Coolier - 新生・東方創想話

ちゃんいせていお?

2013/09/17 01:05:10
最終更新
サイズ
0.52KB
ページ数
1
閲覧数
2148
評価数
9/26
POINT
1290
Rate
9.74

分類タグ

もしもね私がおねえさまならば

すぐに咲夜を眷属にするよ

咲夜は人間だからすぐに壊れてしまうけれど

咲夜が眷属になれば、もっと遊べるよ

咲夜の気持ちはずっと人間で居たいようだけど

それが、咲夜の気持ちかもしれないけれど

それだと、ずっと私達とは一緒に居られないよ遊べない

偉い人達

違うな

偉い妖怪達は私のことを

気がふれているというけれど

咲夜が人間としてその命を

終えることがそんなに重要なことなのか

私にはそれが分からない

だから今日も咲夜が来てくれたときに

私は意地悪してしまうのかもしれない
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.550簡易評価
1.90名前が無い程度の能力削除
余りにも短いですが、ラスト二行に余韻と裏側のドラマがあって、微かに咲夜さんの困った感情が伺えて良いですな。
2.80名前が無い程度の能力削除
詩って珍しいです、が伝わります。
3.80奇声を発する程度の能力削除
短いですがこれはこれで良いですね
4.90名前が無い程度の能力削除
短いけど、この先の思想が無限大。
5.80道楽削除
新鮮でした。
ありですねぇ。
11.90名前が無い程度の能力削除
戸隠さんどうしたの?
17.無評価名前が無い程度の能力削除
もう雰囲気だけってのはやめようよ…
ちゃんとしたお話の中にこういうのがはさんであったら良いけどさ…
19.70名前が無い程度の能力削除
うーん悪くはないけどさ
まぁジェネに上げれば?とは言いたい
23.803削除
この1kbにも満たない文章ですが、
その中にもなんとなく読み取れることがあり面白いです。
ですが、さっと読み流すとよく分からないまま終わってしまう……
しかし、作者様はおそらく色々な意図を込めて書いたに違いない。
……それなら、思い切り時間をかけて深く考察してみよう!
と、いうことで折角なので、自分なりに解釈してみようと思いました。


コメント欄のスペースを取ってしまうことをお許し下さい。


まず語り手ですが、これはフランで間違いないと言って良いと思いました。
それでは、彼女は誰に話しているのか。
一行目「もしもね私がおねえさまならば」を読むと、レミリアに対して言っているようにも思えます。
しかし、後半の行の終わり方、特に最後の行「私は意地悪してしまうのかもしれない」というセリフを見ると、
どうもこれらの文章は独白なのではないか、
つまり誰かに伝えるための文章ではなく、自分の気持ちを整理するためのものではないか、と感じます。

前提が決まった所で、先の文章を読み解いていきます。

>「もしもね私がおねえさまならば すぐに咲夜を眷属にするよ」
>「咲夜は人間だからすぐに壊れてしまうけれど 咲夜が眷属になれば、もっと遊べるよ」
ここから読み取れることは、
・フランがレミリアの立場であれば咲夜を眷属にする=現状フランがフランのままならそれはしないこと
・既にフランは咲夜と「遊んでいる」こと
少し解釈が難しいのが、
・フランは咲夜を壊したことがある?(人間はすぐに壊れてしまう、と聞かされているだけの可能性も)

>「咲夜の気持ちはずっと人間で居たいようだけど それが、咲夜の気持ちかもしれないけれど」
>「それだと、ずっと私達とは一緒に居られないよ遊べない」
・フランは咲夜の気持ちを知っている
・フランは「レミリアと共に」咲夜と一緒に居たいし、遊びたい(私「達」という言葉から)
・咲夜の気持ちも理解はしている?

>「偉い人達 違うな 偉い妖怪達は私のことを」
言い直した理由を考えます。
・人間に偉いも何も無いと考えている?
・咲夜が人間であること、それを止めて欲しいこととの関係?

>「偉い妖怪達は私のことを 気がふれているというけれど」
ただの妖怪ではなく「偉い」妖怪が自分についてのことを言うことを気にしている。
・レミリアとの関係?(偉い妖怪の中にレミリアも含まれる? ただし「達」とあるので全てではない)

>「咲夜が人間としてその命を 終えることがそんなに重要なことなのか 私にはそれが分からない」
「気がふれているというけれど」とその後の繋がり。
・私にはそれが分からない(だから気がふれていると言われても仕方がない?)

>「だから今日も咲夜が来てくれたときに 私は意地悪してしまうのかもしれない」
・今日「も」より、咲夜は頻繁にフランの元を訪れている。
・意地悪は咲夜が来る度になのか、今回してしまうのか? おそらく前者?
前の段落から考えると「私は分からないから、意地悪をする」この内容について
・おそらく、眷属にしてしまうことではない(最初のもしも~の内容と一致しない)
・咲夜は人間で居たいと思っていることへの「意地悪」と考えると
「咲夜も吸血鬼になろう? 私と、そして何よりお姉さまとずっと一緒に居られるんだよ?」と「今回も」咲夜に聞いて
(咲夜の人間で居たい気持ちと咲夜のレミリアの意志を尊重させたいという気持ちを戦わせて)「いつものように」困らせるということなのでは。


ここまでの情報から整理して考えると、このSSは

「お姉さまが大事にしている咲夜を『眷属にして一緒に過ごし、一緒に遊ぶ』か
『人間としての死を迎えさせる』かの二択の間でさまよい
結局答えを出さないまま、毎日の『意地悪』で引き延ばしているフランちゃんufufu」ということだな! そうであろう!?


はい、ここまで書いておいて全然違ったらスイマセン。

長文本当ごめんなさい!!!
27.80名前が無い程度の能力削除
時々まとも作品を作る