Coolier - 新生・東方創想話

"主人公たちの女子会"ーーミスティア・ローレライの暴露文、その3

2014/03/05 20:07:14
最終更新
サイズ
12.57KB
ページ数
1
閲覧数
1734
評価数
11/25
POINT
1210
Rate
9.50

分類タグ

進歩がない奴らを見てイライラした経験はないだろうか。今の私は正にそれだ。怒りを通り越してあきれてくる。そんな彼女たちの実態を例によって”れこーだー”で記録する。

今回の重罪人は

博麗霊夢
霧雨魔理沙
東風谷早苗
鈴仙・うどんナントカ・イナバ
魂魄妖夢

である。




魔理沙「で、今日の飲み会の趣旨は何なんだ?」

鈴仙 「えーと、ですね。魔理沙さんが参加していないときに色々ありまして、バンドをやろうということになったんですよ、幽香さんと」

魔理沙「男作りのため?」

鈴仙 「はい。」

魔理沙「へー、いいじゃないか。」

早苗 「まぁ幽香さんも乗り気で、歌もすごくうまくて・・・ミスティアさんがその場で勧誘するくらいでした。」

魔理沙「良かったじゃないか。」

早苗 「だから・・・やっぱりやめたいな、と。」

5人 「・・・・・・」

魔理沙&妖夢「はぁ?」





妖夢 「え、ちょっと、どういうことなんですか、これ?」

魔理沙「ん?妖夢は参加してたんじゃなかったのか?」

妖夢 「してました、ばっちりしてましたよ!!で・・・やるみたいな話だったじゃないですか!?」

早苗 「えーと、そのう、私たちの目的はやっぱり彼氏作りなわけで・・・」

鈴仙 「あんな歌聞いちゃうと・・・」

霊夢 「まぁ重いというか、もっとグダグダにやりたいのよね、幻想郷一を目指すとかそういうのじゃなく」

魔理沙「は、はぁ?お前たちバカなのか?」

妖夢 「そうですよ、あまりにも失礼じゃないですか、幽香さんに!!」

鈴仙 「はい、お気持ちは分かるんですが・・・でも、ついていけないというか・・・」

魔理沙「ずっとお前たちのことバカだとか無気力とは思ったけど、ここまでダメ人間だったとは・・・」

霊夢 「いえ、ええとね。なんていうの、もっと楽な感じでやりたいのよ、熱く練習するとかそういうんじゃなく」

早苗 「同好会のゆるゆるな感じとか、そういうの目指してまして・・・」

魔理沙「バカかお前ら!!私はこのために・・・昨日も遅くまでピアノ練習してたのに・・・」

鈴仙 「え、知ってたんですか、バンドのこと?」

魔理沙「あぁ、アリス経由で幽香から・・・そんなことはどうでもいいんだよ!何で始める前に諦めるんだよ!!楽しいかもしれないだろ!?ほらさぁ、外の世界の漫画、スラムダンクだっけ?あれも不純な動機で始めたけど、最後には熱くバスケにのめり込む、そんないい話になったじゃん!!」

早苗 「ですから、そういう熱いのがあんまり好きじゃないっていうか。私がやりたいのは少年誌っぽいのじゃなくて、こう少女漫画的な恋愛主体の・・・」

魔理沙「のだめカンタービレとかあるだろ!!」

霊夢 「だから、そういうんじゃないのよ。ぶっちゃけ音楽そこまで好きじゃないし・・・」

妖夢 「斬りましょう!魔理沙さん、斬りましょうよ!こいつらの性根、腐ってます!!」

霊夢 「腐ってるのは最初から分かってたじゃない」

魔理沙「・・・帰るぜ」

妖夢 「え、ちょっと、魔理沙さん!!」

魔理沙「こいつらに期待していた私がバカだった」

妖夢 「待って下さいよ!魔理沙さんが抜けたら、ホントにバンド結成できないじゃないですか」

魔理沙「・・・本当はさ、ちょっと楽しみにしてたんだ。いっつも彼氏ほしいとか、身のない会話しているところからさ。ああいう会話していると思うんだ。目標がないな、て。でも今回初めて目標ができたと思ったんだ。」

