Coolier - 新生・東方創想話

突然死

2013/08/31 04:55:29
最終更新
サイズ
1.31KB
ページ数
1
閲覧数
1922
評価数
9/20
POINT
680
Rate
6.71

分類タグ

夏の夜である。



外でセミのようなものが大きく啼いた。不気味な音を立てて乾いた風が戸の隙間を抜けると、なにか得体の知れない生き物の声……いや、やめておこう。


暗く光のない玄関。半開きの戸の前に腰掛け、わたしは蚊取り線香に火を付けた。
白い煙が芋虫のようにふにゃふにゃと、空を目指して昇りはじめた。
一瞬、それに目を奪われて意識が遠のく。
すぐに線香の匂いが玄関を包んだ。わたしはその芳香を鼻で味わいながら、玄関に置いた。


枯れた箒がザッ、ザッ、と揺れながら傘立てに向けて倒れた。
隙間風の仕業だと思う。


戸の隙間が気になった。
なにかある。
また急な隙間風……。髪を揺らそうとしたが、揺れなかった。


いきなり今の時刻を訴える鐘が大袈裟にはしゃいでみせた。振り子が揺れたのだ。
時計の小鳥の人形が口をパクパクさせて、無音で出たり入ったりする。
いまは楽しくない。


戸の隙間が妙に気になる。
なにかいる。
覗くと、隙間の先は闇だった。わたしには誰も見えない。



周囲は死んだように静かで、箒の倒れた音以降は何もわたしの耳に届いていない。



戸の隙間が妙に気になる。
なにかきている。


わたしは線香の匂いを嗅いだ。
無臭。
蚊取り線香はジリジリと火を中心に抉る。抉る。抉る。

わたしは一心不乱に見つめた。
あと2周……あと1周……もう少し。



目の前で戸が開いた。


顔をあげるとそいつはおの
「午前2時になる直前にしんだって」
「まだ70ちょいでしょ。若いのにねえ」
「今は三途の川をたゆたってると思うわよ」
「相手が魔理沙だし、死神も退屈しないわね」
「ばか。死人に口無しよ」
xion.fv
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.290簡易評価
2.40名前が無い程度の能力削除
ああ、お迎えですか
3.50名前が無い程度の能力削除
づか。
5.30名前が無い程度の能力削除
こういうテーマなら多少は量ないと

最近はどれも短く作るのが流行ってんのかな
物足りない
6.50絶望を司る程度の能力削除
うん、物足りんね。
8.50奇声を発する程度の能力削除
ちょっと物足りない感じがしました
9.10非現実世界に棲む者削除
なにこれ、つまらん。
10.70名前が無い程度の能力削除
「そいつはおの」
死に神が持つのは「鎌」だから、「小野塚」と続くのかしらん?
こまっちゃんお迎えに立候補したのかな、そうだとしたらホラー系ほのぼのだ
ところでなるほど、書き方一つで雰囲気も変わるもんだな
11.無評価名前が無い程度の能力削除
知ってた?
東方では、普通の人間は普通に死神のお迎えもなく死ぬんだよ。
書籍ちゃんと読んで欲しいな。
15.50名前が無い程度の能力削除
>そいつはおの
切れ方が妙にシュールで笑ってしまったw
17.403削除
ホラーを目指すなら描写不足です。申し訳ありませんがこの文章では怖くなりません。
ついでに幾つかツッコミを。
>顔をあげるとそいつはおの
小野塚小町……と続くのでしょうが、目の前に死神が居るような状態で「小野塚小町」と考えますかね?
「あの死神」とかせめて「小町」の方が良いかと思います。
あとは、何故午前2時になる直前に死んだと分かっているのか。
あえて明らかにしないでホラー度を増すということかもしれませんが、これだけだと?となりますね。
21.無評価マリサ削除
私は死んでないぜ?