Coolier - 新生・東方創想話

君のことを心配する者もいるのだと知っておいてほしい

2013/07/14 16:52:42
最終更新
サイズ
1.19KB
ページ数
1
閲覧数
2456
評価数
23/64
POINT
4020
Rate
12.45

分類タグ


お燐が見当たらない。
今日一度もお燐を見ていない。

食堂を覗く。
仲間たちがおやつを摘まんでいた。
お燐の大好きな煮干しだ。
「ねえ、お燐見なかった?」
「にゃあ」
どうやらお燐はいないようだ。

談話室を覗く。
仲間たちが使い込まれてボロボロになったゲームで遊んでいた。
お燐が地上で拾ってきたボードゲームだ。
「ねえ、お燐見なかった?」
「かぁ」
どうやらお燐はいないようだ。

廊下を端から端まで歩く。
動く影を見かける。
お燐ではない、お散歩中のこいし様だ。
「こいし様、お燐見なかった?」
「みてないよ」
どうやらお燐はいないようだ。

お燐の部屋に行く。
ノックをしてからドアを開ける。
部屋の隅に私のあげた爪とぎが埃をかぶっている。
「ねえ、お燐いる?」
「……」
どうやらお燐はいないようだ。

さとり様の部屋に行く。
ノックをしてからドアを開ける。
さとり様の膝の上にだれもいない。
「さとり様、お燐見なかった?」
「庭にいると思いますよ」
どうやらお燐はいないようだ。

庭に行く。
さとり様の手入れしている薔薇が咲き乱れる。
隅には綺麗な石が置いてある。
「ねえ、お燐いる?」
「……」
どうやらお燐はいないようだ。

自分の部屋に帰る。
お燐にもらったリボンを解く。
元々は緑だったけど、かなり色あせてしまっていてぼろぼろだ。
「お燐? 居ない?」
「……」
お燐がいなくて私は寂しい。
陽の射さない地の底で、太陽の光で焼かれた黒猫は、二度と目を覚まさない
みやび
miyabiyaka83@gmail.com
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1890簡易評価
3.100名前が無い程度の能力削除
さとり様がどんな気持ちでああ言っているのかを考えると胸が痛い。
本当に大事なことは、誰かが覚えていないといけない。
4.100名前が無い程度の能力削除
なんとも悲しいお話です
ストレートに胸に来ました
7.90奇声を発する程度の能力削除
切ない気持ちになりました
8.80名前が無い程度の能力削除
切ねえ……
9.90名前が無い程度の能力削除
後書きからすると死因って・・・
15.100名前が無い程度の能力削除
これは凄い……ショートショートの素晴らしい完成型だと思う。
埃かぶった、の下りでドキドキさせて、さとり様の言葉でおや、と思わせ、また落とす。
単純な手法ではありますが、これだけ短くまとめて、かつ、おくうの心理描写を的確に表現したSSを私は評価せずにはいられません。
16.100名前が無い程度の能力削除
綺麗
18.90名前が無い程度の能力削除
お空が手に入れた力の影響で、とか妄想すると更にやりきれなくて素敵
19.100絶望を司る程度の能力削除
ぐ・・・そういうことか・・・。庭にあった綺麗な石は墓石なんだろうな。
24.100名前が無い程度の能力削除
お見事です
29.90とーなす削除
切ねえ……。
33.90名前が無い程度の能力削除
「庭にいると思いますよ」
この一行の破壊力がやばい
34.80名前が無い程度の能力削除
二度三度読んで理解しました。
たったの1KBでこの濃さはすごいと思います。
40.90名前が無い程度の能力削除
あらやだ
44.100名前が無い程度の能力削除
胸にトン、と落ちてくる話でした。
45.80名前が無い程度の能力削除
だいぶ時間が経過しているみたいですね。というこは、お空は何度もお燐を探したことになるのか……。だとすれば切ないなぁ。
46.100名前が無い程度の能力削除
明日も探すのかな、と思うとそれだけでもう……
51.100名前が無い程度の能力削除
切ない
52.90名前が無い程度の能力削除
うまい
56.100名前が無い程度の能力削除
切ない以外に的確な表現が見つからないです。
でも、ここに至るまでの経緯を書いた話を見たいと思ってしまった…。
58.80名前が無い程度の能力削除
これ、神奈子様死んでるんじゃないかな。
59.903削除
油断した……。まさかこういう展開に持ってくるとは。
この短さでこの切なさよ。お空のお馬鹿なところを上手く使っていると思います。
64.90リペヤー削除
おお・・・・もう・・・・