妖夢 「・・・魔理沙さん」

魔理沙「グスッ・・・バカみたいだよな、私。アリスに頼み込んでさ、パチュリーに音楽の本借りてさ。皆で音楽やれたら楽しいだろうな、とかさ・・・」

ミスティア「魔理沙さん・・・」

魔理沙「楽譜なんてほとんど読めないし、”猫ふんじゃった”すら弾けないレベルだけどさ・・・それでもさ・・・」

3人 「・・・・・・」

魔理沙「・・・じゃあな」

妖夢 「ちょっと魔理沙さん!・・・失礼します!!」





霊夢 「・・・」

鈴仙 「・・・」

早苗 「・・・」

ミスティア「・・・」

霊夢 「どうする?」

早苗 「どうする、て言われても・・・」

鈴仙 「さっきからミスティアさん、ずっとこっちを睨んでるんですけど・・・」

早苗 「けど・・・ああーーー!!ぶっちゃけ現実を見ましょうよ!!私たちカスタネットリオなんですよ!いきなりバンドとか無謀だったんですよ!!」

霊夢 「早苗が言い出したことでしょ」

早苗 「そうですけど・・・幽香さんがあそこまで食いつくとは思わないじゃないですか!!」

鈴仙 「それは・・・私も・・・」

早苗 「私としては・・・どっかの音楽サークルにでも入って、楽器習いつつなぁなぁな感じでやっていくつもりだったんですよ!!自分でバンド作るって思っていなかったんですよ!!」

霊夢 「確かに話が飛躍しすぎた感じあるわね」

鈴仙 「でも何事も始めというのがありますし・・・」

霊夢 「何?あんたはバンドやりたいの?」

鈴仙 「実はやりたくなかったんですが・・・さっきの魔理沙さんを見て、その、申し訳ないなって。」

早苗 「それは・・・」

鈴仙 「魔理沙さんも初心者なのにあそこまで頑張れるなら、自分も、その、頑張れるかなって」

早苗 「・・・」

鈴仙 「・・・」

霊夢 「・・・」

早苗 「どうしましょう?」

鈴仙 「なるようになるとしか・・・」

霊夢 「私は嫌なんだけど・・・えーと、実は。こんな時に言うのは何だけど・・・紫の勧めでお見合いして・・・」

早苗 「ええええええ!?聞いてませんよ!!お見合いとかしたくないって言ってたじゃないですか!?」

霊夢 「それは、そうなんだけど。ほら、前に同好会を色々廻ったけど、金がないから入れないみたいな話したじゃない?」

鈴仙 「してましたね、そういう話」

霊夢 「で、その中に前にうちで居候していた”こころ”が参加してた踊りの同好会があって。まぁこころは相変わらず空回りしてたんだけど、そこにいた会長みたいな人が、こころも会費を払えているわけじゃないけど大丈夫だ、みたいなこと言ってくれてて。その時はそれで終わったんだけど、その人がたまたま紫のお見合い写真に載ってた人で・・・」

早苗 「まさか・・・」

霊夢 「うん、この間会って、とりあえずそこで活動しようかなぁって」

鈴仙 「その話、なんでもっと早くに言ってくれなかったんですか?」

霊夢 「だって・・・初めてのお見合いで、お互い気に入るかどうか分かんなかったし・・・何より今回のことで魔理沙があんなに怒るとは思わなかったし・・・」

早苗 「本当ならおめでとうとか言いたいんですけど・・・」

霊夢 「うん・・・ごめん・・・」

鈴仙 「でも、幽香さんにどういいます?」

霊夢 「ちゃんと言うわ。期待させてごめん、て。」

早苗 「私、やっぱりやってみます、音楽」

鈴仙 「へ?」

早苗 「前、私も同好会探してたって言ったじゃないですか、で、結局見つからなかった、て。あれ、半分ホントで半分嘘なんです。実は一人でどこか入る勇気なくて、みんなで入る口実を作ろうと思ってたんです。で、幽香さんの実力見てやる気失いましたけど・・・」

鈴仙 「・・・・・・」

早苗 「でも霊夢さんと魔理沙さん、妖夢さんを見て思ったんです。このままじゃいけないなぁ、て。鈴仙さん。」

鈴仙 「あ、はい」

早苗 「一緒に頑張ってくれますか?」

鈴仙 「はい!!」

霊夢 「さ、じゃあ今から魔理沙に謝りに行きますか!!ミスティア、勘定は後で!また戻ってくるわ!魔理沙と妖夢連れてね!」

2人 「おーー!!」

ミスティア「ふふっ、お待ちしています。」







(勢いよく飛んでいった3人を私は見送った。そして1時間後、彼女たちは"3人"で帰ってきた。
 話を聞くと、既に魔理沙と妖夢は彼女たちに見切りをつけ、アリスとお姉さま(幽香)と共にバンド結成していたのだった。
 祝福するでもなく、対抗してバンドを作るわけでもなく、
 また目的もなしにぐだぐだ飲みつぶれるのであった・・・。)

バンド編終了




























後編

私、ミスティア・ローレライは女だ。女には女の苦悩があり、その点、今回の奴らには少し同情するところもある。しかしそれは閉店時間を守る客限定の話であり、やはり長時間の居座りはストレスがかかる。またまた例によって”れこーだー”で奴らの実態を記録し、ここに暴露するものである。

