Coolier - 新生・東方創想話

2014/02/26 07:01:19
最終更新
サイズ
1.39KB
ページ数
1
閲覧数
517
評価数
3/12
POINT
560
Rate
9.00

分類タグ

 彼女と手をつないでいる時の事だった。
 かちりとした軽い音に振り返ってみると、聞屋が写真を撮っていた。
 記事にすると話していたが、紙の上に状況が再現されることはなかった。
 不思議に思い、聞屋の元へ行ってみると、記事として弱く、使えないとの事だった。
 今後使う予定はないとのことなので、写真を手に持ち、彼女の家へ帰っていった。
 彼女と手を合わせながら、その写真を眺める。
 それから、彼女の家で写真を見ることが、日々の暮らしの一部になった。

 いくつかの季節が過ぎていき、変化しない私とは裏腹に、写真は段々と変わっていった。
 端々は擦り切れ、全体的に茶色がかっていった。
 以前の聞屋に行ってみると、新しい写真を渡してくれた。
 その日から、私たちは写真を並べて見るようになった。

 数え切れないほどの季節が過ぎた。
 彼女の家に、今でも私はいる。そして、今日も写真を見続けている。
 一番初めのものは擦り切れ、茶色い紙になってしまっている。
 何十枚と並べられた写真。
 背中からまっすぐに伸びた長い髪。
 顔は見ることはできないが、思い出すことはできる。
 今日も日差しの下、彼女との写真を見続ける。

 季節の変化は変わらず、目の前の情景が変わり続けた。
 あの頃の写真は、細かな色の集合として、小さな機械に収められている。
 彼女の顔は、輪郭が曖昧になり、思い出すことは難しい。
 しかし、あの日の彼女の手の暖かさ。話した時の声。距離感は思い出すことができる。

 無限にある時間。置いていったものは多くはあるけれど、これからも永遠にとり続けていく。
 彼女との日々をもう一度、撮りつづけるために。
掌編・・・のつもりです。

お楽しみいただけましたら、幸いです。
ご意見・ご感想などありましたら、是非。
龍泡
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.310簡易評価
2.80名前が無い程度の能力削除
アナログな写真という媒体だと、割合とすぐに劣化し失われてしまうかもしれません。そんなものにすがりつく妹紅が痛ましい。
5.90絶望を司る程度の能力削除
切ないですね。諸行無常の響き、その響きに動じない彼女は何を見続けるか?
10.80奇声を発する程度の能力削除
うーん、切ないですねぇ