Coolier - 新生・東方創想話

警戒しても無駄だよ

2014/01/31 17:02:20
最終更新
サイズ
1.7KB
ページ数
1
閲覧数
880
評価数
9/23
POINT
1380
Rate
11.71

分類タグ


「雛、おはよう」

「にとりさん!」

「何? どうしたの? そう警戒しないでよ」

「あなたにあったら警戒しないほうがおかしいですよ」

「……そうだね。言われてみればそうだ」

「で、今日はなんの用ですか?」

「うん、特別やることがないから何か無いかと思って雛のところに来たんだ」

「何もありませんよ」

「昨日はあったよね」

「昨日はにとりさんが持って来た自動泡発生器とかいうので私の家を泡だらけにしてくれましたよね」

「うんうん、そうだったね。部屋中ピカピカになったでしょ」

「泡の片付けのついでに掃除したんですが」

「……今日は何しよっか」

「その表情は、悪いことしたっていう自覚はあるようですね」

「そのね、昨日はごめんね」

「昨日のことはいいのですよ。結果部屋がピカピカになりました」

「だったら、良かったね。今日は何をする?」

「何もしませんよ。帰ってください」

「そうか、そうか、私は帰らないといけないか。そっか」

「ちょっと、にとりさん? 何をそんなに切ない顔してるんですか?」

「だって、雛が遊んでくれないんだもの。それに、他の、魔理沙とかも遊んでくれない」

「にとりさんの遊びが少し過激すぎるんですよ」

「そうかなぁ、魔理沙と遊んだときは牧場に行ってそれから」

「それから、牧場のウシが全部ウマになったんですよね」

「そうそう、ウシをウマに変える機械を作ってあそんだんだった」

「あの時は魔理沙さんだけ捕まって凄く怒られたんですよ」

「へぇ、そうだったんだ」

「ほかにも、小麦をソバに変える機械を作って遊んだとき魔理沙さんだけ捕まって凄く怒られたそうですよ」

「ああ、あれね。小麦アレルギーの子供が居たから小麦を食べさせてあげたかったんだ」

「でも、それは小麦では無くてソバになっていたのよね」

「そうだったんだよ。あの時は私も驚いたよ」

「そうですね」

「それでね。おととい、魔理沙を雛に変える機械を作ったんだ」

「え?」

「……そんなことより。遊ぼうよ雛」
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.560簡易評価
5.80名前が無い程度の能力削除
雛が2人いるのなら本当、1人しかいないのなら嘘となります。ドッペルゲンガーって怖いです。
6.90名前が無い程度の能力削除
相変わらずのシュール作品
8.100絶望を司る程度の能力削除
え?
9.90奇声を発する程度の能力削除
良いね
11.90名前が無い程度の能力削除
あ、これは面白い
12.90名前が無い程度の能力削除
こえーよw
13.90名前が無い程度の能力削除
雛さんやけに詳しいですね(震え声
17.90さとしお削除
怖い、怖い。
19.100名前が無い程度の能力削除
雛さんが!