今回の重罪人は

博麗霊夢
東風谷早苗
鈴仙・ウドン的な何か・イナバ
魂魄妖夢
霧雨魔理沙

である。


霊夢 「・・・ないわ。」

早苗 「この前のお見合い相手?」

霊夢 「うん。」

魔理沙「何があったんだ?」

霊夢 「初めはその、なんていうか紳士的なさわやかな人だったのよ。でも、何を勘違いしたのか・・・その・・・」

妖夢 「もしかしなくてもセクハラですか?」

霊夢 「うん・・・。」

妖夢 「やっぱり」

鈴仙 「ということは妖夢さんも?」

妖夢 「はい。先輩が、なんというか、最近妙に、そのぉ、触ってくることがありまして・・・」

鈴仙 「胸とか尻とか」

妖夢 「はい」

鈴仙 「いいじゃない、そういう関係を求めてたんでしょ」

霊夢 「違うのよ、そうじゃないのよ。なんていうかさ、私は普通の女の子として付き合いたいのよ。デートしたり一緒に練習したりして。そして徐々にお互い好きになっていって最終的には、という形?」

鈴仙 「あ?何、いきなりカマトトぶってんだよ?贅沢か?嫌味か?」

早苗 「ちょっと、鈴仙さん。」

鈴仙 「うるさいわね。こういうことするのが目的なわけでしょ!!そういうやつ大っ嫌い!!」

妖夢 「カマトトぶってるわけじゃないんですけど。ただ例えば生理中のときに触られると私、すごく気持ち悪いんですよ」

鈴仙 「じゃあ生理中だっていえばいいじゃない」

妖夢 「分かってくれないんですよ、男の人はそういうの。一度スイッチ入ると常に入りっぱなしみたいな・・・」

鈴仙 「そういうのをカマトトぶってるっつうんだよ!!だいたいさ、何?アンタらお姫様のつもり?お嬢様扱いされなきゃダメとでも言うの!?」

霊夢 「そうじゃないけど、あ、私は生理中とかそういうの関係なしに知らない人に触られるのイヤ。魔理沙は?」

魔理沙「ん~、触られたことないから分からん。」

鈴仙 「魔理沙もよぉ~、何いつまでも停滞してんの!?この前のバンドの件でウチらに説教してた割には自分だってソッチ方面はさっぱりじゃん!」

魔理沙「だから霊夢が言っているのは段階があるってことだよ」

鈴仙 「はぁ???お前ら、何かあったら段階、段階、言い訳して!もう全員イヤ!!」

早苗 「鈴仙さん、荒れてますけど何かあったんですか?」

鈴仙 「実は死神の企画で合コンしたのよ」

早苗 「えーーー!?何で誘ってくれなかったんですか!?」

鈴仙 「ごめん、一人だけ欠員出たって話だったから・・・で、一人いい感じの奴いたから、まぁ仲良くなって、ホテルに行ったのよ」

4人 「え~~~~!?いきなり!?」

鈴仙 「いきなりも何もそういう目的でしょ、合コンって、最終的には!!私はカマトトぶらないからね。で、そうそう。ホテルに行ったのよ。で、私は脱いで、相手も脱いで、で事件が起こったわけ。」

4人 「事件って?」

鈴仙 「だから、相手がその・・・立たなかったのよ」

4人 「は?」

鈴仙 「だ・か・ら!!立たなかったのよ!!あそこが!!小っちゃく萎んでて、ウチ(永遠亭)にくるジジイの方がまだデカかったわ!!」

霊夢 「え、男の人って、その、自動的に立つものじゃないの?」

早苗 「さ、さぁ。考えたこともないですし、私たちが濡れないのと同じような話じゃないでしょうか?」

鈴仙 「あげくにさぁ!!『緊張しちゃって』とか『こういうのは段階が』とかさぁ!!いきなりウジウジ泣き出してやんの。泣きたいのはこっちだわ!!」

魔理沙「それは・・・災難だったな・・・」

鈴仙 「もーーーーー、ふざけんなよ!!性欲もなしじゃ、地上は月に何で勝とうっていうのよ!!」

魔理沙「それでどうしたんだ?」

鈴仙 「ビンタして帰ったわ!ついでに役立たずのモノ潰して帰ろうかと思ったけど・・・ホントに去勢してやればよかった。」

霊夢 「こういう時どうするのが正解なの?」

早苗 「本では触ったり、舐めたり咥えたりしましたけど・・・」

鈴仙 「はぁあああああああああ!?私が?あんなものを?ふっざけるんじゃないわよ!!だって、アレ。びっくりするほど小さかったからね!!親指の先端くらいの大きさよ。よくさぁ!本とかで『こんなの咥えきれなぁ~い』ていうのあるけど、あのサイズなら10本あったところで余裕よ」

妖夢 「こういう時、どう声をかけていいか・・・」

鈴仙 「だからさ、私がいいたいのは!!セクハラ?いいじゃない、元々エロいことするための身体でしょ!本当にエロいことも何にもないとこ想像したことある!?すっごく惨めな気分になるわよ!!」

