Coolier - 新生・東方創想話

(神綺様のイヤボーンが発生した事案に伴い、現在魔界庁舎は復旧工事のため閉鎖中です)

2013/10/27 17:11:42
最終更新
サイズ
4.19KB
ページ数
1
閲覧数
2915
評価数
12/40
POINT
2330
Rate
11.49

分類タグ

「もしもし、アリスちゃん?」
「お母さん? ひさしぶりね。どうしたの、突然電話なんかしてきて」
「人づてに聞いたんだけれどね? 地霊殿の、旧地獄の温泉に行って……あの、その」

「なに?」
「アリスちゃん、イヤーッ!されたって本当?」
「誰から聞いたのかしら、まったく。魔理沙あたり?――ええ。おととい、癒されにいったわ」
「自分から行ったの?!」
「そうだけど」

「イヤーッ!されによ?」
「うん。ちゃんと癒されたわ」
「その、わたしなんといっていいかわからないけど、何かつらいことがあるのならいつでも相談して、ね?」
「は? まあ、ありがとう、お母さん」

「言いたくないのなら別にかまわないのだけど。具体的にいったいどんなことをされたの?」
「まあ、色々と。そうそう、カイロプラクティックとか受けたわ」

「カイ……ぷら……え?」
「整体マッサージみたいなものよ」
「性帯マッサージなの? 揉みしだかれたりしたの?」
「まあ、揉まれたわね。そういうものだから」
「そういうものなの? イヤーッ!されるってそういうものなの?」

「そういうものよ。後は叩かれたり」
「肉体言語?! ほかにはどんな?」

「そうね……あとは、魔界にない珍しい感じのものだとねえ」
「うん」

「私の頭皮の血行がよくないからって、私の顔のツヤをだすために、全体的にすっきり締めるからって首のほうにまで手を出してきたり」
「アリスちゃんの逃避の決行がよくないからって、アリスちゃんの顔の通夜をだすために、全体的にすっきり絞めるからって首のほうにまで手を出してくるの? それ本当に性帯なの?」
「整体よ。結構ディープでしょ」
「わたしには深すぎてついていけないわアリスちゃん……」
「そお?」



「あと、おもにどういう部分を、その……されたの?」
「どこっていうか、結構徹底的に。全身をくまなくね」
「くまなく?!」

「オイルまで使って」
「潤滑?!」

「一緒に行った、魔理沙や霊夢とかとね」
「お友達も同じことを?」
「ええ」

「嫌がったりしたお友達はいなかったわけ?」
「いないわ。みんな気に入ってたみたいだし」
「みんな?!」
「ちょうどいま、幻想郷でこういうのが流行ってて」
「幻想郷中で?」

「ええ。全員、時間たっぷり満喫したみたいよ」
「どのくらいの時間?」
「思い切って三時間」
「さんじかん?!」
「なんだけど。体感で三十分くらい経過したかなって思ったときに、ふと時計見たらもう三時間たってて。どうも途中で何回か意識が飛んでたみたいね」
「意識を?! アリスちゃん、あなた怪我はない?!」

「ん? ああ。へたくそな素人がすると、障碍や後遺症が残ったりすることがあるらしいわね」
「そんなに激しいの?!」

「そんなに激しくないわ。最後のほうで背骨とか首の骨とかをちょっとバキバキッってするくらい」
「大惨事じゃない!!!」



「へ? で、これが思った以上に結構うまくて」
「うまいとか下手とかあるのね……」
「もちろんあるわ。最初はちょっと痛かったけど、途中からだんだん気持ちよくなっちゃって」
「アリスちゃんはいつの間にそんな大人の階段を……」

「さすがプロの仕業ね」
「プロとかアマチュアとかあるの?」
「ええ。しっかりした資格をもってるプロ」
「資格って。つまり誰かが認めてるってこと? ……そういうのを?」
「よく知らないけど、八雲紫とかそのあたりが公認してるんじゃないかしら」
「幻想郷ぐるみで認めてる公認資格なの?!」
「そうみたい。今は幻想郷でも結構人気の資格だから、資格の取得は案外難しいらしいわね」
「幻想郷は一体どういう世界になってるというの……」

「私を担当したひと、資格取ってから四十年以上たつベテランだって」
「やってるの御老人なの?!」
「そういうわけではないわ。旧地獄の間で、うまいと評判の屈強な鬼たちよ」
「屈強?! 複数?!」
「ああ、そう。ああいうのって普通は一対一でやるものじゃない?」
「え? ええ。そうね、普通かどうかはちょっとよくわからないけど。あとね、わたし、そういうの全然くわしくないけどね? 話し合って心の底から納得して、ちゃんとお互い合意してからするべきだと思うの」

「メインは一人なんだけど、お手伝いというか弟子みたいなのがいて、各々が自分の担当部位を行う形式みたいで、みんなで一斉に」
「よってたかって?! なんという鬼畜の所業!」
「まあ、鬼の仕業ではあるわね。星熊勇儀っていう。あと、合意っていうか、ちゃんとお金払ったから」

「お金払ったの? ……アリスちゃんのほうが?!」
「勇儀とは知り合いだけど、その辺りの分別はしっかりしてるつもりだから。安心して?」
「安心できる要素がどこにもないわアリスちゃん!!!」



「やだ、心配性ね」
「心配しないわけがありますか!」

「そこまでいうなら、そうだ。いっそのこと、今度お母さんも一緒に行きましょうよ」
「わたしも?!」

「ええ、きっと気にいると思うわ。アロマエッ――気持ちのよくなるお香の香りをかぎながら、ね。身も心もトロけた気分になれるわ」
「」
【魔界ニュース速報】
神綺様による提出新法案「とにかく幻想郷と旧地獄を滅ぼしてアリスちゃんを救わなきゃ法」は、魔界理事会において賛成票が圧倒的多数でしたが、今回もまた拒否権が発動されたため五度目の否決が確定しました。
神綺様は再度まったく同じ法案を提案する意向を表明しており、理事会は今後も紛糾を余儀なくされそうです。
本法案について唯一拒否権を発動した夢子氏は「アリスお願いだから一刻も早く一旦魔界に帰ってきて」とのコメントを残しています。
万年
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1340簡易評価
6.100名前が無い程度の能力削除
魔界は今日も平和ですね
7.80非現実世界に棲む者削除
神綺様過保護すぎます(笑)。
8.80奇声を発する程度の能力削除
神綺様w
9.80名前が無い程度の能力削除
頭が春ですよー
11.70名前が無い程度の能力削除
今日も魔界は平和です(win版出番無しと言うのも含めて何も起こらないという意味で)
19.80名前が無い程度の能力削除
Good!
21.100名前が無い程度の能力削除
過保護でおっちょこちょいな神綺様かわいいよ
22.100絶望を司る程度の能力削除
笑うしかねぇなww
23.50金細工師削除
モウヤダコノオカン
24.80名前が無い程度の能力削除
☓理事会→○家族会議
夢子姉さんは魔界の理性いや良心
37.100名前が無い程度の能力削除
>賛成票が圧倒的多数

アリス愛されすぎw
38.70さわしみだいほん削除
さいですか、素晴らしかったです
アマチュアに立てるのはキマシw