちょっと嗅いでみたいかも…
15.80絶望を司る程度の能力削除
頑張れww
20.100名前が無い程度の能力削除
読んでて伝わってくる迫力が半端ない
実体験に基づいてるんですかね
21.80名前が無い程度の能力削除
大変なんだなぁ…
27.80名前が無い程度の能力削除
がんばれとしか言えない