妖夢 「は、はぁ」

鈴仙 「あ~また泣きたくなってきた・・・もう一杯頂戴~」

早苗 「でも・・・鈴仙さん?」

鈴仙 「あ?何よ。」

早苗 「その・・・どんな感じでした?男の人って?」

鈴仙 「さっき言ったじゃない。プチトマトみたいなものをぶら下げているだけの能無しだったわ」

早苗 「そうじゃなくて・・・その体つきとか、キスした感触とか・・・」

鈴仙 「ああ、そういうこと。全部最悪だったわ。キスは唇をくっつけてくるだけ、愛撫も取り合えず胸触ればいいと思っている感じ。それでも私頑張って何とかムード出そうとしたのよ。で、結果がこれよ」

早苗 「はぁ~」

鈴仙 「ていうかさ、妖夢の先輩はどんな感じなの?そっちの方が聞きた~い!!」

妖夢 「そうですね、例えば型稽古の時。後ろから手首を握られたり、胸の下の方を触られたり」

鈴仙 「ほぅほぅ」

妖夢 「あと・・・時々お尻に・・・その・・・当てられたり」

鈴仙 「立ってた?」

妖夢 「はい」

鈴仙 「いいじゃん!!むしろ先輩を私に紹介・・・ていうか忘れてた!!剣道場の人を私たちに紹介するって話どうなったのよ!!」

霊夢 「ああああああああああああ!!ナイス!!忘れてた!!」

早苗 「幽香さんの一件ですっかり忘れてた!!」

妖夢 「え、あれ、本気だったんですか?」

霊夢 「本気も本気、大本気よ!!私たち、そのために奢ったのよ!」

妖夢 「え~、でも~」

早苗 「合コン♪合コン♪さぁ皆さんも一緒に~」

霊夢 「合コン♪合コン♪」

鈴仙 「合コン♪合コン♪」

魔理沙「合コン♪合コン♪」

霊夢 「魔理沙は霖之助さんいるからいいでしょ」

魔理沙「私だってやってみたいぜ」

妖夢 「助けてください、ミスティアさん」

ミスティア「霊夢さん、合コンはどこでやります?」

霊夢 「分かってるわよ、ここでね。」

ミスティア「合コン♪合コン♪」

妖夢 「え~~~、そんなぁ・・・」

鈴仙 「じゃあ合コンを記念して。今日は飲むわよ~」

3人 「お~~~~」

ミスティア「(とっとと帰れ)」





次回、合コン編へ



簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.510簡易評価
2.無評価名前が無い程度の能力削除
嫌い
3.20煉獄削除
セリフの前に人物の名前をいれる台本形式なのと、地の文章がないので話が薄く感じました。

4.20非現実世界に棲む者削除
内容がどんどん逸れていってるような...不快な気持ちしか浮かばない。
5.無評価絶望を司る程度の能力削除
一度自分が向かおうとしている結末を見つめ直してみることをオススメしますよ?
6.70名前が無い程度の能力削除
幽香さんという唯一の良心を失って彼女らはどうなってしまうのか
8.70名前が無い程度の能力削除
 あー、バンドのところで、やる気なくぬるい感じのを期待していたのになんか熱いので逃げて、しかし仲間内から感化される人が出てきたのでなんとなーく付き合いで始めちゃうというこの展開、いかにも三流大学の薄っぺらい友だち関係という感じで、むしろリアリティがあって良かったです。
 原作の少女たちは例外なく個人主義で、自分のペースを守って流されない強いキャラクターでしたが、この作品ではより現実の女子らしく、主体性がなく馴れ合う感じがして、リアル。何より、本当は彼氏を作ることなどよりも、仲間内でつるんでグループから外れたくないという思いが、動機になっているようなあたりが(本当に欲しいなら具体的に行動しろという)、よく描けています。外い外い。
9.無評価金細工師削除
なんかすげぇ共感できるわぁ…
上司のセクハラとか裸足で逃げるくらい女子会トークって凄まじいよね。
10.80金細工師削除
評価忘れた…
14.10名前が無い程度の能力削除
キャラ名ABCでも通じるくらいに二次創作になってない
15.80名前が無い程度の能力削除
このゆるい調子で進めて行って、どうぞ
16.80名前が無い程度の能力削除
この何処を向いても救いが無い感じ。
嫌いじゃない。
17.70奇声を発する程度の能力削除
まぁ頑張れ
23.無評価名前が無い程度の能力削除
さすがにしかるべきところでやるべきじゃないかと思う内容はおもしろいので頑張って下さい
24.100名前が無い程度の能力削除
おもしろい
29.100名前が無い程度の能力削除
自分は逆にリアリティあって好きだ